くるまとめ

車記事のまとめサイトです

2015年08月

プリウスにそっくりじゃね~か!韓国現代自動車がモロパクリ その名も「プリウスハンター(通称)」

1: ランサルセ(東日本)@\(^o^)/
 パクリ文化の奥深さという点で中国と双璧をなす韓国の、とある企業がまたやってくれそうだ。その企業は韓国最大手の自動車メーカー、ヒュンダイ(現代)自動車。販売台数が低迷しているうえ、ウォン高による輸出採算の悪化で厳しい経営が続く同社が起死回生を狙って年内にも投入する新型車が、トヨタ自動車のベストセラー車「プリウス」と酷似していると話題になっているのだ。

 そもそもパクリ疑惑には事欠かない現代自だが、よりによってトヨタの代名詞的な存在のプリウスにまで触手を伸ばすとは…。日本車キラーとして急速に世界で販売を伸ばした勢いがすっかり消え失せた現代自動車の苦境を一層鮮明にしているともいえそうだ。

「似すぎている…」

 そう専門家たちを騒然とさせているのが、今年に入り、自動車専門メディアで開発状況とその姿が何度か“スクープ”されている、その名も「プリウスハンター(通称)」。

no title
http://www.sankei.com/premium/news/150831/prm1508310002-n1.html 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1440956965/
続きを読む

【自動車品質TOP10】1位トヨタ2位スズキ3位ダイハツ4位ホンダ5位三菱6位スバル7位レクサス8位マツダ

1: 頭突き(SB-iPhone)@\(^o^)/
 自動車初期品質調査は、J.D.パワーが世界各国で実施しており、日本では今年が5回目。調査は、新車購入後2~9カ月経過したユーザーを対象に233の項目にわたって不具合経験を聴取した。項目は外装、走行性能、装備品/コントロール/ディスプレイ、オーディオ/コミュニケーション/エンターテインメント/ナビゲーション、シート、空調、内装、エンジン/トランスミッションの8つのカテゴリーに分かれている。

 不具合項目は、車100台当たりの不具合指摘件数で集計、数値が小さいほど品質が高いことを示す。調査の結果、2015年の総合不具合指摘件数は80PP100となり、前年と比較して4ポイント改善した。カテゴリー別では、前年からのスコア改善には、エンジン/トランスミッション、シート、走行性能。一方で、オーディオ/コミュニケーション/エンターテインメント/ナビゲーションが唯一、前年からの不具合指摘件数が悪化したカテゴリーとなった。

 ブランド別総合ランキングでは、トヨタが69PP100で1位となった。2位はスズキで71PP100、3位がダイハツで78PP100となった。4位のホンダ、5位の三菱自動車までが業界平均以上。5位が日産、6位がスバル、7位がレクサス、8位がマツダ、9位がMINI、10位がアウディだった。

15c54_900_c0ac60779363ee5ea042864a7b578326
http://s.response.jp/article/2015/08/28/258821.html
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1440761829/
続きを読む

「車の免許を持っていない男性」を、女性はどう見る?…63.9%の女性が「ガッカリする」

1: @Sunset Shimmer ★
 最近は若者の車離れが深刻だと言われ、自動車免許を持っていない若者が増えつつあるようです。女性としては、そんな男性をどう思っているのでしょうか? そこで今回は、女性のみなさんにこんな質問をしてみました。

Q.正直、「車の免許」を持っていない社会人男性はガッカリする?
ガッカリする……63.9%
ガッカリしない……36.1%

・「地方なので、免許なしだとどこにも行けない。ありえない」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ドライブデートができないなんてガッカリ」(26歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「車がないと生活できない地域に住んでいるから」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

150528_carman
http://news.biglobe.ne.jp/trend/0828/myw_150828_6303762178.html 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1440780918/
続きを読む

スズキ フォルクスワーゲンとの提携解消へ

1: @TwilightSparkle ★
 自動車メーカーのスズキが、ドイツのフォルクスワーゲンとの資本業務提携の解消を求めて国際仲裁裁判所に仲裁を申し立てていた問題で、スズキは国際仲裁裁判所がフォルクスワーゲンに対し、保有するスズキの株式を手放すよう命じる判断を示したと発表しました。 この結果、両社の資本提携関係は解消されることになります。

ho201508302001_50
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150830/k10010209721000.html 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1440919806/
続きを読む

ホンダ、ハイブリッドスポーツ「CR-Z」をマイナーチェンジ

1: 1級神2種非限定φ ★
 本田技研工業は、スポーツタイプのハイブリッドカー「CR-Z」をマイナーチェンジして10月19日に発売する。価格は、270万円~292万200円。今回のマイナーチェンジでは、タイプ構成をαとα・Master labelの2種に変更。フロントバンパー、フロントグリル、リアバンパー、サイドシルガーニッシュのデザイン変更や、電子制御パーキングブレーキ、「プッシュエンジンスタート/ストップスイッチ」などを採用するなど内外装を刷新している。

 また、走行性能の向上ため、リアトレッドを10mm拡大したほか、サスペンションのダンパー減衰力やバネレートを見直し。ブレーキディスクサイズを15インチにするとともに、キャリパーピストン径、マスターパワーシリンダー径も拡大することで、ブレーキ性能を向上したという。

 「シティブレーキアクティブシステム」「サイドカーテンエアバッグシステム(前席/後席対応)」と「前席用i-サイドエアバッグシステム(容量変化タイプ)」をセットにした「あんしんパッケージ」を設定し、
αにメーカーオプション設定、α・Master labelに標準装備している。

12_s
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20150827_718166.html
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1440683398/
続きを読む

ベンツが日本初のディーゼルハイブリット車「S 300 h」を発表 998万円から

1: キングコングニードロップ(東日本)@\(^o^)/
 日本初のディーゼルハイブリッドはベンツから登場! 価格は998万円からメルセデス・ベンツが、日本初のクリーンディーゼルハイブリッド乗用車「S 300 h」を発表しました。2.2リッター4気筒のBlueTECクリーンディーゼルエンジン(204馬力)に、 電気モーター(27馬力)を組み合わせた
ハイブリッドシステムを搭載するS 300 hのJC08モード燃費性能は20.7km/L(ロングボディは19.5km/L)となっています。

 また、メルセデス・ベンツSクラスには、すでに2種類のV6ガソリンエンジン・ハイブリッドもラインナップされていますから、同一のボディで3種類のハイブリッドパワートレインを持つクルマということにもなりました。

 ディーゼルエンジン単体でも500Nmの最大トルクを誇りますが、さらに250Nmものトルクを発生する電気モーターとハイブリッドしたことで、V8エンジン搭載車にも匹敵するパフォーマンスを示すといいます。さらに、モーターだけで発進できるためにSクラスに求められる静粛性も期待できるというのが、クリーンディーゼル・ハイブリッドのアドバンテージです。


no title
http://clicccar.com/2015/08/27/323820/ 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1440717282/
続きを読む