くるまとめ

車記事のまとめサイトです

スバル、新型スポーツセダン「WRX」で国内反撃

1: 稲妻レッグラリアット(catv?)@\(^o^)/
 「スバル」ブランドの自動車メーカー、富士重工業が、4月の消費増税以降、国内市場で苦しんでいる。特に登録車でいえば、4~6月は前年比3~4割減で推移。 新型ワゴン「レヴォーグ」の販売が本格化した7月でも前年に届かなかった(日本自動車販売協会連合会の統計による)。高橋充・最高財務責任者(CFO)は、 7月末に行われた第1四半期決算会見で「レヴォーグを除くと受注ピッチは厳しい。第2四半期以降の販売刺激策を考えないといけない」と険しい表情で語った。

 そんな中、8月25日に発売されたのが、新型スポーツセダン「WRX」だ。1992年に初代が発売されたWRXは、世界ラリー選手権(WRC)で勝つことを目的に開発された、 スバルのモータースポーツ活動の中心を担う車。上位モデルの「WRX STI」は、高い走行性能を売りに、コアなファン層に根強い人気を得てきた。

 今回の新型車は約7年ぶりのフルモデルチェンジ。日月丈志・グローバルマーケティング本部長は「スバル最高の走行性能で、シリーズ史上最高の車に仕上げた」と自信を見せる。 コアなファン層に訴えかけるだけではないからだ。

 2007年に投入された先代のWRXは、国内ではSTIモデルのみが販売されていた。しかし日月氏は「従来は狭いカテゴリーの顧客が対象だった」と語る。 そこで新たに用意されたのが「WRX S4」だ。開発責任者を務めた、高津益夫・プロジェクトゼネラルマネージャーは商品コンセプトについて、「スバル最高の走りを より多くの人に、幅広く楽しんでもらえるようにした」と説明する。

no title
http://toyokeizai.net/articles/-/46591
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1409406732/
続きを読む

フォルクスワーゲン新型 Polo ポロ 2014年8月25日発売 30代~女性ターゲット JC08モード燃費22.2km/L

1: アンクルホールド(catv?)@\(^o^)/
フォルクスワーゲンは8月25日、新型「ポロ」を発売した。

今回のモデルで6代目となるポロ。

価格は223万9000円~249万5000円。

全長:3,995mm
全幅:1,685mm
全高:1,460mm
ホイールベース:2,470mm

直列4気筒 DOHC 1.2L ターボエンジン
最高出力:66kW(90PS)/4400-5,400rpm
最大トルク:160Nm(16.3kgm)/1,400-3,500rpm
乾式デュアルクラッチシステム7速DSG

アイドリングストップシステム
ブレーキエネルギー回生システム

JC08モード燃費22.2km/L

エコカー減税(自動車取得税80%・重量税75%軽減)適合車。

数々の先進システムを搭載。
no title
http://carinfoj.blog.fc2.com/blog-entry-346.html
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1409225544/
続きを読む

トヨタカムリ改良新型、世界初公開…グローバルモデルが一新 かっけぇぇぇぇぇぇ!

1: アンクルホールド(catv?)@\(^o^)/
 カムリには、同車最大のマーケットである北米仕様車と、北米以外の地域で販売されるグローバルモデルが存在する。 前者はニューヨークモーターショー14で世界初公開されたが、後者の公開は今回が初である。

 トヨタ自動車は新型カムリのエクステリアについて「プレミアムビジネスセダンとしてのステータスを与えたかった」と説明。フロント上部を横断するようにあしらわれたクロームパーツが特徴的な新しいフロントマスクについては「道の上でこれまでにない強力な存在感を発揮する」と
胸を張る。その他、ヘッドランプ、リアコンビランプのLEDデイライトや17インチアロイホイールなどが新たに採用されている。

 搭載されるエンジンは、環境性能を13%改善させた2.0リットルDual VVT-iwエンジンを採用。組み合わされるトランスミッションは6速ATとなっている。 ロシアにおける新車販売台数は15万4382台。そのうちカムリは約21%の3万2895台を占める主力車種だ。この数字は『RAV4』の3万9885台に次ぐ数字である。ロシアの都市部を中心に大きなマーケットがあるミドルアッパークラスのセダンに、大本命の1台を投入する。

no title
http://response.jp/article/2014/08/27/230908.html 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1409199341/
続きを読む

ダットサンの新型モデル"Datsun mi-Do"の画像とプロモーション映像を公開

1: アンクルホールド(catv?)@\(^o^)/
 日産は、現在開催中の2014 モスクワモーターショーにおいてワールドプレミアした、新興国向けブランドのダットサンの新型モデル"Datsun mi-Do"の画像とプロモーション映像を公開した。

 新型モデルmi-DOは、4月に発表されたサブコンパクトクラスのセダン"Datsun on-Do"のハッチバックバージョンであるとともに(参照:【動画】日産、ダットサンブランド第3のモデル"on-Do"を発表)、 その生産を担うロシアの自動車メーカーAutoVazの生産車"Lada Kalina"とも多くのコンポーネントを共用する形で開発された姉妹モデルでもある。

 ローンチ時点のパワートレインは、on-Doと同じ最高出力87psの排気量1.6L 4気筒エンジン"MPI"に、5速マニュアルトランスミッションないしは4速オートマチックトランスミッションのいずれかを組み合わせたもの1種のみを設定。後に、マルチバルブシリンダーヘッドを持つ最高出力106psのユニットも追加されるそうだ。

no title
http://blog.livedoor.jp/motersound/51862736
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1409213190/
続きを読む

ロードスター、9月4日次期モデル発表は車体公開のみ、スペック発表無し

1: アンクルホールド(catv?)@\(^o^)/
 マツダのオープン2シーター、ロードスターのフルモデルチェンジ発表が2014年9月4日に行われる予定となっている。 1989年に初代モデルNA型がデビューしたマツダ・ロードスターは、次期モデルでシリーズ通算4代目にあたるND型となる。日本、アメリカ、欧州の3地域で同時発表される計画で、その日本会場の千葉県舞浜アンフィシアターへの入場チケットは、インターネットでの申し込み開始からわずか10分で定員の1200名に達したという。

 発表前から既に多くのファンの関心を集めている次期ロードスターであるが、今回公開されるのはエクステリアデザインとインテリアデザインに限られ、エンジンスペックといったパワートレインなどの詳細発表は先延ばしにされることになりそうだ。

 今回はあくまで市販プロトモデルの公開となっており、スペックおよび価格なども含めた市販発表は2014年年末から2015年年始にかけてアメリカで開催される何れかのオートショー行われると予想する。その後、日本発売は2015年春頃には実現することになるだろう。

(次期ロードスター、スカイアクティブシャシー)
no title
http://car-research.jp/mazda/roadster-10.html
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1409199130/
続きを読む

加速勝負!ジャガーFタイプV6Sコンバーチブル vs スバルWRXSTI

1: アンクルホールド(catv?)@\(^o^)/
 英国の自動車専門誌Evo Magazineは、ジャガーのオープンスポーツカー"Jaguar F-Type V6 S"とスバルのパフォーマンスコンパクトセダン"Subaru WRX STI"の2台の加速性能を実際に並走させて比較するという、異色の対決映像を配信した。

 2014年モデルとしてリリースされた新型WRX STIは、最高出力300psの排気量2.0L 水平対向4気筒ターボエンジンを搭載した4輪駆動のパフォーマンスセダン。対する、2013年登場のFタイプ コンバーチブルは、アルミニウム製のシャシーを採用するFRスポーツモデルである。なお、この映像のFタイプ V6 S コンバーチブルは、最高出力380psを発揮する排気量3.0L V型6気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載した中間のグレードである。

 排気量やエンジンの形式、駆動方式、ボディのスタイルや車格、価格帯など、全く異なる2台。その対決の結果は・・・!?

no title
http://blog.livedoor.jp/motersound/51862732
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1409212859/
続きを読む