くるまとめ

車記事のまとめサイトです

2014年12月

日産 GT-R のセダン版、市販化計画は中止か

1: キドクラッチ(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/
 日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティの『Q50』(日本名:新型日産『スカイライン』)をベースにした高性能コンセプトカー、『Q50オールージュ』。同車の市販化計画が、中止されたのと情報がもたらされた。

 これは12月24日、自動車ジャーナリストのBertel Schmitt氏が、『Daily Kanban』に寄稿した中で明らかにしたもの。 同氏が自身のFacebookにおいて、GMの高級車ブランド、キャデラックの社長であり、元インフィニティのトップ、 ヨハン・ダ・ネイシン氏と交わしたやり取りを、記事にして紹介している。

 それによると、ヨハン・ダ・ネイシン氏は、あくまで噂と断ったうえで、「日産自動車の上層部が、Q50オールージュの市販化プロジェクトの中止を決めたようだ」と話したという。

no title
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141230-00000021-rps-ind
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1419945625/
続きを読む

ホンダ、国内販売93万台割れへ リコールで悲願の100万台届かず

1: ミッドナイトエクスプレス(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/
 ホンダの平成26年度の国内販売台数が、計画の93万台を割り込む見通しになったことが29日、分かった。 4月の消費税率引き上げ後の需要低迷に加え、主力小型車「フィット」などのリコール(回収・無償修理)で新型車の投入が遅れた影響が長引いている。タカタの欠陥エアバッグ問題を受けたリコール対策費用も増加しており、収益の下押し圧力になっている。

 ホンダは当初、26年度の国内販売計画を103万台に設定し、同社として初の100万台超えを目指していた。 だが、26年10月には93万台への計画目標の引き下げを余儀なくされた。 フィットのハイブリッド車(HV)などでリコールが相次いだため、品質管理を強化。車両開発の総点検に着手した結果、 新型車が投入できず、販売が伸び悩んだからだ。

 ようやく12月に約1年ぶりの新車となるHVセダン「グレイス」を発売して反転攻勢に出たが、年内に投入できた新型車は軽自動車の「N-BOX SLASH(スラッシュ)」を含めてわずか2車種。

001

http://www.sankei.com/economy/news/141230/ecn1412300003-n1.html
http://www.sankei.com/economy/news/141230/ecn1412300003-n2.html
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1419930856/
続きを読む

居眠り運転、一時的な刺激与えても数分でリバウンド現象-名城大が解明

1: coffeemilk ★@\(^o^)/
 名城大学大学院の山田宗男教授の研究グループは、自動車などのドライバーによる居眠り運転防止のため一時的な感覚刺激を身体に与えても、 数分後により深い居眠りに襲われる「リバウンド(揺り戻し)睡眠現象」が存在することを突き止めた。 磁気刺激によって体内の生体エネルギー「アデノシン三リン酸(ATP)」を補給すれば、この現象を抑えられることも確認した。

 山田教授らは名古屋産業科学研究所と共同で、被験者である21―24歳の健常な男性100人超の協力を得ながら実証研究を実施した。 その結果、「感覚刺激後の数分後の居眠り状態」は、「感覚刺激前の居眠り状態」の約70%のレベルまで覚醒指数が下がっていた。 つまり感覚刺激を与えても、数分後にはその前の居眠り状態以上に眠気が強くなっているリバウンド睡眠現象が起きていることが分かった。

 一方で、山田教授らは、名産研の毛利佳年雄上席研究員が福島雅典京都大学名誉教授と共同で発見した「磁気プロトニクス原理」を応用し、新しい生理的磁気刺激法を考案。 直径7ミリメートルの球状の磁性体を100個程度並べた磁化焼結球列を充填した長さ約60センチメートルのチューブを作製し、これを被験者の脊柱部に当てる手法を開発した。 磁気刺激を使い、同様に被験者15人を対象に実験したところ、刺激後数分経過しても刺激前と比べて覚醒指数が変わらず、
「リバウンド睡眠現象」が起こらないことが判明。これは磁気刺激によって体内のATPを補給するためとみられる。

145159804

http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1020141230eaab.html 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1419946494/
続きを読む

マツダ・キャロルがデザイン一新…昔オートザムとかいうブランドあったよね

1: フルネルソンスープレックス(福岡県)@\(^o^)/
 マツダは、2015年1月30日より、新型「キャロル」を発売することを発表した。 低燃費と手ごろな価格を特徴とする軽自動車キャロルは、今回の全面改良でシンプルかつスタイリッシュなデザインに一新するとともに、 車両重量の軽量化と、パワートレインの効率改善を行い、JC08モード燃費37.0km/L(2WD CVT車)を実現している。

 また、全車にコーナー走行での安全性を高めるDSC&TCSを、CVT車にはレーザーレーダーによる検知で、 低速走行時の衝突回避、被害軽減をサポートするレーダーブレーキサポートを標準装備し、安全性能を強化している。 キャロルは、先日ご紹介したスズキ「アルト」のOEM車だ。 スズキからOEMを受けて発売されてから6代目となる今回のモデルも、オリジナルのデザインではなく、アルトに準じたデザインが採用されている。

 スマートさと目力を備えたフロントマスクとクールで存在感のあるバックスタイル、全高を低くし、フロントからリヤまで流れるようなサイドビューが個性的だ。 ちなみに、エクステリアでは、フロント、リア、ホイールキャップのエンブレムが違うところが、キャロルを見分けるポイントだ。 軽自動車の枠内でマツダの"魂動デザイン"を取り入れたバージョンも期待したいところだが、現在の販売台数ではそこまでの変更は厳しいということだろう。

no title
http://jp.autoblog.com/2014/12/29/mazda-carol-2015/ 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1419859628/
続きを読む

アウディジャパン、値上げ…原材料費の高騰および、輸送コスト上昇に対応

1: 1級神2種非限定φ ★
  アウディジャパンは、2015年1月1日より一部モデルで約3%の価格改定をおこなうと発表した。 原材料費の高騰および、輸送コスト上昇に対応するもの。 対象となるのは、『RSモデル』や『R8』なども含む36モデル。

2500468

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141229-00000011-rps-bus_all 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1419865201/
続きを読む

軽自動車販売:スズキ8年ぶり首位 ダイハツ抜く

1: 鰹節山車 ★@\(^o^)/
 2014年の軽自動車販売で、スズキがダイハツ工業を上回り、8年ぶりに首位を奪還する見通しになった。 スズキは1月に投入した新型車が大ヒットして販売を伸ばした。 一方、ダイハツは今年、スズキの倍に当たる新型車6車種を発売。 前年実績は上回ったものの、スズキの快進撃をかわしきれなかった。 「ダイハツさんとの競争は永久に続く。勝つ年も負ける年も死にものぐるいでやっている」。 スズキの鈴木修会長兼社長は、ダイハツへのライバル意識をむき出しにする。

 「打倒ダイハツ」へスズキが1月に放ったのが、新型車「ハスラー」。車高が高いワゴンとSUV(スポーツタイプ多目的車)を融合させ、 「街乗りにもアウトドアにも使える」として人気が出た。11月までの月間平均販売台数は、 当初目標(5000台)を大きく上回る約8700台。オレンジやピンクなどカラフルな車体を取りそろえたこともあり、 「軽以外からの乗り換えも多い」(スズキ)。自動車ジャーナリストや学者らが選考する15年次のRJCカーオブザイヤーも受賞した。

 ハスラー効果が手伝って、前半リードしていたダイハツをジワジワと追い上げ、累計ベースで10月に逆転した。12月には、 主力の「アルト」を5年ぶりに全面改良。軽ではダイハツ「ミライース」を抜き、ガソリン1リットル当たり37.0キロという国内最高燃費も打ち立て、勢いは衰えない。一方ダイハツは、購入後にボディーの一部を替えられるスポーツカータイプの「コペン」が話題を集めた。 ただ「大衆向けの車ではない」(アナリスト)ことから、ハスラーほどの台数は稼いでいない。 主力の新型「ムーヴ」を発売したのは12月で、累計で抜き返すには至らなかった。車高が高い「タント」と、ホンダの人気車種「N?BOX」シリーズの特徴が似ているため「食い合いが発生している」(販売関係者)との指摘もある。 軽自動車は、車体価格と税金が安い上、乗り心地や燃費の改善が著しく、新車販売全体の4割を占めるほど人気が高まっている。2強のつばぜり合いで15年はさらに市場が活性化しそうだ。

SZ_WAGON-R_1

http://mainichi.jp/select/news/20141230k0000m020062000c.html
 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1419861153/
続きを読む