くるまとめ

車記事のまとめサイトです

2015年10月

スズキ、アルトワークスを参考出品 ターボエンジン&5速MT搭載

1: シャチ ★
 東京モーターショーの東ホールにあるスズキブースで、待望の「アルト ワークス」が参考出品車として展示された。参考出品となっているが、現行車の展示と同じ場所にあるのでクルマを間近に見られるのはもちろん、車内に乗り込むことも可能だ。

 さて、気になる仕様についてだが、「アルト ターボRS」と比べて外観ではフロントグリルの形状変更、ボディーカラーはシルバーを採用している。内装に関しての大きなポイントは運転席、助手席にレカロ製シートを採用しているところ。フロアマットは「WORKS」ロゴが入った専用品が使われていた。リアシートはRSと同じ形状となっている。ダッシュボード、コンソール、ドアトリムまわりはシンプルに黒を基調にしている。

 そしてシフトノブは5速パターン入り。解説によるとシフトストロークはスポーティなフィーリングを求めてショートストロークになっているという。足下を見るとスポーティなデザインの3ペダルが採用されている。シートに座って各ペダルを操作してみたが、配置は自然。スムーズに操作ができる間隔になっていた。エンジンに関してはアルト ターボRSと同じく、直列3気筒658ccインタークーラーターボ「R06A」が搭載されていた。スペックに違いはないようだ。そして駆動方式は2WD(FF)のみとなっていた。スズキのブースは東ホールの一番奥となる東03。現地へ行かれる方はアルト ワークスも見逃さずにチェックしていただきたい。

no title
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151028-00000124-impress-ind 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1446030495/
続きを読む

ホンダ2代目NSXを公開 ハイブリッドで静寂発進

1: 小助 ★
 ホンダは、第44回東京モーターショーに出展する高級スポーツカーの2代目「NSX」の実車走行を報道公開した。バブル景気に沸いた1990年に登場し、あこがれのクルマとなった初代NSXが生産停止となってから10年。購入者が一部の富裕層に限定されるバブルカーの復活は、アベノミクスによる「日本の経済回復の象徴」となるのか。その売れ行きが注目される。

 24日の報道公開では、栃木県芳賀町にある本田技術研究所のオーバルコースで、体験試乗も行われた。モーター3機を搭載して左右の前輪にそれぞれ独立したモーターが付いたハイブリッド車としたことにより、静粛性を確保。電動発進することで騒音をまき散らすことなく、スポーツカーとは思えないほど滑らかに走り出すことができる。

 一方で、メインの新開発ガソリンエンジン(3.5リットルツインターボ)は初代モデルと同様に車体中央のミッドシップに配置。背中から響いてくる「エモーショナルサウンド」(技術担当者)を心地よく、体感することもできる。先行発売する北米での価格は約15万ドル(約1800万円)。ましてや、2人乗りだ。購入の選択肢の一つにさえ、気軽に挙げられる類いの車ではないだろう。ただし、ホンダにとっては象徴的な一台となる。報道公開ではほかに今年4月に発売した軽スポーツ「S660」も登場。こちらは200万円前後の「庶民派」スポーツカーで、初代NSXと同時期の91年に登場した「ビート」をほうふつとさせる。新世代を象徴する2車種を眺めつつ、ホンダのある技術担当者はしみじみとつぶやいた。「NSXとS660。これで、ホンダらしいラインアップが戻ってきた」

no title
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151027-00000001-maiall-bus_all 
用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1445960166/
続きを読む

MINI コンバーチブル 新型に「クーパーS」…2.0ターボは192馬力

1: ヒップアタック(東日本)@\(^o^)/
 BMWグループのMINIが東京モーターショー15で初公開する新型『MINIコンバーチブル』。同車の高性能グレードが、「クーパーS」となる。クーパーSのパワートレインは、3ドアの新型MINIハッチバックと共通。歴代MINIコンバーチブルにとって、初の2.0リットルユニットが搭載された。

 直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力192hp/5000-6000rpm、最大トルク28.6kgm/1250-4000rpmを発生。オーバーブーストモードでは、最大トルクは30.6kgmへ向上する。

 トランスミッションは6速MTと6速ステップトロニック。欧州仕様の場合、0-100km/h加速7.1-7.2秒、最高速228-230km/hのパフォーマンスを実現する。内外装は、高性能なクーパーSらしい雰囲気。外観は、メッシュパターンのフロントグリルをはじめ、アルミホイールなどが専用デザイン。
室内には、スポーツシートが標準装備されている。

no title
http://response.jp/article/2015/10/26/262770.html 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1445925634/
続きを読む

3輪ロードスター スリングショット、日本初公開

1: ヒップアタック(東日本)@\(^o^)/
 ホワイトハウスオートモービルは、米国ポラリス社の3輪ビークル「スリングショット」を10月28日より開幕する「東京モーターショー2015」にて日本初公開する。スリングショットはフロント2輪、リア1輪のスリーホイールロードスター。ロー&ワイドのスタイリングで、アスファルトのフィーリングを体感できるスポーツモデルだ。

 753kgの軽量ボディに、最高出力173psを発生する2.4リットルDOHCエンジンを搭載。5速MTとの組み合わせで、クルージングからハイスピードランまで、一体感あふれるドライビングを実現する。さらにESC(横滑り防止装置)やABS、トラクションコントロールを標準装備し、高い安全性も確保する。同社では普通自動車としてナンバーを取得し、2016年初頭に国内販売の開始を予定している。

no title
http://response.jp/article/2015/10/27/262875.html 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1445927520/
続きを読む

アウディ初のPHEV、A3スポーツバックe-トロン…11月12日より販売開始

1: ヒップアタック(東日本)@\(^o^)/
 アウディ ジャパンは、アウディ初のプラグインハイブリッド(PHEV)『A3 スポーツバック e-トロン』について、11月12日から全国の正規ディーラー(117店舗)の中のe-トロン店(55店舗)を通じて販売を開始すると発表した。

 A3スポーツバック e-トロンは、最高出力150psを発揮する1.4リットル直噴ターボエンジンと80kWの電気モーターによるハイブリッドシステムを採用。PHEV用に開発した6速Sトロニックとの組み合わせで、ハイブリッドモードで23.3km/リットル(JC08モード)の低燃費を実現するほか、EVモードではフル充電で52.8km(国土交通省審査値)の走行を可能にしている。

 なお、A3 スポーツバック e-トロンの諸情報をリモートで確認できる「アウディ コネクト e-トロン サービス」も、11月12日から提供を開始。モバイル機器やmyAudiポータルサイトを利用することで、車両駐車地点、EVバッテリーの充電レベル、EVモードでの航続可能距離、ドアロックやライト点灯状況など、車両の様々な情報を確認することができる。価格は564万円。車両購入に際しては、最大61万円のクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費が適用される。

no title
http://response.jp/article/2015/10/26/262791.html 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1445925432/
続きを読む

シボレー カマロ 新型に「パフォーマンスパーツ」…スポーツ性が向上

1: ヒップアタック(東日本)@\(^o^)/
 米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドは11月、米国ラスベガスで開催されるSEMAショー15において、新型『カマロ』の「パフォーマンスパーツ」を初公開すると発表した。パフォーマンスパーツは、新型カマロ用にシボレーが開発した新たな純正用品。カマロの走行性能を引き上げるべく、開発が行われた。今秋の新型カマロの米国発売に合わせて、設定される。

 新型カマロに用意されるのは、パフォーマンスエグゾースト、サスペンションキット、ブレンボ製ブレーキ、エアインテーク、エンジンカバーなど。パフォーマンスエグゾーストは、V型6気筒とV型8気筒の両ガソリンエンジンで選択可能。スポーティなサウンドが追求される。

 サスペンションキットは、車高が20mmダウン。見た目だけでなく、乗り心地やパフォーマンスにも配慮したローダウンサスペンションとなる。ブレンボ製のブレーキは、フロントのキャリパーが4ピストンおよび6ピストンの2種類。ローターは370mmと大径で、優れた制動力を発揮する。

no title
http://response.jp/article/2015/10/26/262846.html 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1445924946/
続きを読む