くるまとめ

車記事のまとめサイトです

車にかかる費用は生涯で約4000万円!

1: 中年'sリフト(東日本)@\(^o^)/ [US]
 【 ■車にかかる維持費は年間でどれくらい?

 生涯の家計収支の中でも、生活・住宅・教育・保険についで大きな支出を占めるクルマ。ライフプランとカーライフについて考えてみましょう。皆さんはどんな車に乗っていますか? 車種や年式、状態、使い方などによって、車を有するのにかかる費用もさまざまですね。  】  続きは記事ソース 

no title
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20170412/Allabout_12701.html
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1491972215/
続きを読む

高速道路でフェラーリ炎上「走行中に火が出た」

1: かばほ~るφ ★
 【 高速道路でフェラーリが炎上しました。

 警察によりますと、13日午後3時すぎ、神奈川県寒川町の圏央道外回り寒川北インターチェンジの手前1.5キロ付近で、目撃者から「車が燃えていた」と110番通報がありました。  】  続きは記事ソース 

no title
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000098577.html 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1492078613/
続きを読む

シボレーカマロZL1最恐モデル1000psの「カマロ ザ エクソシスト」NYオートショーに登場

1: ファイナルカット(茸)@\(^o^)/ [EU]
 【 米国チューナー、ヘネシーパフォーマンスは、シボレー「カマロZL1」の最恐モデルとなる、「カマロ ザ エクソシスト」をニューヨークオートショーで初公開すると発表した。

 「悪魔祓い」と名付けられたそのマッスルカーは、アップグレードされたカムシャフト、ロングチューブステンレススチールヘッダーを持ち、高い流動性スーパーチャージャー&インタークーラーシステムにより、ハイパフォーマンスを生み出す。  】  続きは記事ソース 

no title
http://response.jp/article/2017/04/11/293371.html
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1491920138/
続きを読む

最高速度48キロってもはやバイク!? でも値段は世界最安レベルの「電動自転車」

1: まはる ★
 【 一度でも自転車に乗ったことがある人ならば、「なんでもっと簡単に、しかも速く走ることができないんだろう?」と思った事があるはずだ。

 しかし、楽に走れる電動アシスト自転車も、速く走れるロードバイクも高価だ。さらには、メンテナンスが比較的大変であることも悩ましいものである。そんななか、海外では速くて安くて自転車なのかも危うい“電動自転車”が発表されたようだ。

 電動アシストで最高速度は48キロ  】  続きは記事ソース 

no title
http://nge.jp/2015/04/24/post-102548
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1491776901/
続きを読む

全焼ランボルギーニ、オークションに出品…価格は5ドル

1: きつねうどん ★
 【 フェラーリと並ぶイタリアンスーパーカーの雄、ランボルギーニ。そのランボルギーニの全焼した車両がオークションに出品され、話題になっている。

 このランボルギーニは、主力車種の『ウラカンLP610-4』。ミッドシップには、直噴5.2リットルV型10気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載。最大出力610ps/8250rpm、最大トルク57.1kgm/6500rpmを引き出す。  】  続きは記事ソース 

2014-03-04_Geneva_Motor_Show_1375
http://response.jp/article/2017/04/07/293254.html
引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1491602462/
続きを読む

クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー

1: 自治郎 ★
 【 2017年3月のジュネーブモーターショーで世界初公開された新型スバルXV。“Fun Adventure”をコンセプトに、都会的で洗練されたデザインとスバルのSUVならではの走破性、そして世界トップクラスの安全性能を兼ね備えたクロスオーバーSUVである。

 先代と同じく5ドアハッチバック「インプレッサスポーツ」をベースとする車体は、その現行型インプレッサに続いて、新世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」を採用。走行性能および安全性能が飛躍的に進化したとアピールされる。

 新型XVのグレードと価格は、以下の通りである。(※ルーフレール装着車は、各5万4000円高)
・XV 1.6i EyeSight:213万8400円
・XV 1.6i-L EyeSight:224万6400円
・XV 2.0i-L EyeSight:248万4000円
・XV 2.0i-S EyeSight:267万8400円  】  続きは記事ソース 

no title
http://www.webcg.net/articles/-/36211 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1491472669/
続きを読む