くるまとめ

車記事のまとめサイトです

マツダ、『フレア』をマイナーチェンジして発売…32.4km/L*1の優れた低燃費を実現

1: アンクルホールド(catv?)@\(^o^)/
 マツダ株式会社は、広い室内空間と運転のしやすさ、使い勝手の良さなどでご好評いただいている軽自動車「マツダ フレア」をマイナーチェンジし、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系およびマツダオートザム系販売店を通じて本日より発売します。

 今回のマイナーチェンジでは、新たにISG(Integrated Starter Generator:モーター機能付発電機)を搭載したシステム「S-エネチャージ」をはじめ、アイドリングストップやエコドライブをサポートするさまざまな機能を搭載したフレア「HS」、「カスタムスタイルHS」を新設定。32.4km/L*1の優れた低燃費を実現しました。

 またフレア「HS」ではヘッドランプ・グリル・バンパーの刷新や新意匠メーターの採用などを、フレア「カスタムスタイル」ではフロントグリル・バンパーの刷新、クルーズコントロールシステムの採用(「カスタムスタイルXT」のみ)などを行うことで、デザイン・機能をともに大きく向上させました。 なお、CVT全車に「レーダーブレーキサポート(衝突被害軽減ブレーキ)」*2を設定。安全面でも優れた性能を備えています。 ボディカラーは、フレア「HS」およびフレア「カスタムスタイル」では、新色となる「クリスタルホワイトパール」を含め計5色を、フレア「XG」では「ブルーイッシュブラックパール3」はじめ計4色を設定しています。

no title
http://as-web.jp/news/info.php?c_id=10&no=59488 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1409210575/
続きを読む

日本車の改造テールランプがかわいらしいと絶賛【画像】

1: マシンガンチョップ(東日本)@\(^o^)/
 「日本の車のテールランプがありえないほどカワイイんだけど…」海外掲示板で盛り上がる車のボディを装飾したり、工夫や改造を加えることで、オリジナリティを出すことは珍しくないですが、 ある日本車の写真が海外掲示板で話題を呼んでいました。 かわいらしいと絶賛されていた改造テールランプをご覧ください。

 よく見るとプレイステーションの「どこでもいっしょ」シリーズの「トロ」ではないですか。しかもウィンカーが肉球になっています。後ろの車が写真を撮ってしまうのもわかりますね。 海外掲示板では、このテールランプがあまりにもかわいいと話題になっていました。

no title
http://news.livedoor.com/article/detail/9176337/ 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1408841739/
続きを読む

ルノー「R.S.01」世界初公開…モスクワモーターショー14

1: アンクルホールド(catv?)@\(^o^)/
 8月27日より開幕した「モスクワモーターショー14」。ルノーは『R.S.01』を世界初公開した。同車は、ルノースポールが開催するワンメークレース「ザ・ワールド・シリーズ by ルノー」の2015年シーズンの参戦車両。

 R.S.01に搭載されるエンジンは、ルノーと提携関係にある、日産自動車の高性能部門NISMOが開発。500psオーバーの実力を発揮する。トランスミッションは7速シーケンシャル。カーボンモノコックが採用された車両の重量は1100kgとなっている。 会場にはサプライズゲストとして、歴代2位の通算51勝を記録した元F1ドライバー、アラン・プロスト氏が登場。会場に足を運んでいた各国の記者たちは、思わず駆け寄った。

 ただしこのサプライズにはちょっとした“ヒント”があった。公開されたR.S.01のショルダーには、フランスの国旗とともに“ALAIN PROST”の文字があったのだ。 いずれにせよ、F界の英雄の登場に、サインや記念撮影を求める記者が絶えなかった。

no title
http://response.jp/article/2014/08/27/230909.html 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1409199422/
続きを読む

フォードの新型リンカーンナビゲーター4代目を2015年発売!3.5Lツインターボ搭載

1: アトミックドロップ(catv?)@\(^o^)/
 フォードは人気SUVリンカーンナビゲーターの新モデルの開発を進めている。 フォードブランドの、「エクスペディション」をベースに開発されたリンカーンの最上級SUVが、ナビゲータだ。

1998年に、初代ナビゲーターを発売。
2003年に、2代目にモデルチェンジ。
2006年に、3代目にモデルチェンジ。

2008年には、日本市場にも正規輸入を開始。

今回のモデルは2015年に投入される予定だ。

エンジンは「エコブースト」と呼ばれるダウンサイジングされたエンジンだ。

直噴3.5リットルV型6気筒ツインターボを搭載。 最大出力370ps 最大トルク59.5kgm

no title
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1409016074/
続きを読む

次世代のマツダスピード 3(アクセラ)、300馬力以上の2.5L 4気筒ターボエンジンを搭載!?

1: アトミックドロップ(catv?)@\(^o^)/
 ベースを最新世代モデルに変更して登場する新しい"MazdaSpeed 3(Axela)"について、現行モデルに搭載されている最高出力263hpの排気量2.3L 4気筒ターボエンジンよりもかなり強力なユニットが採用される可能性があると、自動車専門のメディアAutomotive Newsが伝えている(画像は現行モデル)。

 その記事によると、新型マツダスピード 3/アクセラのパワートレインは、同社のフラッグシップクロスオーバーSUV"CX-9"の次期型モデルにも搭載されるという、 最高出力300hp以上を発揮する新開発の2.5L 4気筒ターボエンジンになるとのこと。また、それに加えて、4輪駆動機構や独自のボディキット、アロイホイールなどが装着されるのだとしている。 登場時期については、2016年後半頃になるようだ。

no title
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1409016673/
続きを読む

トヨタ新型ミニバン「エスクワイア ESQUIRE」ノア・ヴォクシーの高級モデルを2014年11月発売か?!

1: アトミックドロップ(catv?)@\(^o^)/
 トヨタの新型ミニバンがいよいよ2014年の11月頃発売されるのではないかと言われている。
なぜ、ノア・ヴォクシーが存在する中、新型ミニバンの制作をしているかというとカローラ店がノア、ネッツ店がヴォクシーとトヨタ系列での扱いがないことが大きな要因だ。

 今は、ミニバンでノア・ヴォクシーのサイズは売れ筋であるがトヨタ系列でミニバンと言えばずっと変わらないワンサイズ大きいエスティマがあるが、モデルチェンジもなく売れ筋とは言えない。

 全面のグリルなどはこんなイメージになる様子。 そこで新型ノア・ヴォクシーのシャーシを使いトヨタ系列向けの豪華版を開発し始めた。

エンジンはプリウスと同じ 1.8L直4+モーター(THSⅡ)

JC08モード燃費は23.8km/L
名前はついに決まり、ESQUIRE(エスクワイア)。

ハイブリッド車

no title
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1409016007/
続きを読む