くるまとめ

車記事のまとめサイトです

アウディ、新型「A4オールロードクワトロ」「A6オールロードクワトロ」を発売

1: 北村ゆきひろ ★
 アウディジャパンは、新型「A4オールロードクワトロ」と「A6オールロードクワトロ」を8月20日(水)に発売する。 価格は「A4オールロードクワトロ」が617万円、「A6オールロードクワトロ」が940万円となる。

 「オールロード」は、ステーションワゴンモデルである「アバント」をベースに、フルタイム4WDシステムのクワトロを組み合わせたプレミアムクロスオーバーモデル。

 エクステリアには、垂直方向のラインを強調したシングルフレームグリルをはじめ、コントラストカラーのバンパー、 大型ホイールアーチ、アルミニウムサイド大型ドアアンダープロテクター、ステンレスアンダーガード、アルミニウムルーフレールなど数々の専用部品を採用。さらに、悪路での走行性能を高めた専用ラフロードサスペンションを装備するなど、 オンロードでの快適性はそのままに、荒れた路面や積雪路面などでの走破性が高められている。

no title
http://www.topnews.jp/2014/08/18/auto/111457.html
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1408373908/
続きを読む

ヤマハ、新型三輪バイク「トリシティ」、国内受注5000台に!

1: 1級神2種非限定φ ★
 ヤマハ発動機の柳弘之社長は21日、産経新聞などのインタビューに応じ、9月に発売する新型三輪バイク「トリシティ」(排気量125cc)の受注が、 7月の発表後1カ月で年内販売目標の4000台を超え、約5000台に達したことを明らかにした。

 すでに販売しているタイや欧州での台数を合計すると1万台を超えたという。 柳社長は「国内では発売から1年間で7000台を目標にしていたが、上方修正も検討したい」と話した。

tricity_004wide

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140822/biz14082208160002-n1.htm
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1408712606/
続きを読む

軽自動車の世帯普及台数、過去最高の52.9台/100世帯に!1位佐賀、2位鳥取

1: かじりむし ★
 全国軽自動車協会連合会は22日、軽自動車の普及台数(100世帯当たり) の全国平均が平成25年12月末時点で前回調査(同年3月末時点)より1・1台多い52・9台となり、過去最高を更新したと発表した。税金などの維持費が安い軽自動車は地方を中心に人気を集めている。

 協会ではこれまで調査は毎年3月末時点で集計してきたが、ベースになる総務省の世帯数集計の変更に合わせ、今年から前年12月末時点とした。

 都道府県別の順位では佐賀県(102・2台)が2年連続のトップで、2位の鳥取県(101・8台)とともに1世帯当たり1台を超えた。3位は長野県(99・97台)だった。一方、普及台数が最低だったのは東京都(11・5台)で、神奈川県、大阪府が続いた。 25年の軽自動車の新車販売台数は約211万台と過去最高で、国内新車販売の約4割を占めた。

f188dc40eb9766f7f9e12f673a7449781

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140822/biz14082216200009-n1.htm 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1408714091/
続きを読む

日産が中国で67万円の低価格車 合弁専用ブランドで発売 

1: 北村ゆきひろ ★
 中国で日系自動車メーカー首位の日産自動車が先月、中国企業との合弁会社の専用ブランド 「ヴェヌーシア」から3万9900元(約67万円)の低価格車を売り出した。 専用のディーラー網を構築、中国国産メーカーが強い低価格帯市場に本格的に切り込む構えだ。

 「よくここまで安くできたな」。日産と東風汽車との合弁会社「東風汽車有限公司」(広東省広州市)は7月中旬、 1.2リットルエンジン搭載のヴェヌーシアR30の最低価格が3万9900元だと発表、別の日系メーカー社員から驚きの声が上がった。「専用ブランドに対する本気度を感じる」

01_l

http://www.sankeibiz.jp/business/news/140821/bsa1408210430003-n1.htm 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1408630451/
続きを読む

ヤマハ、電動バイクを原付き並の価格10万円台で発売へ

1: キチンシンク(神奈川県)@\(^o^)/
 ヤマハ発動機は、原付きバイクなみの10万円台の電動バイクを、国内で来年にも発売する。ガソリン価格が高止まりする中、手ごろな価格の商品を出せば、一気に普及が進むとみるためだ。 柳弘之社長が21日、朝日新聞などのインタビューで明らかにした。

 柳社長は、「バッテリーのコストを下げ、エンジン車と同程度の価格を目指す」と話した。 原付き免許で運転できる出力600ワット以下の仕様で、課題の一つである航続距離も、現在の充電1回で43キロから大幅に伸ばす。 「性能や価格で条件を満たせば、(日本でも)普及が進む」と言う。

 日本では今のところ、電動バイクは広がっていない。 ヤマハ発動機、ホンダ、スズキなどの現行車は25万~40万円台で原付きバイクより割高なためだ。 政策で電動バイクの普及を進めている台湾で生産し、日本と台湾で販売する計画だ。

ebacb7ab

http://m.huffpost.com/jp/entry/5698546
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1408786582/
続きを読む

スバル新型WRX STIのレース仕様車は驚きの速さ!

1: ボ ラギノール(catv?)@\(^o^)/
 ここはドコ? そう、ニュルの北コース。ドイツ北西部にあり全長20キロを超えるニュルブルクリンクの「ノルトシュライフェ」と呼ばれるコースですよ。 森を切り開いて作ったこのコースは地形を生かしたアップダウン、ロングストレートからのタイトコーナー、そした荒れた路面などから「過酷なコース」として知られ、自動車メーカーの新車開発テストの部隊となっていることも有名ですよね。

 そんなニュルの北コースでは、毎年の夏前にプライベーターを中心に参加台数170台を超える規模で“世界ーの草レース”と呼ばれる「ニュル24時間耐久レース」がおこなわれるんです。で、この車載映像はその際に撮影されたもの。予選アタック中に、9分6秒998の最速タイムをマークした周回ですね。

 スバルはここ数年、このレースにワークスチームとして参戦。WRXはレースチームと市販車両開発スタッフが連携しその経験やノウハウが、市販車作りにも反映されているのだとか。

no title
http://clicccar.com/2014/08/18/264900/2/
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1408419135/
続きを読む