くるまとめ

車記事のまとめサイトです

トヨタ次期プリウス、発売が大幅延期

1: 男色ドライバー(千葉県)@\(^o^)/
 次世代プリウスの生産は2015年12月に延期 え? 本来なら、来年春に開始されるはずでした。 これだけ遅れる理由は? 海外メディアによると、ボディとシャーシの問題と燃費ナンバーワンを次期モデルで確実に達成できるかどうかを確認するためとあります。 ハイブリッド車の開発責任者、小木曽聡常務役員は次期プリウスについて 「 次期プリウスのモーターは、現行よりも小型化したうえで、出力密度を引き上げる 」  「 現行の熱効率は38.5%。
次期プリウスの熱効率は世界最高レベルの40%以上になる 」  「 先進のバッテリー技術を導入する 」  「 新開発のハイブリッドパワートレインは、 さらにコンパクトなパッケージで、軽量化とコスト削減を実現。著しい燃費向上をもたらすだろう 」 と言及しています。 

no title
http://blog.livedoor.jp/ganbaremmc/archives/39626706.html
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1404168067/
続きを読む

ホンダ 新型 S2000 2.0L直4ガソリンターボで350psで2016年発売!

1: 閃光妖術(千葉県)@\(^o^)/
2009年に生産が終了したホンダのFRスポーツカー「S2000」が新型モデルの販売を計画していると噂になっている。 新型のS2000のエンジンは『シビックタイプR』用の2.0L直列4気筒ガソリンターボを、 350psレベルまでパワーアップして搭載するのではないかと言われている。

no title
http://carinfoj.blog.fc2.com/blog-entry-295.html 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1404045651/
続きを読む

ホンダ、グーグル対応車を来年発売 スマホ連動で走行中の電話・ナビ・音楽を簡単に iPhone対応も

1: 垂直落下式DDT(WiMAX)@\(^o^)/
 ホンダは、米IT大手のグーグルが開発した車載端末向けソフトウエア「アンドロイド・オート」に対応した車両を2015年に米国で発売する。スマートフォン(高機能携帯電話)と連動させて通話やカーナビゲーションの使い勝手を良くする。走行中にスマホを操作しながら起こる事故を防ぐ狙いもある。

 グーグルの基本ソフト(OS)アンドロイドを使ったスマホと「アンドロイド・オート」を組み込んだ車載端末を接続し、車載端末の画面で操作する。スマホに保存している電話帳が表示され、画面をタッチするだけで電話をかけて、両手をハンドルから離さず通話できる。声で行き先を伝えるだけでナビゲーションを始めたり、スマホに保存した音楽を聴いたりする機能も備える。

 ホンダの幹部は米サンフランシスコで「安全第一で開発を進めた」と話した。ホンダは、米アップルのiPhone (アイフォーン)と接続する車両も年内に発売する計画で、スマホへの対応を強化している。 グーグルはホンダだけでなく、日産自動車、三菱自動車、富士重工業、スズキ、マツダや欧米メーカーとも連携している。グーグルはアンドロイド・オートの対応車の第1弾は一部メーカーから年内に発売されると説明している。 (サンフランシスコ 共同)

no title
http://www.sankeibiz.jp/business/news/140628/bsa1406280750002-n1.htm
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1404020105/
続きを読む

ホンダが5ナンバーのセダン「グレース」を9月に発売か

1: 閃光妖術(千葉県)@\(^o^)/
ホンダが新型CITY シティを開発中だ。 すでに2013年11月にインドのワールドプレミアとなった新型シティ。 開発名称はTX ベースは現行のフィットでくせのないスッキリとした端正なボディフォルムの 正統派セダンとして日本でも人気となりそうだ。

日本モデルではハイブリッドモデルのみでフィットハイブリッドと同じ直4 1.5L+ilDCDシステム搭載。 JC08モード燃費はカローラアクシオハイブリッドの33.0km/Lを上回るのではないかと 言われている、しかしフィットと同じハイブリッドシステムであるがボディの延長による重量などにより フィットの36.4km/Lからシティは33.4~33.6km/Lになりそうだ。

そしてて日本仕様だとCITYではなく「GRACE(グレース)」という名前で発売されるのではないかとも言われている。 日本発売は9月頃になる様子。

no title

http://carinfoj.blog.fc2.com/blog-entry-111.html
https://www.youtube.com/watch?v=PLdgK9CG_Nk


http://www.youtube.com/watch?v=J-DrgZHpS3E

用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1404045912/
続きを読む

ダイハツ 新型コペン vs マツダ ロードスター どっちが買い!?徹底比較

1: ツームストンパイルドライバー(芋)@\(^o^)/
今や数少ない「国産オープンカー」対決! ダイハツ 新型コペンに対する読者諸兄の関心はきわめて高いようだ。オートックワンにおけるユーザーからのアクセス数の多さも、その人気を裏付けている。

今の日本車ではクーペの車種数が大幅に減り、特にオープンモデルは「マツダ ロードスター」「日産 フェアレディZ ロードスター」しか用意されていないのが現状だ。 さらにフェアレディZ ロードスターは2014年9月末の受注を最後に生産終了が決まり、レクサス IS250/350Cも販売を終えた。

なので軽自動車サイズの扱いやすいクーペで、なおかつオープンドライブの楽しめるコペンは、日本のクルマ好きにとって貴重な存在だろう 50年前と変わらない今の自動車ディーラーは、本当は危機的な状況に置かれている。 ダイハツの開発者はここまで語っていないが、「今のままではクルマの販売は通信販売に負ける可能性があり、ディーラーを大切にしたい。だからドレスフォーメーションを生かしたローカルな活動に力を入れる」と言った。

ダイハツ 新型コペン vs マツダ ロードスター

まず、ロードスターは2リッター直列4気筒エンジンを搭載した2シータースポーツカーで、全車がオープンボディ。 ソフトトップとRHT(リトラクタブルハードトップ)があり、それぞれに3グレードを設定した。この内、ソフトトップのトランスミッションは、5速/6速のMTのみ。RHTではグレードに応じて6速ATと6速MTを選べる。 開発者は「ロードスターの主力はソフトトップ」と語っていたが、今の売れ筋はATを選べるRHTだ。

一方、 新型コペンの概要は、2014年6月19日に掲載した「ダイハツ新型コペン新型車解説」 で述べたとおり。 エンジンは軽自動車だから658ccの直列3気筒で、インタークーラー付ターボを装着。トランスミッションはCVT(無段変速AT)と、5速MTの2種類を選べる。 新型コペンのグレードは、今のところ標準タイプになる「コペンローブ」のみだが、2014年の秋にはコペンX(クロス)モデルが投入され、その後にも丸型ヘッドランプを備えた「第3のモデル」が控えている

no title
http://autoc-one.jp/daihatsu/copen/whichone-1812792/0002.html
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1403947672/
続きを読む

三菱自「eK」の燃費が「ワゴンR」に並ぶ 燃費が売りのホンダN-WGN大敗北w

1: ツームストンパイルドライバー(芋)@\(^o^)/
 三菱自動車は、ハイトワゴンタイプの軽自動車「eKワゴン」とそのカスタムモデル「eKカスタム」を一部改良。ニッケル水素電池を用いる減速エネルギー回生システム「アシストバッテリー」の搭載により、JC08モード燃費は従来の29.2km/l(リットル)から30.0km/lに向上した。


 三菱自動車は2014年6月24日、ハイトワゴンタイプの軽自動車(全高が1600mm前後)「eKワゴン」とそのカスタムモデル「eKカスタム」を一部改良し、同年6月26日に発売すると発表した。2014年2月発売のスーパーハイトワゴンタイプの軽自動車(全高が1700mm以上)である「eKスペース」で初採用した減速エネルギー回生システム「アシストバッテリー」の搭載により、FF車モデルのJC08モード燃費を従来の29.2km/l(リットル)から30.0km/lまで向上した(四輪駆動車モデルは非搭載)。これで、スズキが2013年7月に改良発売した「ワゴンR」と並び、ハイトワゴンタイプの軽自動車でトップに立ったことになる。税込み価格は、eKワゴンが108万~133万3760円。eKカスタムが130万5720~159万840円。 月間販売目標台数は、eKワゴンとeKカスタム合わせて4000台。

N-WGN NAエンジン搭載車で「29.2km/L」 
      ターボ車で「26.0km/L」 

ワゴンR (NA 30.0km/L/ターボ 27.0km/L) 
ekワゴン (NA 30.0km/l)

no title

http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1406/24/news110.html 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1403927879/
続きを読む