くるまとめ

車記事のまとめサイトです

ホンダ インサイト 新型、燃費は23.4km 2万2830ドル(約252万円)

1: 名無しさん@涙目です。(雲の流れる霊峰) [ニダ]
 【 ホンダの米国部門、アメリカンホンダは6月19日、新型『インサイト』の燃費と価格を発表した。米国EPA(環境保護局)燃費は、市街地モードで23.4km/リットル。ベース価格は2万2830ドル(約252万円)。  】  続きは記事ソース 

2019-Honda-Insight-front-three-quarter-in-motion-09 (1)
https://response.jp/article/2018/06/21/311085.htm
引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1529964203/
続きを読む

ダイハツが新型軽乗用車「ミラ トコット」を発売

1: 自治郎 ★
 【 ダイハツ工業は2018年6月25日、新型軽乗用車「ミラ トコット」を発表。同日、販売を開始した。

 ミラ トコットは、若い女性エントリーユーザーをターゲットにしたベーシックな軽乗用車。トコットというのは造語で、「To Character(自分らしさの表現)」「To Comfortableness(安全・安心、運転しやすさ)」「To Convenience(使いやすさ)」の頭文字(To C)から着想を得たという。  】  続きは記事ソース 

no title
http://www.webcg.net/articles/-/38984
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1529927115/
続きを読む

ベンツの新型・4ドアクーペ「CLS」 7年ぶりの全面改良 流線形強調 お値段799万円(ディーゼル)1038万円から(HV)

1: ばーど ★
 【 独メルセデス・ベンツ日本法人は25日、全面改良された新型4ドアクーペ「CLS」を売り出した。同車種では3代目で、全面改良は7年ぶり。車体のラインを従来型よりシンプルにし、流線形のデザインを際立たせた。ディーゼル車と初設定のハイブリッド車(HV)があり、ディーゼルは799万円(消費税込み)から、HVは1038万円(同)から。  】  続きは記事ソース 

45151
https://www.asahi.com/articles/ASL6T46DYL6TULFA00D.html
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1529909095/
続きを読む

新型スズキ ジムニー派生モデルに念願の4ドアロングボディ登場へ

1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [US]
 【 ハンガリーのデザイン会社「X-Tomi Design」は、5ドアのロングモデル、コンバーチブル、ピックアップの3バージョンの予想CGをウェブサイトで公開している。もともとバリエーションの多いモデルである「ジムニー」は、これまでもキャンパストップ、ピックアップ、パノラミックルーフなどを設定しており、新型に設定される可能性もあるはずだ。

 「ジムニー」新型のパワートレインは、最高出力64psを発揮する660cc直列3気筒ターボ+Sエネチャージを搭載。  】  続きは記事ソース 

suzuki-jimny-5door
https://response.jp/article/2018/06/24/311171.html#cxrecs_s
引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1529818704/
続きを読む

ハーレーに25%関税、EUが米に報復措置発動

1: ばーど ★
 【 欧州連合(EU)は22日、トランプ米政権によるEU製の鉄鋼やアルミニウムの輸入制限への対抗策として、ハーレーダビッドソンの二輪車など28億ユーロ(約3600億円)相当の米国製品に対し、25%の関税をかける報復措置を発動した。  】  続きは記事ソース 

ハーレーダビッドソン_1936年_E_1937年_UL
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180622-OYT1T50030.html 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1529768192/
続きを読む

トヨタ、21年ぶりに「センチュリー」フルモデルチェンジ V8 5.0リッター+THS IIのハイブリッドモデルに お値段1960万円

1: ばーど ★
 【 トヨタ自動車は6月22日、「センチュリー」を21年ぶりにフルモデルチェンジして発売した。価格は1960万円。月販目標台数は50台で、生産はトヨタ自動車東日本 東富士工場で行なわれる。

 2017年10月の発表どおり、3代目となる新型センチュリーのパワートレーンはこれまでのV型12気筒5.0リッター「1GZ-FE」型エンジンからV型8気筒5.0リッター「2UR-FSE」型エンジンにモーターを組み合わせるハイブリッドモデルへと進化した。  】  続きは記事ソース 

no title
https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1127228.html
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1529646253/
続きを読む
月別アーカイブ