くるまとめ

車記事のまとめサイトです

2016年11月

まだ見かける?「シャコタン」「鬼キャン」愛車の改造はどこまでOKか

1: 海江田三郎 ★
 【 自動車の車高を低くする「シャコタン(車高短)」などの、ローダウン改造。暴走族の全盛期だった1980年代と比べるとその数は減っているが、今でも愛好家の一部で根強い人気を誇っている。サスペンションなどを改造して車高を低くするシャコタンのほかに、「キャンバー角(車を正面から見たときのタイヤの傾き)」を極端にして車高を低くする「鬼キャン」と呼ばれる改造もある。 

 こうした改造については、安全性の面などから問題視する声もあるが、法的には問題はないのか。道交法に詳しい長瀬佑志弁護士に聞いた。
 
 ●「ローダウン改造」の全てが違法となるわけではない「結論から言えば、全てのローダウン改造が違法となるわけではありませんが、国交省が定めた保安基準に適合しない場合は、道路運送車両法に違反することになります」長瀬弁護士はこのように述べる。どんな基準が定められているのか。「自動車は、国土交通省令で定める保安上、または公害防止その他の環境保全上の技術基準に適合するものでなければなりません。  】  続きは記事ソース 

DSC04135
https://www.bengo4.com/c_2/n_5381/ 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1480233220/
続きを読む

ゲートもロック板もないコインパーキング、じわりと増加中

1: ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★(★ 99b9-qd4x)
 【 車止めのロック板(フラップ)が無い代わりにナンバーを記録する「フラップレス」方式のコインパーキングが、全国でじわりと増えている。

 利用者にとっては、乗り越える段差がないため安心して止められると好評だ。管理者にとっても料金を払わずに逃げる不正利用が減り、故障や損傷の心配も少ないという。  】  続きは記事ソース 

Simple_CoinParking_Yokohama_Naka_City
http://www.asahi.com/articles/ASJCB5293JCBPPTB007.html  
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1480282866/
続きを読む

北米カーオブザイヤー2017、ヒュンダイの高級車「ジェネシスG90」など最終選考3台を発表 日本車は脱落

1: 海江田三郎 ★
 【 北米カーオブザイヤー主催団体は11月16日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー16において、「2017北米カーオブザイヤー」の乗用車カテゴリーの最終選考3台を発表した。北米カーオブザイヤーは今年で24回目。米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型車の中からベストな1台を選出する。

2017北米カーオブザイヤーの乗用車カテゴリーの最終選考3台は、以下の通り。

シボレー・ボルトEV
ジェネシスG90
ボルボS90

 GMの新型EV、シボレー『ボルトEV』に、韓国ヒュンダイの高級車ブランド、ジェネシスの最上級サルーン、『G90』と、ボルボカーズの新フラッグシップサルーン、『S90』新型の3台が残った。  】  続きは記事ソース 

no title
http://response.jp/article/2016/11/28/286081.html 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1480342124/
続きを読む

トヨタ・ミライで話題になった水素戦略はその後どうなっている?

1: 海江田三郎 ★
 【 2014年末にトヨタが量産燃料電池車「MIRAI」をデビューさせたとき、ほぼ2年に相当するバックオーダーを抱えたというニュースがあったのは覚えているだろうか。2016年11月時点でも注文から納車まで1年以上がかかる状況なのは変わっていない。

 まさに水素社会が到来するといったムードに自動車業界は包まれたかに思えた。その後、2016年春にはホンダから「クラリティFUEL CELL」が登場、少なくとも市販燃料電池車はライバル比較できる状況になった

 合わせてホンダは企業内での使用を前提とした「スマート水素ステーション」を発売(岩谷産業との共同開発)。当初は充填圧力35MPaだったが、2016年秋には70MPaのスマート水素ステーションの実証実験を開始している。充填圧力といえば、より多くの水素をタンクに充填できる82MPaの新規格水素ステーションも徐々に増えている。もともとゼロ・エミッション車のなかでは航続距離に優位性を持つ燃料電池車だが、そのアドバンテージはますます増している。  】  続きは記事ソース 

carlineup_mirai_grade_grade1_01_pc
https://www.webcartop.jp/2016/11/56692 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1480205342/
続きを読む

ホンダNSX(2016) vs 日産GT-R(2016) 結果は言うまでもないよねwww

1: アキレス腱固め(千葉県)@\(^o^)/ [GB]
 【   お馴染み、NSXドラッグ対決動画の最新動画

「新型NSX VS 日産GT-R」が公開されました!!

日産、ホンダが世界に誇るスポーツカー対決は

国産対決、、とは言い難いものの、日本を代表する   】

pure_exterior
http://honda-connect.com/
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1480123201/
続きを読む

車検切れ車、路上で取り締まり 18年度から新システム

1: rain ★
 【   国土交通省は、全国で推定20万台ほどが走っているとみられる車検切れの車を、路上で新システムを使って取り締まる方針を固めた。持ち運び可能なカメラでナンバーを読み取り、瞬時にデータと照合して車検切れかを判別、係員が警察と連携してその場で取り締まる仕組みだ。来年度に実証実験を行い、2018年度の本格運用を目指す。

 国交省によると、15年度末時点で登録が必要な車やバイク約8千万台のうち、約300万台が車検を受けず、廃車の手続きも取られていない。放置されているケースも多いが、国交省の調査では、約20万台がそのまま公道を走っているとみられる。   】    続きは記事ソース 

43dd36e7fc417ddc4e9fb7fdfd0ccb37
http://www.asahi.com/articles/ASJC161TYJC1UTIL05V.html 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1480166557/
続きを読む