くるまとめ

車記事のまとめサイトです

2016年05月

4月の国内販売、スズキは2.6%減の4万8224台 ダイハツは4.1%増の3万7756台

1: 海江田三郎 ★
 スズキが発表した2016年4月の四輪車生産・国内販売・輸出実績によると、世界生産台数は前年同月比1.4%減の25万0465台で、6か月連続のマイナスとなった。

 海外生産はインド、ハンガリー、タイなどで増加し、同7.1%増の18万1523台で2か月連続のプラスとなったが、国内生産は国内・輸出向けともに減少し、同18.5%減の6万8942台と14か月連続のマイナスだった。  続きは記事ソース 

10552035_201602
http://response.jp/article/2016/05/30/276037.html 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1464599078/
続きを読む

なぜ近年の「新型車」はヒットし辛いのか、販売ランキングに見る“新型車不振”の理由

1: 海江田三郎 ★
 昨年、2015年度の販売ランキングを見ると上位の車種には発売されてから“3~4年を経たクルマ”が目立ち、ここ1年の間に発売された新型車が少ない。なぜ近年は新型車がヒットし辛いのか、その理由を探ってみよう。まず、2015年度(2015年4月~2016年3月)における小型・普通車、そして軽自動車をすべて合算したランキングTOP20は、以下の通り。

>>2015年度 新車販売ランキングトップ20 全ての車種のフォトギャラリーはこちら
2015年度(2015年4月~2016年3月)新車販売ランキングトップ20
1)トヨタ アクア/192,399台 [2011年12月]
(2)ホンダ N-BOX/172,614台(N-BOXスラッシュと同プラスを含む)[2011年11月]
(3)トヨタ プリウス/155,950台(プリウスαと同PHVを含む)[2015年12月]
(4)ダイハツ タント/155,768台 [2013年10月]
(5)日産 デイズ/140,413台(デイズルークスを含む)[2013年6月]
(6)ホンダ フィット/112,007台 [2013年9月]
(7)トヨタ カローラ/108,392台 [2012年5月]
(8)スズキ アルト/106,852台(アルトラパンを含む)[2014年12月]
(9)スズキ ワゴンR/100,461台 [2012年9月]
(10)ダイハツ ムーヴ/99.466台(ムーヴコンテを含む)[2014年12月]   続きは記事ソース  

Toyota_Aqua_G's
http://autoc-one.jp/special/2723589/ 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1464484497/
続きを読む

7年目で手取り10万円…自動車整備士の給与が安すぎると話題 「冗談だろ?バイトだよな?」「生きていけるの?」

1: いちごパンツちゃん ★
 自動車大国ニッポン。その車を整備しているのが国家資格を持つ自動車整備士だが、責任の重さとは裏腹に、低賃金の実態があるようだ。

 5月25日、自動車整備士1年目だという人物がツイッターに自身の給与明細を投稿した。手取り額は14万1654円。「車好きなら整備士になるのやめましょう」と呼びかけた。確かに少ないが、これに対して7年目だという自動車整備士が「多いほうやな」と反応した。

 「こちらが残業なしでガソリン代を1万弱引かれたディーラー整備士7年目の給与支給額になります」と投稿した給与明細の差引給与額は10万8366円だった。  続きは記事ソース

no title
http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/cc-4679/1.htm 
引用元: ・http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1464438495/
続きを読む

中国が車の上を走る「超巨大バス」を発表 最大1200人乗車可能 年内にも試験走行開始

1: 海江田三郎 ★
 車体は前から見ると「円」の字のような形をしており、上半分が車輌、足の部分がトンネル状になっている。バスの乗客は上の車両に乗り込む。そして、足のトンネルはというと、ほかの自動車が通り抜けられるようになっているのだ。道路を立体的に使い、大量の人を運びながら、渋滞の原因にもならない工夫がされているのである。

 この構造、どこかで見たことがあるぞ! 映画『機動警察パトレイバー 2 the Movie』の、橋がミサイル攻撃される直前のシーンだ。クルマで渋滞する道を、中国1200人バスのような構造をした警察車両がサイレンを鳴らして走るシーンがあった!近未来な話だと思っていたが、実用化される時代がついに来たのか!!

 ・2016年には試験運転の予定
この「1200人バス」の名称は「Transit Elevated Bus(TEB)」、中国語ではバスと地下鉄をかけあわせた「巴鉄」とも呼ばれている。「巴鉄」は、巨大な輸送力もさながら、建設コストも地下鉄の5分の1以下。1年あれば完成するそうだ。平均時速40キロ、1日に40万人を運ぶことができると期待されている。 続きは記事ソース 

no title
http://rocketnews24.com/2016/05/26/752964/  
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1464306910/
続きを読む

マニュアル車で異例の購入率9割 アルトワークスの快挙でMT人気が復活?

1: 海江田三郎 ★
 いつの頃からかオワコン扱いされてきたMT車。しかし近年、注目のモデルが次々に登場したこともあり、MT車の魅力が見直され始めているのだ。

 人気を牽引する国産車は? イマドキMT車の実態とは!? ATに惨敗してきたMTに光が…。* * *昨年12月、MTの設定や専用チューニングされた足回りを備えるアルトワークスがアルトのラインアップに追加された。名車の復活を喜んだ旧モデルのファンも多いが、現在、その販売比率が異様なことになっているそうだ。

 「お客さまから数多くのご要望をいただき、5速MT車を発売しました。直近では販売の約9割がMTで、購買層は40代の男性が中心ですね」(スズキ広報部・小林氏) MT率9割と言われても、いまいちピンとこないが…そこで「いやいや、これはスゴい数字ですよぉぉぉ!」と、熱く登場してくれたのは、2台の愛車がどちらもMTという自動車評論家のマリオ高野氏だ。

no title
http://wpb.shueisha.co.jp/2016/05/26/65772/ 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1464222224/
続きを読む

自転車が盗まれそうになると爆発する装置が登場

1: 海江田三郎 ★
 イギリスのYannick Read氏が爆発音でバイクや自転車の盗難を知らせる装置「BIKE MINE」製品化に向け、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金調達を開始しました。

 「世界で一番うるさい警報装置」をキャッチコピーとしているだけに、盗難に遭うと警告音のかわりに150デシベルにも達する大きな爆発音がさく裂します。国土交通省の資料によると、電車のガード下で100デシベルであるため、単純にその1.5倍の大きさとなります。

 装置は非常にシンプルで、チタン製ワイヤーとスプリングが組み込まれたトラップ、小さな爆発管で構成されており、取り付けもマジックテープを使って簡単にできるため、自転車やバイク以外の乗り物にも使うことができます。電源などありませんので、爆発するまではいつまでも使えるとのことです。  続きは記事ソース 

no title
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1605/21/news016.html 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1464263328/
続きを読む