くるまとめ

車記事のまとめサイトです

スズキがワゴンRをフルモデルチェンジ ボディーを大幅拡大し室内空間が広々に

1: ◆mZB81pkM/el0 (庭) [ヌコ]
 【 スズキのインド子会社であるマルチ・スズキは2019年1月23日(現地時間)、小型乗用車「ワゴンR」を全面改良して販売を開始した。

 インド製となってから3代目となる新型ワゴンRは、ボディー構造を従来モデルから一新。スズキ最新のプラットフォーム技術「HEARTECT(ハーテクト)」をベースに、インドのワゴンRとして初めてAセグメント車専用のボディーが開発された。  】  続きは記事ソース 

no title
https://www.webcg.net/articles/amp/40275 
引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1548282923/
続きを読む

ホンダ、フルカウルを装備するロードスポーツモデル「CBR650R」を発売 最大出力95PS 価格は103万~

1: シャチ ★
 【 本田技研工業は、コンパクトなフルカウルを装備したロードスポーツモデル「CBR650R」を3月15日に発売する。価格は103万6800円~106万9200円。

 CBR650Rは、従来モデルの「CBR650F」をベースに開発。車体、足まわり、パワーユニットの各部を熟成させつつ、スタイリングを一新。名称も従来の「CBR650F」から「CBR650R」へ変更した。  】  続きは記事ソース 

no title
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00000136-impress-ind
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1548072800/
続きを読む

17年ぶり復活、トヨタ スープラ SZは400万円台で出る?開発責任者「86ユーザーが手の届く範囲の価格に」

1: ばーど ★
 【 80型と呼ばれる先代が生産を終了してから17年。多くのクルマ好きが待ち望んでいた新型「スープラ」が発表されました。ただし、現時点で公開されているのはこれまで偽装のためのラッピングが施されていたスタイルと、日本仕様のスペックの一部のみ。価格などの情報は、今年の春といわれている正式な国内発表まで待つしかありません。  】  続きは記事ソース 

no title
https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20190120-10377189-carview/
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1548024215/
続きを読む

トヨタ・プリウスに三菱・デリカD:5…残念な“顔”のクルマ増加の深刻な理由

1: ニライカナイφ ★
 【 ◆ トヨタ「プリウス」に三菱「デリカD:5」…残念な“顔”のクルマ増加の深刻な理由

 間もなく発売予定の三菱自動車「デリカD:5」が結構な話題だ。12年ぶりというマイナーチェンジにも驚きだけど、超ド派手に激変した「顔」がスゴイことになっている。  
】  続きは記事ソース 

no title
https://biz-journal.jp/2019/01/post_26285.html
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1547678166/
続きを読む

カワサキ Ninja H2 SXシリーズ、先進装備充実の最上位モデル発売へ お値段277万円

1: ばーど ★
 【 カワサキモータースジャパンは、スーパーチャージドエンジンを搭載する高性能ツアラー『Ninja H2 SX』シリーズに、最上位モデル「Ninja H2 SX SE+」を設定し、2月1日より発売する。価格は277万5600円。

 Ninja H2 SXシリーズは、新開発の998cc水冷4気筒バランス型スーパーチャージドエンジンを搭載し、高出力や強烈な加速力に加えて、日常での扱いやすさと燃費性能を両立したツアラーモデル。 】  続きは記事ソース 

d28066-71-549555-0
https://response.jp/article/2019/01/16/318120.html
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1547638949/
続きを読む

かつて新車市場の王者だったミニバンはなぜ人気凋落したのか SUVが代われない理由とは

1: ニライカナイφ ★
 【 かつて新車市場の王者だったミニバンの人気はなぜ凋落したのか !? SUVが代われない理由

 初代オデッセイが火付け役となって、1990年代から2000年代にかけて「ミニバンブーム」が到来。コンパクトミニバンからLクラスミニバンまで隙間なく各社からミニバンがラインアップし、まさに百花繚乱状態だった。  】  続きは記事ソース 

22866848706_ee343b2678_b
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190114-00010000-bestcar-bus_all
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1547496333/
続きを読む
月別アーカイブ