くるまとめ

車記事のまとめサイトです

スカイラインGT-Rは「天上天下唯我独尊」…開発責任者 渡邉衡三氏

1: アイアンクロー(catv?)@\(^o^)/
 渡邉:伊藤さん(日産自動車の開発者、伊藤修令氏)はGT-Rのコンセプトは「究極のロードゴーイングカーだ」と話していました。レースに出て勝つ、それでいて涼しい顔してオンロードでも走れる。 それでスカイラインから離れたお客様を取り戻すのがひとつ、グループAで勝てなかったフォード・シェラコスワースやジャガーなどに勝つ。イメージリーダーとしてスカイラインを勝たせるんだと、いう気持ちがありました。

 究極のロードゴーイングカーといっても、それは人によっていろいろな考え方がある。ランボルギーニのようなスーパーカーもそうだけど、GT-Rならばレースで勝つというのがわかりやすいでしょう。 しかし、伊藤さんのコンセプトとしてはレースに勝つだけの素のクルマじゃだめ。ソアラなどに取られたお客さんを取り戻すためにはクルマとして、きちんとした商品として高性能なクルマであるということは絶対に守るけど、 わかりやすくみんなのエネルギーを吸収するにはレースで勝てるクルマを作るということだったのです。

skyline_gt-r01

http://response.jp/article/2014/08/13/229918.html
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1407979152/
続きを読む

スリル満点!660馬力にチューンニングされたベンツC63AMGタクシーが大人気!

1: アイアンクロー(catv?)@\(^o^)/
 スリル満点!660馬力にチューンニングされたメルセデスベンツ C63 AMGのタクシーが大人気! 今回はドイツで一番早いといわれるメルセデスベンツのC63 AMGのタクシーをご紹介。このクレイジーなタクシー会社の名はTaxi South Recklingshausen。

 もともとメルセデスベンツC63 AMGは最高出力457HPの6.2リッターの自然吸気V8エンジン(M156エンジン)を積んでいますが、なんとこのタクシーはスーパーチャージャーを更に装着! むしろベンツ流に”コンプレッサー”と呼んだほうがいいだろうか?

no title
http://www.j-sd.net/mercedes-benz-c63-amg-taxi-germany/
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1407982831/
続きを読む

NASCARドライバーのトニー・スチュワートがレースで死亡事故を起こす ※グロ動画注意

1: 腕ひしぎ十字固め(catv?)@\(^o^)/
 NASCAR スプリントカップで3度のチャンピオン経験のあるトニー・スチュワートが9日、米ニューヨーク州のカナンデーグア・モータースポーツパークで開催されていたスプリントカー・レースで、 20歳のケビン・ウォード・ジュニアをはねて死亡させる事故が起きた。

 観客席から撮影されていた事故の目撃ビデオを見ると、まずNo.14を付けたスチュワートがドライブするマシンと、No.13のウォードが乗るマシンが接触し、コース脇に追いやられたウォードのマシンのみがスピン。イライラした様子でマシンを降りてきたウォードは、走り続けるスチュワートのマシンを指さしていたが、イエローフラッグが振られる中で1周してきた同マシンに接触し、車体の下に引き込まれてから壁方向に数メートルほど投げ出されている。ウォードは近くの病院に運ばれたが、死亡が確認された。

 スチュワートは翌日にワトキンズグレンでのレースを控えていたが、自身が所属し共同オーナーを務めるスチュワート・ハースレーシングは、スチュワートの代わりにレーガン・スミスがNo.14に乗って参戦することを決定した。 ニューヨーク州オンタリオ郡保安官事務所は、スチュワートが捜査に全面的に協力していることから、逮捕はしていないという。同事務所は事故を解明するため、観客が撮影したアマチュアビデオなどの提供を求めているそうだ。

 すでにYouTubeには事故を撮影したビデオがいくつかアップされている。ここで紹介するビデオもその1つだが、映像は非常に生々しいので注意してご覧いただきたい。2本目のビデオは参考までにご用意した、保安官の記者会見の様子だ。

no title
https://www.youtube.com/watch?v=gb4IZVBdovc

http://clipsyndicate.com/video/play/5270820 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1407907232/
続きを読む

2015年モデルのマツダCX-5開発車両をスパイショット!公開は年内!?

1: アイアンクロー(catv?)@\(^o^)/
 ドイツで2015年モデルのマツダ CX-5 開発車両をスパイショット 2015年にフェイスリフト(マイナーチェンジ)されるとみられているマツダCX-5 2015年モデルの開発車両がドイツでスパイショットされました。 テスト中の新型CX-5は新しいフロントバンパーにグリル、新たな形状のフロントヘッドライドなどが追加され、リアのテールランプも隠されていることから恐らく内部構造の変更が予想できるとのこと。

 エンジンに関してはまだ何も情報が無いものの恐らく従来のモデル設定を引き継ぐことが予想がされ、エクステリアのリフレッシュがメインのマイナーチェンジになるとみられています。順調に進めば恐らく年内中にはフェイスリフトされる2015 マツダ CX-5の新たな情報が明らかにされることが見込まれています。

no title
http://www.j-sd.net/mazda-cx-5-2015-facelift/
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1407993142/
続きを読む

新型コペンのすべては「着せ替えボディ」のため?

1: 腕ひしぎ十字固め(catv?)@\(^o^)/
 1990年代に登場した軽スポーツABCこと「AZ-1・ビート・カプチーノ」は、一世を風靡しつつも儚く幕を閉じましたが、ダイハツは初代コペンを2002年から10年間に渡り、5万8千台を生産販売してきました。初代コペンが軽オープン市場を維持拡大した功績は本当に大きいと思います。 そのコペンが2年間の中休みを経て、「着せ替えボディ」という新付加価値を掲げて登場しました。 そして「軽オープンカーの基本性能UP」と「着せ替えボディのドレスフォーメーション」を両立した、ワクワクするクルマに仕上がっています。

 新型コペンは、画期的な「軽オープン+着せ替えボディ」をリーズナブルな価格で実現するために、既存ユニットを活用しています。パワートレーンは、お馴染みの直3ターボエンジンに7速CVTと5MTを装着。 ボディ骨格だけで剛性を確保した「Dフレーム」は、ミライースのフロアを流用しながら強度設計と補強パーツを施し、骨格だけのスケルトンボディで走りや安全性能等のボディ要件を達成。その結果、外装パネルの着せ替え化が実現したのです。

 現在、コペンローグが発売され、秋にはアウトドア派のコペンXがスタンバイ。そして一年後には、初代のイメージを継承した丸目デザインの第3モデルが発売される予定です。

ef7df43ee1

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140813-00010002-clicccarz-bus_all
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1407918143/
続きを読む

キャデラック、高級SUV「エスカレード」に8速ATを採用、最上級仕様「プラチナム」も登場!

1: 腕ひしぎ十字固め(catv?)@\(^o^)/
 GMは、高級SUV「キャデラック エスカレード」を、さらにラグジュアリィに仕立てたトップ・グレード「プラチナム・コレクション」を発表。 同時に標準モデルのエスカレードにも8速ATを採用するなど、アップグレードが加えられた。 アメリカ本国では今年の4月から、2015年モデルとして販売されている4代目キャデラック エスカレード。先代に引き続き、この新型にも最高級グレード「プラチナム」が登場した。

 最大の魅力は、選び抜かれた素材を用いて職人が手作業で仕上げるというインテリア。前席と2列目シートには、塗膜の薄いセミアニリン仕上げのナッパレザーを採用し、ダッシュボードやセンター・コンソールもハンド・スティッチが施された革張りとなる。快適装備もより充実しており、前席にはヒーター&クーラー機能付き18段階調整式電動シートを標準装備。運転席にはマッサージ機能も内蔵される。 後部座席の乗員のためには、オーバーヘッドに搭載された9インチ・スクリーンに加え、前席のヘッドレストに7インチLCDスクリーンを内蔵。センター・コンソールには飲み物を冷やす冷蔵庫も備わる。

 エクステリアでは、22インチ・ホイールとクローム・アクセント、そしてメッシュ・デザインのフロント・グリルが装着される。新デザインとなったエンブレムは、エスカレード全車で今後採用されるそうだ。 また、今回は標準モデルのエスカレードにも様々なアップグレードが加えられた。トランスミッションは従来の6速に替わって8速ATが全車に採用され、4輪駆動モデルには2段副変速機が装備された。4G LTE回線を使った通信機能も搭載され、WiFiを介して最大7台までの機器が接続できる。他にも駐車時に車両の周囲を確認できるサラウンド・ビュー・カメラや、手を使わずにリア・ゲートを開けるだけでなく閉めることも出来るようになったハンズフリー・リフトゲートも採用されている。

no title
http://jp.autoblog.com/2014/08/12/2015-cadillac-escalade-platinum-8-speed/#continued
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1407918439/
続きを読む