くるまとめ

車記事のまとめサイトです

2016年09月

日産が新型車公開へ…マーチ 次期型か

1: レッドインク(catv?)@\(^o^)/
 【 フランスで9月29日に開幕するパリモーターショー16。同ショーにおいて、日産自動車が新型車を初公開する。

 これは9月22日、欧州日産が明らかにしたもの。「パリモーターショーへ、レボリューション」と題して、パリモーターショー16で、新型車をワールドプレミアすることを発表している。  】   続きは記事ソース 
続きを読む

カワサキ Ninja 250、600台限定の特別仕様…リアタイヤをワイド化

1: レッドインク(catv?【緊急地震:関東東方沖M6.2最大震度3】)@\(^o^)/
 【 カワサキモータースジャパンは、600台限定のフルカウルスポーツ『Ninja 250 ABS KRT(カワサキレーシングチーム)ウインターテストエディション』を11月1日より発売する。

 限定モデルは、ラジアルタイヤを装備しリヤのタイヤ幅は150mmにワイド化。迫力のリヤビューとグリップ性能を獲得しパフォーマンスの向上に貢献している。  】  続きは記事ソース 

16EX250MGF_KRT_rhl
http://response.jp/article/2016/09/21/282196.html
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1474589962/
続きを読む

ロータリーエンジン、なぜマツダのみが作り続けるのか?他社が作らない理由とは

1: きつねうどん ★
 【 ロータリーエンジンを自動車用エンジンとして世界で初めて実用化した会社は東洋工業株式会社(現在のマツダ株式会社)であることはよく知られています。

 軽量・小型、低振動、低騒音、高出力であることから、エンジンルームに制約の多いスポーツカーに主に採用されました。現代なら居室空間を大きく取るミニバンにも採用されてもよいほどです。しかし現実として現在も開発を続けている主だった企業はマツダのみです。これは何故なのでしょう。

 【理由その1】マツダがロータリーエンジンの特許を多く保有しているから  】  続きは記事ソース 

1280px-Mazda_rotary_engine
http://car-me.jp/articles/6542
引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1474459872/
続きを読む

ポルシェが電気で速くなる!? 新型パナメーラ 4 E-ハイブリッドは1407万円

1: 風船モコモコ ★
 【 今年6月末、ポルシェは第2世代のパナメーラをデビューさせた。今後、ハイブリッド版などもリニューアルされることは既に暗黙の了解となっていたが、その認識を裏付けるかのように、約2か月半後となる9月15日、最新のプラグインハイブリッド(PHV)システムを与えられた「パナメーラ 4 Eハイブリッド」が、ポルシェ本社より発表された。

 新生パナメーラ 4 Eハイブリッドにおいてパワーユニットの基幹となるエンジンは、新型パナメーラ 4Sと同じく2894ccのV型6気筒ガソリンツインターボ。エンジン単体では、最高出力440psと最大トルク550Nmを発生する新型パナメーラ 4S用よりは大幅に低められた最高出力330ps、最大トルク450Nmとなるが、それに最高出力136ps、最大トルク400Nmの電動モーターをカップリングさせることで、エンジンとモーターを合わせたシステム総出力では、実に462psのパワーと700Nmのトルクを獲得することになった。  】   続きは記事ソース  
続きを読む

テスラ「モデルS」をハッキング、中国研究チームが実演

1: brown_cat ★
 【 中国のセキュリティー研究チームが、米電気自動車(EV)メーカーのテスラモーターズ(Tesla Motors)の「モデルS(Model S)」をハッキングし、同モデルに存在する複数の脆弱(ぜいじゃく)性を公表した。米メディアが報じた。

 米CNBCの報道によると、中国IT大手の騰訊(テンセント、Tencent)がテスラ側にハッキングの事実を通知したという。これを受けてテスラは、問題を修正するパッチの配布を行っている。  】  続きは記事ソース 

TeslaModelSsedan
http://www.afpbb.com/articles/-/3101710 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1474493559/
続きを読む

「カブトムシ」8色から選べます VWがビートル改良

1: 風船モコモコ ★
 【 フォルクスワーゲン(VW)日本法人は21日、小型車「ザ・ビートル」を改良して売り出した。日本でも親しまれている丸いデザインはそのままに、外装色を8色、内装を4種類用意し、最大32通りの組み合わせから選べるようにした。

 曲線を強調した車体からついた「カブトムシ」という愛称が後に車名になったビートルは、1946年から販売されているVWを象徴する小型車。現行モデルは3代目で改良は4年ぶり。運転手のハンドルさばきなどから疲れ具合を検知し、音や表示で休憩を勧める機能などを充実させた 】  続きは記事ソース 

Osaka_Motor_Show_2013_(110)_VolksWagen_The_Beetle_Racer
http://www.asahi.com/articles/ASJ9P4SJZJ9PULFA00Y.html?iref=comtop_latestnews_01
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1474454968/
続きを読む