くるまとめ

車記事のまとめサイトです

ホンダがインサイト後継車を計画、ついにリコール続きのDCT・HVを止める模様

1: メンマ(catv?)@\(^o^)/
 次期インサイト、再びワンモーションフォルムでリベンジか先代インサイトは、トヨタ・プリウスの対抗モデルとして2009年に投入された。しかし市場から圧倒的な支持を受けたのはプリウスでありインサイトの販売は低迷。今年2014年3月には販売を終えている。

 そんなインサイトの後継モデルと思われる新規車種がホンダで計画されている。ハッチバック形状を基本とし、ルーフ後半がなだらかに傾斜を持ったワンモーションフォルムのボディとなる見込み。インサイト後継に相当するモデルとなりそうだ。しかし、インサイトの車名は販売実績が良くなかった。イメージチェンジのためにも新たな車名が与えられる可能性も考えられる。

HO_S005_F002_M001_1_L

http://car-research.jp/honda/insight-6.html
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1408529706/
続きを読む

走行距離は62.5万キロ超え!大好きなホンダ NSXを手放してしまった男性の物語

1: メンマ(catv?)@\(^o^)/
 走行距離が62.5万キロ突破したNSXのゆくすえは…? スポーツカーが何のトラブルもなく、走行距離が6桁まで行くことなんてあるのでしょうか? トップ画像のアキュラ NSXのオーナーによるとオリジナルのエンジンとトランスミッションのままで388,888マイル(62.5万km)を突破したんだそうです。

 NSXの信頼性は有名ですが、これは驚くべき例です。 もちろん何の消耗品も交換していないわけではありません。例えばタイヤは30セット以上も消費したそうです。 しかしこのオーナー、他の車に目移りしてしまったのか今年の初めにこのNSX売却。

 でもNSXのことが忘れられず、恋しくなって同じNSXを探しだし買い戻しました。買い戻すにあたっては14,000ドル(約140万円)余分に払うことになってしまったそうです。それだけならよかったのですが…

no title
http://www.j-sd.net/honda-nsx-625000km/
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1408529844/
続きを読む

次期型コルベットはカマロと差別化するためミッドシップ レイアウトに!?

1: メンマ(catv?)@\(^o^)/
 次期コルベットはミッドシップに!? 2013年に7代目のコルベットがリリースされたばかりですが、もう次期型となるC8 コルベットについての情報が入ってきました。 米自動車メディア Motortrendによると次期型となるシボレー C8 コルベットは、ミッドシップレイアウトなるとのこと。

 多くの理由があるでしょうが、一番の理由は2016年のリリースが予定されている次期カマロとの差別化をはかるために変化が必要ということのようです。 でも、コルベットがミッドシップになるという話しはこれが最初ではなく、過去にはCERV ⅡとCERV Ⅲというコルベットのミッドシップコンセプトも発表しています。

no title
http://www.j-sd.net/corvette-c8-midship/
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1408461804/
続きを読む

アウディの高級スポーツカー「R8」が炎上

1: \(^o^)/@Ttongsulian ★@\(^o^)/
 18日午後5時ごろ、バンコク北郊ノンタブリ市の路上で、独自動車メーカー、アウディの高級スポーツカー「R8」が炎上し、消防車が出動する騒ぎがあった。車はほぼ全焼した。

 運転していたタイ国立タマサート大学の男子学生(21)と同乗の女性は出火直後に車外に逃げ、けがはなかった。 男子学生によると、炎上したのは友人の車で、運転中に異臭がしたため、高速道を降りて道路脇に駐車したところ、エンジンから出火したという。 炎上した車のタイ国内での新車販売価格は約1300万バーツ。

no title
http://www.newsclip.be/article/2014/08/19/22863.html 
引用元: ・http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1408505476/
続きを読む

ホンダ新型シビックセダン2014年モデル マイナーチェンジ、日本発売今のところなし

1: メンマ(catv?)@\(^o^)/
 ホンダは2014年モデルのシビックセダンを米国で発売している。 現在のところ日本モデルとしては販売をしていない。 2014年モデルのシビックは9代目で2011年から販売されている北米仕様のシビックであり今回はマイナーチェンジとなる。

 日本向けは、当初は2012年に発売が予定されていたものの、フィットのフルモデルチェンジの際にセダンが追加されるため、現在(CITY)9代目の日本での発売される可能性はなくなった。 今回から5ATからCVTへトランスミッションも変更となる。

 また、日本でも話題になったシビックツアラー(ステーションワゴン)も存在し今後の日本販売があるか注目でもある。

no title
http://carinfoj.blog.fc2.com/blog-entry-337.html
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1408530011/
続きを読む

名門自動車メーカー「サーブ」が再びピンチ 「部品を買うお金が足りない…」

1: ラ ケブラーダ(神奈川県)@\(^o^)/
 スウェーデンの名門自動車メーカー、サーブ。破産から立ち直ったかに見えた同社が、再び経営危機に直面していることが分かった。 これは8月13日、現在のサーブの親会社、ナショナル・エレクトリック・ビークル・スウェーデン(NEVS)社が明らかにしたもの。同社は、「資金が不足している状態」と公表している。

 NEVS社は2012年6月、破産申請していたサーブを買収。その後、EVメーカーに転身させる計画を発表した。EV市販までの間、サーブブランドを継続させるため、2013年12月、サーブの経営破綻から2年ぶりに、 サーブ『9-3』の生産を再開した。 しかし現在、サーブのスウェーデン・トロールハッタン工場では、9-3の生産を停止中。NEVS社は資金不足により、 サプライヤーに部品代金を支払えておらず、部品の供給が止まったためだ。

 8月13日、NEVS社は声明の中で、「会社が破産していないことは明言する。正確な時期は言えないが、 サプライヤーに対する支払いも、行えるようになるだろう」とコメントしている。

01_l

http://response.jp/article/2014/08/19/230253.html
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1408444435/
続きを読む