くるまとめ

車記事のまとめサイトです

2016年04月

ポルシェが旧車のためにタイヤを開発し発売!なんと57年前のモデルも!お前らいつのポルシェが好き?

1: レッドインク(神奈川県)@\(^o^)/
 ポルシェAGは、特定の世代の車両に合わせて適切にチューンされたタイヤの開発やテストを行い、発売することを発表した。この中には、ピレリ社と協力して発売されたタイヤも含まれている。

 これまでに製造された全ポルシェモデルのうち約70%は、現代の基準においても走行可能である。これらに適合するタイヤへのニーズを満たすために今回開発された。

 新開発のタイヤは、その外観とプロファイルデザインの面で歴代のオリジナルタイヤに極めて類似しているが、走行特性に関しては、現代のタイヤに要求される基準性能を満たしている。1959年モデルから2005年モデルまでについて、合計32種類の新しいポルシェ推奨のタイヤが用意される。 続きは記事ソース

no title
http://autoc-one.jp/news/2677396/ 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1461565145/
続きを読む

イタリアの超高級車「マセラティ」をよく見かけるようになった理由

1: 海江田三郎 ★
 マセラティをご存じだろうか。フェラーリ、ランボルギーニと同じくイタリアのモデナという片田舎を発祥とするスーパーカーブランドだ。1914年創業という100年以上の歴史を持つ老舗で、現在は4ドアスポーツセダンの「クアトロポルテ」(イタリア語で4ドアの意味)、「ギブリ」に加えて2ドアクーペの「グラントゥーリズモ」、オープンタイプの「グランカブリオ」などのモデルをラインナップする。

 いずれも流麗で独特なスタイリングが目を引く。車両本体価格は900万~2500万円という超高級車だ。いかにも上品に見えつつも、それとは似つかわしくない迫力のある排気音やスーパーカーとしての荒々しい動力性能を持つ。  続きは記事ソース 

no title
http://toyokeizai.net/articles/-/114616 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1461491469/
続きを読む

ロードスター、100万台達成=生産開始から27年―マツダ

1: たんぽぽ ★
 マツダは25日、スポーツカー「ロードスター」の生産台数が22日に累計100万台を超えたと発表した。1989年4月に初代モデルの生産を始めてから27年で達成した。

 小型・軽量で流線型のデザインが特長のロードスターは、日本を代表するスポーツカーの一つ。2人乗り小型オープンスポーツカーの累計生産台数としては、既にギネスブックが世界一と認定している。  続きは記事ソース 

1st_Mazda_Miata
http://news.infoseek.co.jp/article/160425jijiX207?ptadid= 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1461572915/
続きを読む

308GTi ゴルフGTI Giulietta Audi S1 ルーテシアRS ミニJCW DS3 ABARTH 500 V40  ホットハッチの魅力

1: ジャンピングDDT(東京都)@\(^o^)/
 「ホットハッチ」。クルマ好き以外では、あまり耳にすることがない言葉かもしれない。これは、ハッチバックでありながら、スポーティーな走りができる車の総称である。代表格では、フォルクスワーゲンの『ゴルフGTI』が挙げられる。

■プジョー史上、最もパワフルなホットハッチ
 ラインナップは、270馬力の『308 GTi 270 by PEUGEOT SPORT』と250馬力の『308 GTi 250 by PEUGEOT SPORT』からなる。熱処理を施すことで強化をしたシリンダーブロックは、耐久性が向上。新型鍛造ピストンヘッドには、F1エンジンにも採用されているアルミ素材を採用した。また、ツインスクロールターボや耐高熱スチールエキゾーストマニホールドの採用により、常にユニットを高温状態に保つことで吸気効率を最大化。高効率・高出力を実現している。

no title
http://s.news.mynavi.jp/news/2016/04/20/476/ 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1461332831/
続きを読む

テスラに追随できるか!? 中国のLeEcoが自動運転の電気自動車を公開!

1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/
 LeEco(LeTVから社名変更)といえば、テレビやスマートフォンが売れている中国の企業だが、それだけではないことを世界中に知ってもらおうとしている。今年1月にアストンマーティンとの提携を発表したばかりの同社は4月20日、今度は同社初となる自動運転の電気自動車(EV)「LeSEE」を公開した。

 発表イベントの会場で、LeSEEはせり出したステージの先端に設置されたコンテナから登場し、スペースは限られていたため速度は抑えられていたものの、チャ・ユエティンCEOがスマートフォンアプリを使った音声操作による自動運転と自動駐車の機能をデモンストレーションした。スペックについては明らかにされておらず、現在はまだコンセプトカーの段階だが、手応えのある
スタートを切ったと言えるだろう。  続きは記事ソース

no title
http://jp.autoblog.com/2016/04/22/chinas-leeco-teases-its-very-own-autonomous-electric-car/
引用元: ・http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1461409902/
続きを読む

ダイハツのハイブリッドカー「メビウス」 2017年初頭に登場か

1: ジャンピングDDT(東京都)@\(^o^)/
 次期メビウスの公式アナウンスは2016年現在まで何もありません。しかし、発売からもう3年。ベースとなっているプリウスαにいたっては登場してからもう5年もフルモデルチェンジがありません。マイナーチェンジこそ2014年に行われましたが、そろそろ新型が登場してもおかしくないという時期です。

 実際のところ、プリウスαはすでに次期モデルに向かって開発が着々と進められています。そして次期モデルでは、すでに2015年にフルモデルチェンジされた元祖プリウスに新しく本格採用された新コンセプト、TNGA(Toyota New  続きは記事ソース

no title
https://goin.jp/8150?page=2 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1461334801/
続きを読む