くるまとめ

車記事のまとめサイトです

英国から軽量スポーツカー、RP-1…450kgボディに280psターボ搭載

1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2
  これは6月23日、英国に本拠を置くエレメンタル カーズが明らかにしたもの。同社は、「新型スポーツカー、『RP-1』を発表する」と告げている。RP-1の特徴は、軽量ボディにある。車両重量は、わずか450kgに抑えられた。これは、カーボンファイバーなどの素材の積極的な採用による部分が大きい。

  この軽量ボディのミッドシップに搭載されるのが、フォードモーター製をベースとした直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「エコブースト」。サーキット走行用のチューニングが施されており、最大出力280psを引き出す。

no title
http://response.jp/article/2014/06/28/226431.html
引用元: ・http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1403959725/
続きを読む

新型Copen Robeがダイハツから発売、電動ハードトップ装備、ボディ着せ替えが可能 5MTも設定

1: ツームストンパイルドライバー(芋)@\(^o^)/
ダイハツは、新型車コペン ローブを2014年6月19日に発表した。 ダイハツの軽自動車規格のオープンカー、コペン初代モデルが2012年に販売停止となり、その後継モデルの登場を待っていたファンも多いはず。 これまでに多くのショーでコンセプトカーが出展され、その概要を知ることができていたが、今回ようやく市販モデルとして、新型コペン ローブが公開された。


ローブは英語のRobe「着る」を意味するもの。つまり、コンセプト段階で提案されてきた外板パネルの着せ替えが可能となっている。 交換可能な外板パネルは合計15枚からなる。内13枚は樹脂製パネルを採用することで軽量化されている。ドアパネル2枚についてはスチール製となっている。 もちろん電動ハードトップも装備され、樹脂製ルーフの開閉時間は約20秒となる。クローズ時にはゴルフバッグの収納も可能だ。 ボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1280mm、ホイールベースは2230mm。従来モデルとの比較では、全長と全幅はいずれも軽自動車枠いっぱいで、ホイールベースも変わらず。全高のみが+35mm高くなった。

コペン ローブは3気筒ターボエンジンを搭載、CVTと5MTがラインアップ新型コペン ローブに搭載されるパワーユニットは、軽ワゴン車のムーヴなどにも搭載されている3気筒ターボエンジンで、最高出力64ps、 最大トルク9.4kgmのパフォーマンスとなる。先代モデルが4気筒ターボで最大トルク11.2kgmであり、さらに新型は重量が約20kg増えていることから、スポーツ性能という意味ではパフォーマンスダウンということになる。 トランスミッションはCVTだけでなく5MT車も用意される。 車両価格はCVTが179万8200円、5MTが181万9800円に設定された。先代モデルと比べ約10万円の価格アップということになる。

no title
http://car-research.jp/daihatsu/copen-robe.html 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1403903847/
続きを読む

マツダ ロードスター 25周年記念車、英国初公開…スポーツカーの国で存在アピール

1: ツームストンパイルドライバー(芋)@\(^o^)/
sssp://img.2ch.sc/ico/folder1_04.gif
マツダの英国法人、マツダUKは6月26日、英国で開幕した「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2014」において、『ロードスター』の25周年記念車を英国初公開した。

ロードスターの25周年記念車は、世界限定1000台を生産。このうち、米国に100台、日本に25台を割り当て。
残りの875台のほとんどを占める750台は、英国市場向けとなる。これは、英国が小型オープンスポーツカーに対する需要が根強く、ロードスターの人気も高いため。

それだけに、マツダUKは、ロードスターの25周年記念車のアピールに力を入れる。グッドウッドの会場に、ロードスターの特設ブースを設け、25周年記念車をアピール。

ロードスターの25周年記念車は、英国で8月に発売される予定。現地価格は、2万2995ポンド(約397万円)と公表された。

マツダUKのジェレミー・トムソン氏は、「25周年記念車の英国初公開の場として、グッドウッド以上に良い舞台はない」とコメントしている。
http://response.jp/article/2014/06/27/226419.html
no title

no title

no title

引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1403903656/

続きを読む

カッコいい!トヨタ 新型スープラ(FT-1コンセプト市販バージョン)予想デザイン!

1: バックドロップホールド(catv?)@\(^o^)/
 トヨタ FT-1コンセプト、コンバーチブルモデルのデザインはこんな感じで市販化?? トヨタ FT-1コンセプトはデトロイトモーターショーでの公開以来その話題をさらっていますが、そのアグレッシブなデザインがどの程度量産車にフィードバックされるか、といった点もかなりの注目を集めています。 そんな中、TopSpeedがFT-1コンセプト市販バージョン(新型 スープラ)の予想デザインを公開しました。

no title
http://www.j-sd.net/toyota-ft-1-convertible-concept-prediction/
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1403853906/
続きを読む

光岡自動車、初のハイブリットモデルも用意 新型セダン「Ryugi」を発表

1: 幽斎 ★@\(^o^)/
 ミツオカらしいクラシックな外観が特徴の「Ryugi」は、「ある物事に対するその人なりの、やり方、スタイル」という意味の「流儀」を車名の由来とするという。同社のコンパクト・セダン「ビュート」と、フルサイズ・セダン「ガリュー」の中間に位置するミディアムクラスのセダンだ。 豊かな曲線で形作られたフロントマスクには、クロームメッキされた縦型グリルと丸型ヘッドライトを装備。 同様にメッキ加工が施された前後バンパー部に厚みを持たせることで「ミディアムクラスとゆえども、 堂々たる存在感を主張」していると光岡自動車は言う。グリル上面に付けられたエンブレムは七宝焼きだ。 パワートレインはトヨタ製「1NZ-FE」型1.5リッター直列4気筒と5速MTまたはCVTを搭載する前輪駆動モデルのほか、 同エンジンにトランスミッションがCVTのみとなる4輪駆動モデル、 そしてトヨタの1.5リッター直列4気筒「1NZ-FXE」型アトキンソンサイクル・エンジンと「1LM」型電気モーターを組み合わせたハイブリッド・システムを搭載するモデルも用意されている(トヨタのハイブリッド車でお馴染みのバッジが、フロント・フェンダーに付けられる)。

no title

写真ではなかなかの迫力を感じさせるボディのサイズは、全長4,510mm × 全幅1,695mm × 全高1,460mm。 ベースになった(と思われる)トヨタの「カローラ アクシオ」に比べると150mm長い。 全幅と全高、そして2,600mmのホイールベースは変わらず。車両重量は10kgほど重くなっている。

価格はベーシック・グレードの「15ST」2WD・5MTが221万4,000円から、 シートヒーター付き「ハイブリッド」の311万400円まで(いずれも消費税込み)。 ベース車よりも80万〜100万円ほど高い...なんて話は無粋だろう。 カローラ アクシオと比較して買うクルマでもないはずだから。製作は全て職人達による手作業で行われるという。内装には全3色の本革シートもオプションで用意されている。
no title


光岡自動車はこのRyugiについて、「伝統的な様式美を守り、個性的でありなからも先進の技術によって環境への配慮を両立。伝統と先進か、微妙なフレントて他には無い深い味わいを醸し出し、 独特な存在感か独創的な世界観を構築します。それはまさに私たちなりの流儀」と説明している。 巷に溢れたハイブリッド車とは一味違うクルマに乗りたい...と思われる方、以下のリンクから公式サイトをどうぞ。

no title
http://jp.autoblog.com/2014/06/25/mitsuoka-ryugi-hybrid-revealed/ 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1403772525/
続きを読む

次期フォード・フォーカスRSはマスタングのエンジンを移植

1: バックドロップ(catv?)@\(^o^)/
  アメリカでテストが開始された待望久しいフォード・フォーカスRSだ。このテスト・モデルは、新しいドライブトレーンと、デュアル・エグゾーストを備え、炎天下でのテストが行われていると予想される。 ノーズがカモフラージュされているが、これは、インタークーラーが装備されていることを予想させる。

  アメリカからのレポートによれば、このフォーカスRSは、2.3ℓ4気筒のエコブースト・エンジンを搭載し、そのパワーは300ps以上であるという。 このエンジンは、すでにマスタングに搭載されているものだが、マスタングの場合は、縦置きでリア・ホイールを駆動している。

no title
no title
http://www.autocar.jp/news/2014/06/26/81206/?view=photo&photo_id=2
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1403770715/
続きを読む