くるまとめ

車記事のまとめサイトです

ヤマハ「VMAX」が生産終了

1: ミッドナイトエクスプレス(catv?)@\(^o^)/ [DE]
 【 ヤマハが「VMAX」の生産を今年8月で終了することを発表した。

 2017年の生産予定台数は120台ということで、早期完売の気配から巷では騒然となっているようだが、正直とても寂しい思いがする。同じ心情のファンも多いことだろう。  】  続きは記事ソース 

9541951594
https://news.webike.net/2017/02/24/87277/ 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1487979437/
続きを読む

F1マクラーレン・ホンダが新型車 伝統のオレンジ復活!

1: ミッドナイトエクスプレス(catv?)@\(^o^)/ [DE]
 【 自動車のF1シリーズに参戦しているマクラーレン・ホンダは24日、今季の新型マシン「MCL32」を発表した。注目のカラーリングはオレンジと黒。マクラーレン初期に使われた伝統色のオレンジが、ホンダとの再タッグ3年目に復活した。  】  続きは記事ソース 

no title
http://www.asahi.com/articles/ASK2S76MXK2SKTQ2023.html 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1487979879/
続きを読む

パンク修理、自分で対応するドライバー激減…6割強がロードサービス依頼

1: 海江田三郎 ★
 【 JAF(日本自動車連盟)は2月20日、JAFホームページ内で実施した「タイヤのパンクに関するアンケート調査」の集計結果を発表した。

 調査結果によると、パンク経験者は60.0%、未経験者は40.0%。未経験者に「パンクしたらどうするか?」と聞いたところ、41.4%が「他者(社)に依頼する」、58.6%が「自分で対応する」と答えた。年代別では、29歳以下の64.3%、30代の67.8%が「他者(社)に依頼する」と回答。50代の50.5%、60代の54.4%、70代の52.1%が「自分で対応する」と答えている。  】  続きは記事ソース 
 
puncture-1411352_960_720
http://response.jp/article/2017/02/20/290929.html 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1487759207/
続きを読む

中古価格は最低でも2億円…パガーニ ウアイラ 日本第1号車を販売

1: 海江田三郎 ★
 【 イタリアの超スーパーカーメーカー、パガーニのスーパークーペ「ウアイラ」の日本第一号車が「ビンゴスポーツ」から発売された。

 走行距離は2,825km、発売価格は未定だが、200万ドル(約2億3千万)以下で売られることはないという。パワートレインは、手作業で組み上げられるAMG製6リットルV型12気筒ツインターボエンジンをミッドにマウントし、最高馬力は730psを叩き出す。  】  続きは記事ソース 

no title
http://response.jp/article/2017/02/19/290866.html 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1487464428/
続きを読む

フェラーリの新型12気筒は800馬力--812 スーパーファストが登場

1: ◆qQDmM1OH5Q46
 【 フェラーリ 812 スーパーファストと名づけられたニューモデルは、800馬力の6.5リッターV型12気筒エンジンをフロントに搭載する後輪駆動車だ。一般公開は2017年3月初旬にスイス・ジュネーブで開催される自動車ショーを予定している。

 フェラーリ 812 スーパーファストは、2012年に発表されたF12 ベルリネッタ(740馬力)の後継モデル。 】  続きは記事ソース 

no title
http://www.sankei.com/gqjapan/news/170219/gqj1702190001-n1.html
引用元: ・http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1487495569/
続きを読む

ホンダ新型シビックタイプRの市販モデルがついに世界初公開

1: 海江田三郎 ★
 【 東京オートサロン2017の会場でプロトタイプが日本初公開されて話題を呼んだホンダ新型シビックタイプRの市販モデルが、3月にスイス・ジュネーブで開催されるジュネーブ国際モーターショーで世界初公開されることがわかった。

 新型シビックタイプRは、新型シビックハッチバックと並行して開発が進められてきた特別なモデル。  】  続きは記事ソース 

no title
http://autoc-one.jp/news/3184425/ 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1487507299/
続きを読む