くるまとめ

車記事のまとめサイトです

2016年04月

トヨタ、86の価格を半額程度に抑えた小型版「ベイビー86」を発売か

1: 海江田三郎 ★
 2015年東京モーターショーで注目を集めた、トヨタの新ライトウェイトスポーツカー『S-FR』は、 同じ「FR」「マニュアルミッション」のスポーツカー『86』の小型版、「ベイビー86」とも言える。その「S-FR」が市販へ向けて、現実味を帯びてきたと言う情報がレンダリング・スケッチと共に入って来た。

 スケッチからはフロントグリル、ヘッドライト、バンパーがリデザインされているようだが、キュート&スポーティーな、コンセプトモデルの意匠を継承するデザインとなることが予想される。  続きは記事ソース 

no title
http://response.jp/article/2016/04/28/274442.html 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1461894275/
続きを読む

トヨタ、燃料電池車量産へ ミライより100万円超安く

1: リサとギャスパール ★
 トヨタ自動車が、水素で走る燃料電池車(FCV)の量産型を、2019年にも売り出す計画を立てていることが分かった。現行の「ミライ」より100万円以上安い500万円台後半とする方向だ。東京五輪がある20年をめどに、FCVを世界で年間3万台以上売ることをめざす。 

 環境規制が米国や中国をはじめ世界各地で強化されつつあり、ハイブリッド車(HV)に続く「次世代エコカーの本命」と位置づけるFCVの普及を加速させる。15年度末で国内約80カ所にとどまる水素ステーションの整備をエネルギー企業などに促す。 続きは記事ソース

Toyota-FCV-concept-8
http://www.asahi.com/articles/ASJ4W4FPYJ4WOIPE00Q.html 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1461836167/
続きを読む

ランボルギーニとポルシェが徹底的にレストアした歴史的モデルを公開

1: クロイツラス(茸)@\(^o^)/
  4月6日~10日までドイツで開催されたクラシックカー・イベント「テクノクラシカ」で、フォルクスワーゲン・グループは2つのフラッグシップ・ブランドのヒストリックカー部門が、"修理"とは次元が異なる自社の"復元"プロジェクトを展示して存在感を示した。

  ポルシェは歴史的に有名な「911」を完璧にレストアして出展。逆にランボルギーニは製作途上で地金が剥き出し状態の「ミウラ」のボディを披露した。

no title
http://jp.autoblog.com/2016/04/14/lamborghini-miura-porsche-911-techno-classica/ 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1461737268/
続きを読む

ホンダ「アヴァンシア」が復活 ワゴンではなく、ホンダブランドの中国最上級SUVで

1: 海江田三郎 ★
  ホンダは北京モーターショーで、SUVの「アヴァンシア」を世界初公開した。ホンダブランドとしては中国で最上級SUVモデルとなる。

  中国でのホンダは、広州汽車との合弁の広汽ホンダと、東風汽車との合弁の東汽ホンダがあるが、「アヴァンシア」は広汽ホンダが製造販売する。「アヴァンシア」といえば、90年代から2000年代初めにかけて、日本で販売されたワゴン車がルーツ。北米向け「アコード」を、背の低いミニバンとワゴンをクロスオーバーさせた、当時としては斬新なデザインのクルマだった。 続きは記事ソース

20160425-10243522-carview-000-3-view
http://autoc-one.jp/honda/special-2686540/ 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1461675837/
続きを読む

トヨタ、レクサス新型「IS」を初公開 よりアグレッシブなデザインにマイナーチェンジ

1: 海江田三郎 ★
 レクサス(トヨタ自動車)は4月25日(現地時間)、「第14回北京モーターショー」(4月25日~5月4日開催)の会場でマイナーチェンジした新型スポーツセダン「IS」を世界初公開した。

 ISは、スポーティな走りとデザインによりレクサスブランドのシェア拡大に大きく貢献してきたスポーツセダン米国、欧州、日本などでは購入者の半数以上が新規ユーザーで、若年層を中心にレクサスユーザー層の拡大を図っていく重要なモデルに位置付けられている。そのなかでもISの購入理由で最も多かったのがエクステリアデザインだったことから、新型ISではキーワードに“Aggressive Sports”を掲げてデザイン面をさらに進化。

no title
http://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/beijing2016/20160425_754933.html 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1461561807/
続きを読む

マツダ、新型クロスオーバーSUV「CX-4」初公開 スカイアクティブ&魂動デザインを全面採用

1: 海江田三郎 ★
 マツダは、25日から開幕した「北京モーターショー2016」において、昨年の東京モーターショーなどでもコンセプトカーとして出展していた「越(KOERU)」の市販版、新型クロスオーバーSUV『マツダCX-4』を世界初公開した。

 マツダ『CX-4』は、マツダの新世代技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)TECHNOLOGY」とデザインテーマ「魂動(こどう)」を全面的に採用した、マツダ新世代商品群の最新モデルであり、2016年6月に中国での発売を予定しているという。  続きは記事ソース

no title
http://autoc-one.jp/news/2682288/ 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1461564121/
続きを読む