くるまとめ

車記事のまとめサイトです

ホンダが280馬力の新型オデッセイを世界初公開、ミニバン初の10速ATも採用

1: きつねうどん ★
 【 ホンダは、北米向けの新型オデッセイをデトロイトモーターショーで世界初披露した。発売は今春を予定している。

 5代目となる北米向け新型オデッセイは、3.5リッター V6直噴i-VTECエンジンに、ホンダが独自に開発した10速オートマチックトランスミッションをミニバンとして初めて採用し、力強い走りと共に、滑らかな加速感を実現しました。また、主要グレードには、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を標準装備した。  】  続きは記事ソース 

no title
http://autoc-one.jp/news/3099619/
引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1484020505/
続きを読む

レクサス、11年振りにフルモデルチェンジした新型「LS」を発表

1: 海江田三郎 ★
 【 レクサスは9日、現在デトロイトで開催中の北米国際オートショーにおいて、11年振りにフルモデルチェンジしたフラッグシップ・セダンの新型「LS」を発表した。 
 日本ではトヨタ「セルシオ」と呼ばれた初代が1989年に登場して以来、5代目にあたる新型LSで一見して分かる最大の特徴は、新開発の「GA-L(global architecture for luxury vehicles)」プラットフォームを採用することで実現したという低く構えたスタイリング。これをレクサスでは「クーペシルエット」と呼ぶ。  】  続きは記事ソース 

no title
http://jp.autoblog.com/2017/01/09/2018-lexus-ls-turbo-v6-redesign/ 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1484006368/
続きを読む

新成人のクルマ所有率、4年ぶりに上昇…欲しい車種1位は

1: ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★(★ 994d-om4B)
 【 調査結果によると、自動車運転免許の保有率は前年比1.5ポイント増の56.3%。内訳はMT免許が同0.9ポイント増の23.4%、AT限定が同0.6ポイント増の32.9%で、AT限定が過半数を超えた。男女別では男性61.8%に対し、女性は50.8%。居住地別では、都市部が44.0%、地方では60.6%となっている。

 クルマの所有状況については、「自分の車を持っている」が同4.3ポイント増の16.8%。2013年以降、所有率は下降傾向にあったが、4年ぶりに上昇した。  】  続きは記事ソース 

Mitsuoka_Orochi_Kabuto
http://response.jp/article/2017/01/08/288006.html 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1483873293/
続きを読む

4WDセダンでは世界最強の富士重工、新型スポーツセダン「WRX」シリーズを公開へ

1: リバースネックブリーカー(catv?)@\(^o^)/ [KR]
 【 富士重工業は2017年1月6日、「デトロイトモーターショー2017」(NAIAS2017:一般公開日は2017年1月14~22日)で、2018年型の新型スポーツセダン「WRX / 同STI」の米国仕様車を公開すると発表した。2017年春に北米で発売する。

 新型WRXシリーズは、安全性と走行性能を向上させたのが特徴である。安全性の面では、「オート・ビークル・ホールド」という機能をスバル車として初めて搭載した。停車時にブレーキペダルから足を離しても停止状態を維持するもので、運転者の負荷を減らせる。  】  続きは記事ソース 

no title
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/event/15/120200091/010600016/?rt=nocnt 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1483839465/
続きを読む

トヨタが『コンセプト-愛i 』初公開…人工知能で人を理解

1: 海江田三郎 ★
 【 コンセプト-愛iは、人工知能により人を理解し、ともに成長するパートナーとして、人とクルマの新たな関係を創造することを狙ったコンセプトカー。感情認識や嗜好性蓄積といった「人を理解する」技術を、自動運転やエージェント技術と組み合わせることで、ドライバーに対して、安全・安心と移動の楽しさを充実させる新たな体験を提供する。

 車両のデザインは、トヨタの米国のデザイン拠点Caltyが担当。車体外装にまでインパネ意匠が連続するシームレスなスタイリングが特徴。 】  続きは記事ソース 
no title
http://www.rbbtoday.com/article/2017/01/05/148384.html 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1483587779/
続きを読む

「史上最高の電気自動車」がお披露目、一回の充電で約600キロ走行…中国系新興メーカーのFFが2018年に発売

1: スターダストレヴァリエ ★
 【 米ラスベガスで5日開幕する家電・IT見本市「CES」では、自動車各社が人工知能(AI)や自動運転機能を搭載した「未来の車」で火花を散らす。

 3日には欧米自動車連合フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が電気自動車(EV)のコンセプト車を公開。中国系新興メーカー、ファラデー・フューチャー(FF)は2018年に発売する「史上最高のEV」をお披露目した。  】   続き画像は記事ソース 

2015toyota_prius(ZVW50)_a_2WD
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017010400761&g=eco
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1483595428/
続きを読む