くるまとめ

車記事のまとめサイトです

「空飛ぶクルマ」開発、目指すは東京五輪聖火台 TOYOTAなど

1: 岩海苔ジョニー ★
 【 トヨタ自動車などの若手の技術者チームが「空飛ぶクルマ」の開発を進めている。

 2020年の東京五輪・パラリンピックの開会式で、聖火台に火をともすクルマを作ることを目標に掲げる。海外では航空機大手や新興企業も開発に取り組んでおり、実現すれば物流や災害救助などに役立つ可能性があるが、安全性の確保が最大の課題となりそうだ。  】  続きは記事ソース 

156156
http://yomiuri.co.jp/economy/20170828-OYT1T50071.html 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1503953357/
続きを読む

トヨタが新型「ランクル」をフランクフルトショー2017で世界初披露!ついに「300系」デビューか

1: ばーど ★
 【 欧州トヨタは、9月12日からドイツで開催されるフランクフルトモーターショー2017で、新型ランドクルーザーを世界初公開すると発表した。

 ランドクルーザーといえば、日本では「ランクル」として親しまれ、SUVの代名詞的な存在。トヨタSUVのリーダーシップとして君臨してきたランドクルーザーは、セグメント唯一のラダーフレーム構造を特徴としている。  】  続きは記事ソース 

no title
http://autoc-one.jp/news/5000092/
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1504262615/
続きを読む

ホンダ、新型「N-BOX」9月1日発売 「VTEC」を軽初採用して燃費を27.0km/Lまで高める

1: ばーど ★
 【 2017年9月1日 発売
N-BOX:138万5640円~188万280円
N-BOX カスタム:169万8840円~208万80円

本田技研工業は、軽トールワゴン「N-BOX」をフルモデルチェンジして9月1日に発売する。価格はN-BOXが138万5640円~188万280円、N-BOX カスタムが169万8840円~208万80円。

 N-BOXは、2011年12月に初代モデルが発売されたホンダの軽乗用車「Nシリーズ」の第1弾。シリーズの車名に共通して使われるNは、「NEW」「NEXT」「NIPPON」「NORIMONO」のそれぞれの頭文字であるほか、このNシリーズが1966年にホンダ初の量産軽乗用車として発表された「N360」にルーツを持つことを表現している。  】  続きは記事ソース 

29112031247_o
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1076023.html 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1504153245/
続きを読む

スズキが「ハスラー」1000cc版を年内投入へ

1: ばーど ★
 【 スズキは軽自動車「ハスラー」の第2弾と位置付ける新小型車を開発し、早ければ年内にも市場投入する。ハスラーは軽ワゴンとスポーツ多目的車(SUV)を融合した個性的なデザインで新市場を切り開いた。排気量1000ccクラスの新型車の投入により、注力する国内小型車販売に弾みをつける。  】  続きは記事ソース 

no title
http://newswitch.jp/p/10193
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1503898821/
続きを読む

メルセデスAMG GT、オープンモデルを日本導入…1834万円より

1: ノチラ ★
 【 メルセデス・ベンツ日本は、メルセデスAMG『GTロードスター』およびメルセデスAMG「GT C ロードスター」を8月25日より発売する。

 GTロードスターおよびGT Cロードスターは、スポーツカーのメルセデスAMG「GT」をベースとしたオープントップモデル。アコースティックソフトトップは走行中でも50km/hまで開閉可能で、開閉動作は全自動で行われ、所要時間は約11秒。3層構造のソフトトップは、マグネシウム、スチール、アルミニウム構造により軽量化を図り、低重心化にも貢献している。  】  続きは記事ソース 

avto5
https://response.jp/article/2017/08/25/298949.html
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1503689516/
続きを読む

米テスラ、走行距離200─300マイルのEVトラック発表へ

1: みつを ★
 【 米電気自動車(EV)大手テスラ(TSLA.O)は、走行距離が200─300マイルのEVトラックを来月発表する計画。関係者が明らかにした。

 マスク最高経営責任者(CEO)は、高級車以外への市場にも参入するため、セミトラックのテスト版を来月発表すると述べている。  】  続きは記事ソース 

99852c24
http://jp.mobile.reuters.com/article/technologyNews/idJPKCN1B50KJ 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1503693326/
続きを読む