くるまとめ

車記事のまとめサイトです

日産ノートに画期的技術…ナノ塗装技術で洗車不要のセルフクリーニングカー

1: キン肉バスター(catv?)@\(^o^)/
 日産自動車の欧州法人、欧州日産が発表した車体にセルフクリーニング機能を備えた『ノート』のプロトタイプ車。同車の映像がネット上で公開され、再生回数が450万回を超えている。
この技術は、英国にある日産の欧州テクニカルセンターが研究開発を進めてきたもの。2014年春、この技術を採用したプロトタイプ車の『ノート』を初公開した。

 セルフクリーニング機能を備えたナノ塗装技術は、もともと米国のウルトラテック・インターナショナル社が開発。「ウルトラ・エバー・ドライ」と命名されたナノ技術による超撥水コーティングを、車体表面に施しているのが特徴。 このウルトラ・エバー・ドライが、ボディに泥などが付着するのを防ぐ。これにより、洗車する必要がない「セルフクリーニングカー」を可能にした。

no title
https://www.youtube.com/watch?v=UwoGsCAKsxU

http://response.jp/article/2014/08/15/230044.html
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1408243236/
続きを読む

首都高でランボルギーニが炎上!

1: 諸君、私はウンが好きだ ★@\(^o^)/
 午後5時前、東京・港区の首都高速都心環状線外回りで、「車が燃えている」と通報がありました。 消防が駆けつけ、火はおよそ1時間後に消し止められましたが、高級スポーツカーのランボルギーニ1台が全焼しました。 この車には、男女2人が乗っていましたが、けがはありませんでした。

 この火災の影響で、都心環状線外回りは浜崎橋ジャンクションから芝公園までの間で、一時通行止めとなりました。 警視庁が、詳しい出火の原因を調べています。

no title
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20140817-00000024-jnn-soci
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1408275201/
続きを読む

バックモニタもGPSも。オートバイ好きが待ち望んでいたARヘルメット

1: キン肉バスター(catv?)@\(^o^)/
 視界180度のバックカメラを搭載、スクリーン右下にナビ情報と合わせて表示してくれるHUDつきARヘルメット「SKULLY AR-1」が INDIEGOGOで資金を調達中、残り26日の時点で支援率452%と、すでに5週目に入りました。

 今までにもナビ情報を視覚的に教えてくれるヘルメットの計画はありましたが、「SKULLY AR-1」は発車時、停車時、レーンチェンジ時に重要な背後の情報がミラーを見なくても、ミラー外の範囲までわかります。安全性を第一に考えた結果のプロダクツになっているのがポイントです。

 音声でコントロール。スマートフォンとBluetoothで通信し、音楽再生にも対応しています。ハンドルにいろんなマウントくっつける時代は終わるのでしょうか。

no title
http://www.gizmodo.jp/2014/08/gpsar.html
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1408251545/
続きを読む

英ベスト自動車ディーラー ランキング!レクサスが1位 日本人「ベンツ様!BMW様!」

1: パロスペシャル(catv?)@\(^o^)/
 イギリス自動車誌Auto Expressが英ベスト カー ディーラー ランキング(32ブランド)を発表しました。これは編集者によって決められたものではなく、5万人の英国の自動車愛好者によって選ばれている栄えある賞です。

Best Dealer
1位となったのは、2年連続受賞となるレクサス! そして2位にはホンダと日本の自動車メーカーがワンツーを飾ったほか4ブランドがベスト10入りしています。

英ベスト カーディーラートップ10

1位 レクサス、2位 ホンダ、3位 ポルシェ、4位 シェコダ、5位 スバル、6位 トヨタ、7位 ジャガー、8位 MG、9位 プジョー、10位 Kia

 ベストカーディーラーに選ばれたことに対してレクサスのディレクター Richard Balshaw氏は「1990年にレクサスが英国でスタートして以来、あらゆる面で素晴らしい体験を消費者に提供するよう努力してきました。 消費者に耳を傾け、新技術とイノベーションを取り入れ、限界を高め続けています。レクサスに関わる全ての人の努力と顧客の熱意による結果を誇りに思います。」とコメントしています。

no title
http://www.j-sd.net/best-car-dealer-2014/
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1408156619/
続きを読む

FRの2シーター!米メーカーが新スポーツカーのデザインを募集中

1: パロスペシャル(catv?)@\(^o^)/
 米国アリゾナにあるローカルモーターズは、世界中のクルマ好きが集まるオープンコミュニティで議論を重ねながらクルマの開発・製造を行うという、 斬新なコンセプトの自動車メーカーだ。今回は、同社が公開した、新スポーツカーのデザインを募集する映像をご紹介しよう。

 同社がスポーツカーの開発を始めるというニュースは、Autoblogでも先月お伝えした通りだが、今回その詳細が明らかになってきた。 以前、同社が手掛けたオフロード車「ラリーファイター」と同じように、この「スポーツカー・プラットフォーム」プロジェクトでもクラウドソーシングで意見を募って クルマのデザインをしていくという。自社のデザイン部門だけで開発を進めていく従来の自動車メーカーとは大きく異なる手法だ。

 同社が想定しているスポーツカーは、フロントにエンジンを搭載する後輪駆動の2シーター。エンジンは最高出力200hp以上の4気筒で、トランスミッションはクラッチ・ペダルのあるマニュアルにするという。装備やルーフを簡略化した「ケータハム セブンやアリエル アトムのような」サーキット走行向け(公道走行も可能な)モデルと、街乗りに適した装備を持つ「S2000やフェアレディZのような」クーペ・モデルの2種類が製作される予定で、まずはサーキット向けモデルから開発がスタートするようだ。 できるだけ無駄をそぎ落とすことで、パワーウエイトレシオを高め(車両重量は725kg以下を目標)、「直線コースでストリートバイクのような加速」を、そして「しっかりしたサスペンションで、コーナリング時にレーシングカーのような操縦性」をもたらすという。ベース・モデルの組み立てコストは3万ドル(約308万円)以下を想定しているそうだ。

 ここまで聞いた分には素晴らしいプロジェクトだが、これからどんなスポーツカーが生まれるかはあなた次第だ。現在デザインを募集しているので、興味のある方は投稿してみよう。

no title
https://www.youtube.com/watch?v=g1qHgW3N-vM

http://jp.autoblog.com/2014/08/15/local-motors-sportscar-platform-project-video/
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1408156668/
続きを読む

フェラーリが「F12 ベルリネッタ」で、「GT-R NISMO」の記録を破ろうと狙っている!?

1: パロスペシャル(catv?)@\(^o^)/
 フェラーリの「F12 ベルリネッタ」が、ニュルブルクリンクでラップタイムの記録更新を試みたという情報をご紹介しよう。 ニュルブルクリンクのラップタイム上位には、ポルシェ、日産、ラディカルといったメーカーが並んでいるが、これまでフェラーリは(少なくともメーカー自ら) この競争に参加しようとはしていなかった。しかし近頃、F12 ベルリネッタが北コースを1時間半にわたって貸し切り状態で走行しているところが目撃されている。 その目的としては2つのことが推測できるだろう。1つは同車のアップデート版の走行テスト。そしてもう1つの可能性は、現行モデルによるタイムアタックだ。部外者の我々が映像からそれを判断することは難しい。が、ルーフに取り付けられた通信装置を見ると、後者の可能性の方が高いと思われる。

 気になるタイムはというと、ウォームアップ・ラップとクールダウン・ラップの間に7分48秒を記録したと伝えられている。一見パッとしない数字だが、T13からハッツェンバッハ(コーナー名)まで 約40秒間のクールダウン走行をしていたらしいので、それを差し引くとラップタイムは7分08秒あたりになる。これは、日産「GT-R NISMO」が記録したタイムと同等であり、ダッジ「ヴァイパーACR」、レクサス「LFAニュルブルクリンク・パッケージ」、シボレー「コルベットZR1」より速い。 フェラーリはF12で、GT-R NISMOが持つフロント・エンジンの公道仕様車最速タイムを打ち破ろうと狙っているのではないだろうか。(ちなみに、サーキット専用モデルのフェラーリ「599XX」は4年前に6分58秒を記録した)

 もし記録更新が実現すれば、マラネッロの人たちは、たとえ「ラ フェラーリ」がポルシェ「918 スパイダー」の6分57秒に届かないとしても、少しは溜飲が下がるだろう。 それではビデオをクリックして、F12が北コースを走行する様子をご覧いただこう。

no title
http://jp.autoblog.com/2014/08/14/ferrari-f12-nurburgring-video/
https://www.youtube.com/watch?v=jkS3HlfWX-0

引用元:
・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1408156713/
続きを読む