くるまとめ

車記事のまとめサイトです

違いがわかる大人に人気のS660、シックでオシャレなカラーきたーーーー

1: ダイビングエルボードロップ(SB-iPhone)@\(^o^)/ [JP]
 【 軽自動車マーケットにホンダ S660が投入されてから、早くも1年半が経過した。先ごろビルシュタイン製ダンパーや、赤いレザーシートが装備された、「MUGEN RA」も発表され、いちだんとスパイシーなモデルを待っていたユーザーの好奇心を刺激したに違いない。そしてスクープ班は、S660の次なる一手をキャッチした。

 2017年夏に、内外装が新色でコーディネイトされたモデルが登場するようだ。外観がダークブラウン、内装は上質なタンカラーで彩られた、まさに大人向けの1台だ。  】  続きは記事ソース 

no title
http://www.excite.co.jp/News/car/20161130/NikkanCarsensor_61881.html
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1480579777/
続きを読む

航続距離1900kmの燃料電池トラック発売へ 既に予約30億ドル、米二コラ

1: ナス八 ★
 【 米ニコラモーター・カンパニー(ユタ州ソルトレイクシティー)が1日、800?1200マイル(約1300?1900km)もの長距離を連続走行できる燃料電池セミトラックを発表した。セミトラックとは荷物を積んだトレーラーを牽引するタイプのトラックで、この「ニコラワン(Nikola One)」は燃料電池とリチウムイオン蓄電池を車両に搭載した。2020年の出荷開始を予定している。

 ニコラモーターは、電気自動車のテスラモーターズと同様、発明家のニコラ・テスラから名前をとったスタートアップ。同社によれば、ニコラワンについて、すでに合計で30億ドル近い予約が入っているという。

 電動モーターだけで1000馬力を超えるパワーと、2000フィートポンド(277キログラムメートル)のトルクを持ち、ゼロエミッションでありながら、現在使われているセミトラックの倍近い駆動性能を実現できるという。  】  続きは記事ソース 

no title
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00409132 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1480868703/
続きを読む

トヨタ C-HR vs ホンダ ヴェゼル どっちが買い!?徹底比較

1: ダイビングフットスタンプ(catv?)@\(^o^)/ [KR]
 【 最近はクルマの好きなユーザーを中心に、クロスオーバーSUVが人気を集めている。大径のタイヤを装着して外観がカッコ良く、ボディの上側はワゴンや5ドアハッチバックと同じ形状だから居住性も満足させやすい。荷室にはリアゲートが装着され、荷物の収納もしやすい。趣味性と実用性を両立させて人気を得た。

 SUV車はもともと悪路を走ることを考えたクルマで、タイヤのサイズも大きいが、今では一種のファッションになった。SUVだから走破力が高いとはいえず、駆動方式が2WDで、最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)が170mm以下の車種も増えた。少し背の高いワゴン&ハッチバックとなっている。  】  続きは記事ソース 

トヨタ-C-HR
http://carview.yahoo.co.jp/article/whichone/20161202-02000055-autocone/
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1480750510/
続きを読む

ボルボ、全長30メートルもある世界最大のバスを発表 300人乗りが可能に

1: 海江田三郎 ★
 【 バスと電車を混ぜ合わせたような道路を走る乗り物を想像してほしい。とはいえ、以前ご紹介した中国の道路をまたぐ奇妙な乗り物ではない。ボルボがブラジルのリオデジャネイロで開催された展示会「FetransRio」で、非常に大きな連結型バスを発表したのだ。この新型バス「Gran Artic 300」は、2ヶ所の連結部分で曲がるような構造になっており、1度に300人の乗客を運ぶことが可能だ。

 ボルボが大都市交通輸送のためにラインアップするバスの中で、新たなフラッグシップとなるこのGran Articの全長は、なんと30mにも達する。巨大バスのArticシリーズには、他にも150人乗りと180人乗りがあり、それぞれ全長は18.6mと21m。だが、サイズと収容人数のバランスが最も優れたモデルは、おそらくSuper Artic 210だろう。  】  続きは記事ソース 

no title
http://jp.autoblog.com/2016/12/02/volvo-worlds-largest-bus-gran-artic-brazil/ 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1480725621/
続きを読む

中古車大手ビッグモーター、営業成績で現金やり取り 店長たちの「慣行」、会社側「違法性ない」

1: 海江田三郎 ★
 【 中古車販売大手のビッグモーター(東京)社内で、自動車保険の契約について月間目標額が定められ、目標を下回った販売店の店長が、上回った店長に現金を支払う慣行があることが3日、同社への取材で分かった。会社側は各店舗の分配表を作成しつつ、店長間のやり取りを黙認していた形だった。不適切な「罰金」制度と指摘される可能性もあり、同社は12月分から現金の授受を中止するという。

 同社によると、全国約80の販売店は保険代理業務を請け負っており、従業員1人当たり平均で前年同月比25万円の契約増を目標として設定。前月の実績に応じ、目標を達成できなかった店の店長から10万円を上限に現金を集め、達成した店の店長へ分配する。店長が交代すれば1カ月だけ免除されるという。月1回の会議終了後、経営陣が退席した後にその月に実績上位だった店長が仕切り役となり、本社の保険部署から配布される表に従って分配を実施。現金は店長が個人負担するという。  】  続きは記事ソース 

sns_icon
http://www.sankei.com/affairs/news/161204/afr1612040004-n1.html 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1480822886/
続きを読む

男子高校生に向けた通学専用クロスバイク新発売…ブリヂストンサイクル

1: 1級神2種非限定φ ★
 【 ブリヂストンサイクル株式会社(社長:関口匡一)は、毎日の通学にも対応できる耐久性と安心機能を搭載した、男子高校生に向けた通学専用クロスバイク「TB1(ティービーワン)」を、12月下旬より全国の販売店を通して新発売します。

 近年、男子高校生を中心にクロスバイク通学に注目が集まっています。当社実施の「中高生の自転車利用実態・意識調査」では、男子高校生の約4人に1人が、クロスバイクを乗ってみたいと回答しています。そうした市場背景を受け、当社としては、毎日の通学にも対応できる耐久性と安心機能を搭載した、通学専用クロスバイクを新たに開発しました。  】 続きは記事ソース 

tb12-600x400
http://www.bscycle.co.jp/news/release/2016/3627
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1480598014/
続きを読む