くるまとめ

車記事のまとめサイトです

エジプトで5600年前の墓発掘 第1王朝より古い時代のもの

1: かじりむし ★@\(^o^)/
【5月8日 AFP】エジプト考古省は7日、エジプト第1王朝より古い5600年前の墓とミイラが発掘されたと発表した。エジプトの先王朝時代に新たな光を当てる発見だ。 考古省によると、発見された墓は、紀元前31世紀に上エジプトと下エジプトを統一してエジプト第1王朝を創始したナルメル(Narmer)王の統治期間よりも古い時代のものという。

墓が発見されたのはルクソール(Luxor)とアスワン(Aswan)の間のコム・アハマル(Kom al-Ahmar)地域にある古代都市ヒエラコンポリス(Hierakonpolis) の遺跡。ヒエラコンポリスは上エジプト王国(Kingdom of Upper Egypt)の首都だった。 考古学者らは、ひげを生やした男性の象牙の像や、10代後半で死亡したとみら れる墓の主のミイラなどを発見した。また象牙のくし10本や道具類、刃物、矢 尻も見つかった。

国際考古学チームの代表、レネー・フリードマン(Renee Friedman)氏は、墓の保存状態が良いことから、先王朝時代の儀式について新たな情報が得られる可能性が高いと述べている。 ヒエラコンポリスでは、ナルメル王と、エジプト統一の道を開いた先王朝時代のカー(Ka)王の墓が発見されていた。

img_40550f2cbf307ac577abd0e8c80cfe4c181871 
http://www.afpbb.com/articles/-/3014380 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1399549366/
続きを読む

「台湾人は兄弟!」、日本人が書いた震災支援の礼状に「誰が兄弟だ?」「尖閣を返せ」の声―台湾 ☆3

1: プーライ ★@\(^o^)/
 2014年5月7日、中国台湾網は、ある日本人が東日本大震災で支援してくれた台湾の人たちに感謝の気持ちを込めて「台湾は兄弟」と書いた礼状に、台湾の一部ネットユーザーが反感を示していると伝えた。 記事によると、沖縄県古宇利島で海鮮丼を専門に扱う飲食店のオーナーが、3年前の東日本大震災で支援してくれた台湾の人たちに感謝の気持ちを込め、「台湾は日本にとってアジアの兄弟だ。もし台湾が困難に遭えば、日本人は身をなげうって支援する。 過去の恩を決して忘れない」という礼状を書いた。

 台湾からの旅行客は、この店を訪れると必ずこの手紙を読むという。 このニュースが報じられると、台湾のインターネット上には、日本人の恩義を感じる姿勢に肯定的な意見が寄せられる一方で、 尖閣諸島問題について不満をぶちまける次のような声もあるという。

 「誰が兄弟だって?お返しをしたいなら尖閣諸島を返せ。ありがとう」 「尖閣諸島を横取りしておいて、兄弟なわけないだろ。前にも我々の漁船を拿捕しようとしたじゃないか」 「尖閣諸島を返すよう、すぐに安倍に手紙を書け」

bea03d1c

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140508-00000005-rcdc-cn 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1399544475/
続きを読む

世界の都市人口の9割、基準超の汚染=PM2.5、南アジアや中東で深刻 WHO報告書 [5/11]

1: かじりむし ★@\(^o^)/
 【ジュネーブ時事】世界保健機関(WHO)は7日、世界約1600都市の大気汚染状況に関する報告書を公表した。対象都市人口の88%が、WHOの基準を超える微小粒子状物質「PM2.5」などにさらされていると指摘。南アジアや中東で汚染が深刻化している実態を明らかにした。

 肺がんや呼吸器疾患を引き起こすPM2.5、粒子状物質PM10の大気中濃度について、 WHOは年間平均許容量を1立方メートル当たりそれぞれ10マイクログラム、20マイク
ログラムと定めている。 WHOは世界91カ国、1629都市の2008~13年の大気データを収集。その結果、化石燃料を使う車の増加などにより、大半の地域で汚染物質の濃度が基準を上回った。

 特に南アジアや中東の大気汚染が深刻化。PM2.5濃度はパキスタンのカラチ、インドのニューデリーで基準の10倍超、カタールの首都ドーハで約9倍に達した。 中国では、北京が基準の6倍近く、上海が4倍近くを記録した。日本は調査対象の20都市のうち、汚染が最も目立ったのがさいたま市浦和区で、基準の1.4倍だった。WHOは、汚染された空気が「深刻で長期化する健康問題を引き起こす」と警告。クリーン燃料の普及などの対策を促した。 

1

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201405/2014050700799 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1399817259/
続きを読む

播磨のそうめん、イスラム圏へ 社長「おもてなししたい」

1: 幽斎 ★@\(^o^)/
播磨のそうめん イスラム圏へ
http://www.yomiuri.co.jp/local/hyogo/news/20140511-OYTNT50178.html

 播磨特産のそうめんをイスラム教の信者にも安心して味わってもらいたいと、 乾麺メーカー東亜食品工業(姫路市)がイスラム教の戒律に合った商品の証明となるハラール認証を取得した。同社によると乾麺での認証取得は国内で初めてという。 和食の無形文化遺産登録や2020年東京五輪の開催決定で 日本食に注目が集まるなか、そうめんの需要拡大を目指す。(田阪綾子)

 「ハラール」はアラビア語で「(神によって)許されたもの」を意味している。 戒律を重んじる厳格なイスラム教の信者は豚肉や酒などを口にすることができない。 牛肉や鶏肉も神に祈りをささげながら処理するなど、厳しい規定がある。  同社は1945年創業。そうめんやうどんなど約100種類の乾麺を製造し、アジアや欧米など十数か国に輸出している。

 しかし、従来はハラール認証を取得していなかったため、海外に乾麺を輸出しても、 世界人口の4分の1にあたる、約16億人のイスラム教の信者に普及することはなかった。 同社の井上位一郎社長は国内を訪れた信者が食事に困っている現状を知り、 「国内外の信者にそうめんを食べてもらいたい」と、1年ほど前から取得の準備を進めた。 今年3月には国内の認証機関の一つ、 NPO法人日本アジアハラール協会(千葉市)の担当者が姫路市内の工場などを訪れ、 審査。商品やその製造工程で戒律で禁じられた食材を使っていないことを確認した。
4月には同社のそうめんやそば、うどんなど11種類の乾麺が認証を受けた。

 同NPO法人の認証はシンガポールやインド、パキスタンでも有効。 今月下旬には、商品の袋に認証シールを貼ったそうめんとそばの乾麺計1万3000食を初めて シンガポール向けに輸出する。将来はマレーシアやインドネシアなどの認証も取得する予定。 国内向けにも、飲食店や小売店などから要望があれば、認証シールを貼って販売する。 井上社長は「イスラム圏の人の味覚にあったメニューも考えたい。 業界全体で認証取得を進め、イスラム教の人たちをおもてなししたい」と話している。

1251438681

引用元:
・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1399862981/
続きを読む

ABOUT

■このブログについて
『2ちゃんねる』で管理人が面白い、ニュースなどを独断と偏見で集めるブログです。

■リンクとか
当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクを貼ったり剥がしたりしてください。記事へのコメントは、修正・間違えをご指摘頂いた場合にしか返信致しませんが、全てのコメントに目を通しております。

■ブログ名

サイト開設日:2013年5月1日
更新頻度:1日約10件

■URL
http://new24.blog.jp/

■RSS
http://new24.blog.jp/index.rdf

■管理人
ガニメデ