くるまとめ

車記事のまとめサイトです

日産、ピックアップトラック「ナバラ」のSUVバージョンも開発へ

1: 足4の字固め(catv?)@\(^o^)/
 日産が、2015年モデルとして新生したピックアップトラック"Nissan NP300 Navara("Nissan Frontier")"(画像:上)をベースとしたSUVを開発していると、日産の幹部から得た情報を基に米国のメディアLeft Lane Newsが報じている(参照:【動画】日産、新型ナバラ NP300を発表)。

 グローバルに販売されるというこの新型SUVについての詳細はまだ明らかではないが、頑強なラダーフレームを基盤に設計されたナバラと同等の走破性は維持した上で、5人ないしは7人がゆったりと座れるような広い室内空間を持ったキャビンを得るものと予想されている(ちなみに、以前のナバラのSUVバージョンは"Nissan Pathfinder"であったが、現行パスファインダーはモノコックボディを採用したクロスオーバーSUVとして独立している)。

no title
http://blog.livedoor.jp/motersound/51859016
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1407114060/
続きを読む

日産 GT-Rが公道で時速381kmを記録!

1: 足4の字固め(catv?)@\(^o^)/
 1700馬力の日産 GT-Rが公道で時速381kmを記録! 先日ブガッティ ヴェイロンが公道を封鎖して行われたイベントにおいて公道での世界最高速度を更新する396.704km/hを叩きだしましたが、 同じイベントにおいて日本のスーパーカー日産GT-Rも7.1mph(381.5754624km/h)という数字をマークしていたようで、そのアタックの様子が公開されました。

 今回、約381km/hを達成したのはチューナー Switzer boysの「Goliath(ゴリアテ?)」と名付けれた1700hpを誇る日産 GT-R。 サーキットではなく、ちゃんと整備もされていない公道でこの記録を出すということは驚きです。

no title
http://www.j-sd.net/nissan-gt-r-goliath-381km/
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1407153265/
続きを読む

フォルクスワーゲン 世界ラリー選手権で今季8勝目 第8戦「ラリー・フィンランド」で1-2位独占

1: 足4の字固め(catv?)@\(^o^)/
  フォルクスワーゲンは、自動車レース(ラリー)の最高峰「FIA 世界ラリー選手権」の第 8 戦「ラリー・フィンランド」に市販車をベースとした3台の「ポロ R WRC」で参戦、 地元フィンランドの ヤリ‐マティ ラトバラ選手が今季3度目となる優勝を飾った。チームはこれで今季無敗の8勝目。 2013 年の第10戦「ラリー・オーストラリア」以降、連勝記録を12に伸ばした。

no title
http://jp.autoblog.com/2014/08/04/8-8-1-2/
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1407155518/
続きを読む

スープラのスピリットを受け継いだマスタング!レストア、そして2JZへエンジン スワップまでの一部始終

1: 雪崩式ブレーンバスター(芋)@\(^o^)/
 クラシックなフォード マスタングにトヨタのエンジンを載せ換えるなんてのは邪道だと思われる方もいるでしょう。 しかしそんな邪道だからこそ面白い車もあります。 このマスタングのオーナーでYoutube ユーザーのCMT2JZ(名前に注目)は、2009年に1968年式のマスタングを購入。 そして4年後、気がついたら最高出力413hpを叩き出しているスープラの直6ターボエンジン、2JZを愛車に載せ換えていたそうです。

no title
http://www.j-sd.net/ford-mustang-1968-2jz-engine/
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1407046721/
続きを読む

マイバッハ62の後継車、メルセデスベンツSクラス「Pullman」の姿がパテントイメージから明らかに!

1: 雪崩式ブレーンバスター(芋)@\(^o^)/
 マイバッハ62の後継車、メルセデスベンツSクラス「Pullman」がパテントから明らかに!メルセデスベンツが、Sクラスの上位に設定するリムジン「Mercedes-Benz S class Pullman(プルマン)」の姿が米特許商標庁に登録したパテントイメージからその姿が明らかになりました。

 このプルマンは、マイバッハ62の後継車の役割を担うリムジンとして開発されているモデルで、Sクラスよりも長い全長(5,600mm 前後)をもちSクラス マイバッハという名称になると伝えられているモデルよりも更に長い全長(6,400mm程度)を持ち2+2+2レイアウトになると言われています。

no title
http://www.j-sd.net/mercedes-benz-s-class-pullman-maybach62/
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1407046770/
続きを読む

新型デミオ市販プロト発表、全長4m超、1.3Lガソリン5MT、1.5Lディーゼル6MT

1: 閃光妖術(芋)@\(^o^)/
  既に新型デミオの生産はマツダ防府第1工場で始まっている。ボディサイズは全長4060mm×全幅1695mm×全高1500mm、 ホイールベースは2570mm。4m超えの全長はプロトタイプ限りの仕様かと思いきや、市販モデルもこのボディサイズは変わらないという。 国内メーカー製の同クラスのライバル車では、全長4m未満に設定されることが多い。

 新型デミオ、ディーゼルもガソリンもマニュアルトランスミッション有り 新型デミオに搭載されるエンジンは、1.3LガソリンのSKYACTIV-G 1.3と1.5LディーゼルのSKYACTIV-D 1.5の2タイプがラインアップする。SKYACTIV-G 1.3に搭載されるトランスミッションはFFモデルは6ATと5MT、 4WDモデルは6ATが用意される。SKYACTIV-D 1.5ではFFモデルは6ATと6MT、4WDモデルが6ATとなる。ガソリン車、ディーゼル車ともにマニュアルトランスミッショングレードが設定されているのが特徴的である。

 新型デミオのエクステリアデザインは今春のジュネーブモーターショー2014で公開されたHAZUMIコンセプトから大きく変わっていないと感じた。グリル内にしっかりと残されたバンパーラインが欧州風である。KODOデザインによる造形美も然ることながら、ソウルレッドプレミアムメタリックのカラーリングが映え、他のコンパクトクラスカーにはない上質さを感じる。

 新型デミオの車両価格、まずはSKYACTIV-G 1.3については現行モデル比で少しの値上がりが見込まれている。 エンジン周りがフルスカイアクティブ化されていることがら多少のコストアップは致し方無いだろう。SKYACTIV-D 1.5については、 他社ハイブリッドカー並としている。ガソリンモデルで140~150万円程度、ディーゼルモデルで165~175万円程度の税込スタート価格が予想される。

no title
http://car-research.jp/mazda/demio-9.html
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1407107195/
続きを読む