くるまとめ

車記事のまとめサイトです

トルコで女児を産んだ妻を「罰するために」感電死させる事件が発生

1: のり弁当大盛り ★
【6月9日 AFP】トルコ南東部ディヤルバクル(Diyarbakir)で、1月に女児を産んだ妻を「罰するために」感電死させたと自ら警察に通報した29歳の男が起訴された。地元メディアが6日、伝えた。 (中略)

 現地紙バタン(Vatan)は1面に男が警察にかけた電話の内容を掲載している。その中で男は、殺意をリアルタイムで警察に伝えている。「人を殺した」と警察の電話交換手に告げ、交換手が「誰をですか?」と尋ねると男は「たった今、妻を殺している」と答えている。 さらに「彼女を殺したのですか、今殺しているのですか?」と交換手が尋ねると、 男は「まだ死んではいないが、殺人がハラル(イスラム教で許されること)であれば、彼女を殺すところだ」 と述べている。

 さらに交換手が、妻と何か問題があるのかと聞くと男は「俺は妻を殺したと言っているのに、 何が問題だったかと聞くのか?」と話し「彼女の口を閉じた。彼女は断末魔の苦しみにある」と語った。 ここで交換手は「分かりました。待っていてください。警官隊を派遣します」と行動に移った。 クルド人が多く住む地区で地元レストランに勤める男と妻の間には4歳の女児もいるが、 男の弁護士は妻が「また女の子を産んだため」男は犯行に至ったと説明している。
(c)AFP

heatstopper1

引用元:
・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1402351237/
続きを読む

ラスベガスで男女が銃乱射、警察官2人を含む3人を殺害

1: Hi everyone! ★
 米メディアによると、ネバダ州ラスベガスで8日、男女2人組が銃を乱射し、警官2人を含む3人を殺害した。2人組もその後自らを撃ち、 死亡した。容疑者の身元や詳しい動機などは不明。

 2人組はピザレストランに入り、食事をしていた警官2人を銃撃、警官の持っていた武器を奪って付近のスーパーに移動した。警官の1人は死亡する前に銃で応戦したという。2人組はスーパーで1人を殺害した後、自分たちを撃った。  目撃者によると、2人組は「これは革命だ」などと話していたという。

no title
http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014060901001158.html 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1402326258/
続きを読む

【インド】首都圏で気温47.8度=過去62年間で最高

1: のり弁当大盛り ★
【ニューデリー時事】インド気象当局は8日、デリー首都圏の最高気温が47.8度に達したと明らかにした。PTI通信によれば、過去62年間で最高という。 当局によると、北西部ラジャスタン州の砂漠地帯から吹く熱風が気温上昇の主な原因。6月の気温としては平年を約8度上回った。

 インド北部ではここ数日、最高気温45度前後のうだるような暑さが続いており、ニューデリー中心部の繁華街では週末にもかかわらず、人影がまばらだった。

2011091202

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014060900019 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1402264718/
続きを読む

ゴリラ脱走訓練中に飼育係が麻酔銃を撃たれる、スペイン

1: 夜更かしフクロウ ★


 スペイン・カナリア諸島(Canary Islands)の動物園の飼育係(35)が、脱走ゴリラの捕獲訓練中に誤って麻酔銃を撃たれ、 病院に運ばれるという事故が起きていたことがわかった。
カナリア諸島のランサローテ島(Lanzarote)にあるロロ動物園(Loro Park Zoo)では2日、
ゴリラが脱出したという想定で訓練が行われていた。 6日、AFPの取材に応じた同動物園の広報パトリシア・デルポンティ(Patricia Delponti)さんによると、 麻酔銃を持った獣医師が放ったダート(矢)が飼育係に当たったという。

「理由は分からないが、誤って矢が横にいた同僚の足に刺さった。矢には体重200キロのゴリラを無力にする量の薬が使用されており、 体重約100キロの人間の体に入るととても危険だ」
獣医師はすぐ飼育係に解毒剤を注射した。 飼育係は直ちに救急車でテネリフェ(Tenerife)島の大学病院の集中治療室に運ばれ、8時間後に目を覚ました。 さらに集中治療室で2日間過ごし、1日の観察を経てから、ようやく5日朝に退院したという。

 デルポンティさんは、スペインの新聞が報道した、飼育係がゴリラの服を着ていたために獣医師が間違えて撃ったという説を一蹴した。 「ゴリラに変装もしていないし毛むくじゃらの衣装も着ていない。ゴリラと人間を間違えるなんて、あり得ない」(c)AFP

no title
http://www.afpbb.com/articles/-/3017029 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1402232257/
続きを読む

【生物】 メコン川流域で発見の新種動植物367種、WWFが発表/新種のほぼ全てが近く絶滅の危機に

1: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/
 世界自然保護基金(WW F)は、東南アジア・メコン川(Mekon g River)流域の大メコン圏(Greater M ekong)で2012年?13年に見つかった動植物367種を最新の報告書で発表した。
リストには背中の曲がったコウモリや巨大ムササビなどが含まれている 。 タイ、カンボジア、ミャンマー、ベトナム、ラオスの5か国に中国南西の雲南(Yunnan)省を加えた大メコン圏で
新たに確認された367種の大半は植物だが、魚類24種、両性類21 種、爬虫(はちゅう)類28種、鳥類1種、哺乳類3種も見つかっている 。

 国連教育科学文化機関(ユネスコ、UNESCO)の世界遺産に登録されているベトナムのハロン湾(Ha Long Bay)に近いカットバ(Cat Ba) 国立公園では、脊柱が湾曲したコウモリが見つかった。 ほかにも、「ス カイダイブ」するヤモリや虹色のトカゲ、頭部に怪傑ゾロ(Zorro)の 黒いマスクのような模様があるミズヘビ、口の脇に付生殖器がある小型魚類などが見つかっている。 その一方でWWFは、持続不可能な開発や食用としての野生動物肉や 高級木材に対する需要の急増で、新種のほぼ全てが近く絶滅の危機にさらされるだろうと警告した。

 WWFの生物専門家、トーマス・グレイ(Thomas Gray)氏によると、 東南アジアは陸生哺乳類の絶滅危惧種の割合が地球上で最も高い。 今回発見された新種の一つである巨大ムササビが発見された場所はラオスの野生動物肉市場で、野生ではまだ確認されていない。 報告書は「壊滅的な」野生生物の不正取引総額は今や年間160億ドル (約1兆6400億円)を超えていると指摘し、「野生生物取引は、地元で の消費に加え高級品としての世界向け野生生物製品市場によって活発化しており、 メコン川流域における生物多様性の最大の脅威の一つとなっ ている」と警告した。

no title
http://www.afpbb.com/articles/-/3017019?pid=13822376
引用元: ・http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plusd/1402098139/
続きを読む

米旅客機で非常事態、空軍パイロットが操縦席に

1: 夜更かしフクロウ ★
 米ユナイテッド航空の米国内便で飛行中に機長が突然体調を崩し、たまたま乗客として乗っていた米空軍のパイロットが操縦席に着く出来事があった。 このパイロットは3日、CNNの取材に応えて当時の経緯を語った。 異変は昨年12月、アイオワ州デモインからコロラド州デンバーに向かう途中のユナイテッド航空ボーイング737型機の機内で起きた。 客室乗務員が機体前方に集まり、救急用品を持って駆け付けるなど、非常事態は明らかだった。

 同機の乗客として家族と共に搭乗していた米空軍大尉のマーク・コンゴルさんは、爆撃機「B1Bランサー」のパイロット。 妻と目が合うと「あなたから申し出るべきだと思う」と促されたという。 操縦室では乗客と乗員が機長を運び出すところだった。 機長は心臓発作を起こした様子で、顔色が悪く、冷や汗をかいていた。 同機は副操縦士の判断で近くのオマハ空港に向かうことになった。 コンゴルさんは副操縦士の補佐役として操縦席に着き、管制塔との通信を担当。 機長や乗客、機体の状況を伝え続け、同機は無事、空港に着陸した。

 結局コンゴルさんが操縦を担うことはなかったが、爆撃機とボーイング737の違いは「ピックアップトラックとセダンの違いのようなもの」 とコンゴルさん。 必要があれば操縦できていたはずだと振り返る。 今回の出来事は、空軍が最近になってマスコミの取材を受け、初めて明らかになった。 救急車で空港から病院に搬送された機長は一命を取りとめて回復。 1~2カ月後、機長からコンゴルさんに電話があったという。 妻は「よくやったね」とほめてくれたとコンゴルさんは笑顔を見せた。

b_1b_lancer_l3

http://www.cnn.co.jp/business/35048897.html  
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1402156214/
続きを読む