くるまとめ

車記事のまとめサイトです

2016年03月

自動車盗難、ワースト1位「プリウス」 2位「ハイエース」 3位「ランクル」 4位「アクア」 5位「クラウン」

1: 海江田三郎 ★
 日本損害保険協会が発表した「第17回自動車盗難事故実態調査」の結果を基に、盗難被害が多い車種、車上ねらいや部品盗難被害の傾向などを見てみましょう。2016年3月22日、日本損害保険協会が、「第17回自動車盗難事故実態調査」の結果を発表しました。これは2000年から同協会が実施しているもので、今回の調査は、損害保険会社24社が、2015年11月に保険金を支払った自動車盗難、車上ねらい、部品盗難事案を集計したものです。

 調査結果によると、自動車盗難被害は前回調査(2015年11月)に比べ、件数そのものは60件減少し312件となっています。車種別の盗難状況は、ワースト1位がトヨタ「プリウス」、2位がトヨタ「ハイエース」、3位がトヨタ「ランドクルーザー」となっており、ワースト上位3位とも前回調査と同様の順位という結果になっています。ただし、盗難件数に占めるワースト上位3車種の構成比は、前回調査に比べ4.8ポイント増の44.9%に上昇しています。また、プリウス、ランドクルーザーの盗難件数は減少した一方、ハイエースは3割強も増加しており、ワースト1位に迫る件数にのぼっています。

 一方、車上ねらいや部品盗難の被害件数は、前回調査と比べて44件少ない582件(うち、保険金支払い事案の調査件数は490件)となっています。被害品ごとの件数を見てみると、前回調査で3位に位置していたタイヤ・ホイールは6割強も減少。その他もおおむね減少傾向にあるようですが、外装部品(バンパー・ドアミラー等)や金銭・カード(ETCカード除く)、スポーツ用品(ゴルフバッグ等)は増加傾向を見せています。

column-20160324-1
http://www.bang.co.jp/cont/column-20160324/ 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1459140269/
続きを読む

バイク人気、ブームが去り最盛期の8分の1まで販売落ち込む…“世界トップのバイク生産国”日本でなぜ低迷?

1: いちごパンツちゃん ★
 国内でのかつてのバイクブームが去り、販売業界は「もう一度復活を」と懸命の巻き返しに動いています。バイク不振の背景は、免許制度の壁、規制強化、安全教育の不在、不況や若者の趣味の多様化など多岐にわたり、「その多くは法規制が絡むがんじがらめの世界」と嘆きの声は高まる一方。

 世界トップのシェアを誇るバイク生産国の日本で、規制緩和や経済刺激策に逆行する動きが収まらないのはなぜか。3月25日から3日間、東京ビッグサイトで開かれた第43回東京モーターサイクルショーで、その背景を探ってみました。

 東京モーターサイクルショーは、バイクメーカー各社や販売店の業界団体、パーツ・アクセサリー、バイク雑誌など関連メディア、レース関係、海外メーカーなど約100社が出展する年に1度の総合的な展示会。期間中、会場は若者から中高年まで幅広い来場者で熱気があふれていました。

AVOX0044
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160328-00000003-wordleafv-ind
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1459175022/
続きを読む

スバル車ファン祭典、初開催 「360」など1千台集合

1: リサとギャスパール ★
 スバル車をこよなく愛する「スバリスト」と呼ばれるファンら約2500人が27日、栃木県佐野市にある富士重工業の「スバル研究実験センター」に集まった。「スバル ファンミーティング」と銘打って同社が初めて開いたイベント。参加したスバリストたちは「てんとう虫」の愛称で親しまれた軽自動車「スバル360」などの愛車1千台を持ち寄った。

 集まったのは倍率3・4倍の抽選をくぐり抜けたスバリストたち。富士重工業の吉永泰之社長ら幹部や技術者も加わり、自動車談議に花を咲かせたり、普段は一般公開されていないテストコースを見学したりした。イベントの最後には、参加者たちが愛車に乗り、車列を組んで走る「パレードラン」もあった。

 1970年に売り出された小型車「スバル1300G」で群馬県高崎市から駆けつけた病院職員角田隆広さん(58)は「他社にはまねできない『水平対向エンジン』(シリンダーを左右に水平に配したエンジン)などのスバルらしさをいつまでも大切にしてほしい」と話した。

no title
http://www.asahi.com/articles/ASJ3W5DC8J3WULFA003.html 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1459071115/
続きを読む

ホンダ「ステップワゴン」まさかの苦戦の理由

1: 海江田三郎 ★
 ホンダが昨年4月に発売した5代目に当たる「ステップワゴン」が、思わぬ苦戦を強いられている。日本自動車販売協会連合会が発表した2015年の新車乗用車販売台数の月別ランキングから、同クラスのミニバンの下半期(7?12月)の数字を集計すると、直接のライバルとなるトヨタ自動車「ヴォクシー/ノア/エスクァイア」の3兄弟が計9万7540台、日産自動車「セレナ」が2万6921台に対し、ステップワゴンは2万9504台とトヨタの3兄弟に大きく水を空けられているだけでなく、2010年登場でモデル末期の現行セレナと拮抗している。

 今年2月の車名別販売台数でもステップワゴンは5684台でトヨタの3兄弟(計1万5858台)はおろかセレナ(6569台)の後塵も拝してしまった。1996年に登場した初代ステップワゴンは、横置きエンジンで前輪駆動、背が高く床の低い箱型キャビンという、現在の売れ筋ミニバンの定型を確立した画期的な車種だった。それまでの日本のワンボックス(1BOX)車は、エンジンを座席の下に置いて後輪駆動とする「キャブオーバー」と呼ばれるタイプが主流だったからだ。

 ステップワゴンは1997年から3年連続でミニバン新車販売台数第1位になった。2001年に登場した2代目は、トヨタや日産から競合車が登場したためもあり、頂点に君臨することはなく、全長を短く、全高を低めた3代目も支持はいまひとつだった。しかし2009年10月にデビューした4代目は、原点回帰の設計思想が評価され、2010年に再びミニバンナンバー1に返り咲く。しかし、今回の5代目ステップワゴンは新車投入から1年も経っていないのに初代や4代目のような新車効果が感じられない。いったい、なぜなのか。

no title
http://toyokeizai.net/articles/-/110965 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1459134667/
続きを読む

ハイブリッド車として蘇ったホンダ「NSX」 最新の生産ラインに潜入

1: ダイビングヘッドバット(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/
 ホンダが「NSX」をハイブリッド車として蘇らせ、米国の新工場で生産を開始した。高い精度と慎重さが要求されるスーパーカーの生産工場を、WIRED US編集部がレポート。ホンダの「NSX」(米国では「アキュラNSX」というブランド名で販売)が帰ってきた。

 同社の高級スポーツ車部門であるアキュラが、この伝説的なクルマをついに蘇らせたのだ。1990年に販売されたNSXは、性能に一切妥協のないスーパーカーをホンダがつくれることを証明し、カルト的なファンを獲得した。

 同社は2005年にNSXの生産を中止したが、2011年、ハイブリッド車として復活させることを発表していた。そして今、オハイオ州メアリーズヴィルにある20万平方フィート(約18,580平方メートル)の新しい工場で、NSXが生産ラインから少しずつ送り出されている。

nsx-concept-detroit
http://www.sankei.com/wired/news/160326/wir1603260003-n1.html
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1458984783/
続きを読む

レクサス、LFAのシートレザーを使用したペンケースを発売 価格は1万円

1: 海江田三郎 ★
 レクサスは、ライフスタイルコレクション「CRAFTED FOR LEXUS」の新作アイテムとして、『LFA』のシートレザーを使用したペンケースと、金子眼鏡のサングラス新モデルを3月22日よりINTERSECT BY LEXUS-TOKYOにて発売する。

 CRAFTED FOR LEXUSとは、レクサスのクラフトマンシップに共鳴する「若き匠」とのコラボレーションにより生み出される、ライフスタイルコレクション。アイテムの取り扱いはINTERSECT BY LEXUS-TOKYOとDUBAI限定となている。

 RoberuのペンケースはLFAのシートレザーを贅沢に使用し、柔らかな感触とハリのある外観を同時に実現。美しさと使い心地を両立させた仕上がりとなっており、レクサスのレザーを日常生活で感じられる一品だ。価格は1万円。金子眼鏡の新サングラスは、独自の技術により生み出された備長炭のフレームと、運転に適した偏光レンズを組み合わせ、軽さとかけ心地を両立。女性にも使いやすいモデルとして登場する。価格は3万8900円。

no title
http://response.jp/article/2016/03/22/271956.html 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1458968125/
続きを読む