くるまとめ

車記事のまとめサイトです

2017年04月

生産終了でも冷めぬモンキー愛 200万円超カスタムも

1: 紅あずま ★
 【 モンキーってご存じですか? ホンダの原付きバイク(排気量50cc)で、今年は発売50周年ですが、8月に生産が終了します。小柄で手を加えやすい独特の構造に魅せられた熱狂的な愛好家が各地にいます。一般にはあまり知られていない「モンキー愛」の世界を紹介します。

■子どもの代まで…

 「増えていくモンキーは子どもたちにいずれ引き継ぎ、守るよう言ってあります。妻からは『アホだね』と言われていますが」 】  続きは記事ソース 

Honda_Monkey_R
http://www.asahi.com/articles/ASK4P72XTK4POBJB012.html 
引用元: ・http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493306279/
続きを読む

アウディ 新型SUVのQ2発表 日本の道路事情に合致

1: 弥弥 ★
 【 アウディ・ジャパンは26日、同社最小の新型スポーツタイプ多目的車(SUV)「Q2」の受注を開始し、6月中旬に発売すると発表した。全長4.2メートル、全高1.53メートル、全幅1.795メートルで国内の多くの立体駐車場に入り、最小回転半径も5.1メートルと日本の道路事情に合わせた。

 Q2のエンジンは116馬力の1リットルエンジンと、150馬力の1.4リットルエンジンの2種類ある。1.4リットルエンジン搭載モデルの燃費は1リットルあたり17.9キロとなっている。  】  続きは記事ソース 

no title
https://mainichi.jp/articles/20170427/k00/00m/020/022000c#csidx70665de65b7cf769f46acc5a12a82c0
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1493211458/
続きを読む

日産、スポーツブランド「ニスモ」を強化 車種や販売台数を拡大へ

1: 鉄チーズ烏 ★
 【 日産自動車は25日、スポーツブランド「NISMO(ニスモ)」事業を強化すると発表した。日産車をもとに車体剛性など性能を高めたニスモ仕様モデルを現状の世界7車種(国内5車種)から平成37年までに2倍に拡大。世界販売は現状の年1万5千台から10万台に引き上げる方針だ。  】  続きは記事ソース 

no title
http://www.sankei.com/economy/news/170425/ecn1704250036-n1.html 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1493132634/
続きを読む

ホンダ 「CBR250RR」が爆売れ 3日で1年分の売上を突破

1: ニライカナイφ ★
 【 本田技研工業は4月25日、250ccクラスのスーパースポーツモデル「CBR250RR」(5月12日発売)について、4月18日の発表後3日間で3714台を受注したと発表。同モデルの年間販売計画台数3500台を上まわる好調な立ち上がりになったとしている。

 CBR250RRは、新世代の軽二輪スーパースポーツモデルとして、スタイリングデザイン、車体、パワーユニットのすべてを新設計。 】  続きは記事ソース 

no title
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1056795.html 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1493141751/
続きを読む

トヨタ博物館、2000GTを4台一緒に並べてみせます

1: ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★(★ 9997-gtPz)
 【 トヨタ博物館(愛知県長久手市)で25日、スポーツカーのトヨタ2000GTを4台一緒に並べる展示が始まる。新館2階の「バックヤード収蔵車展」(2回目)の新展示。

 トヨタ2000GTの販売から50周年を記念して企画された。様々な角度から眺められるよう、車が配置されている。  】  続きは記事ソース 

1967_Toyota_2000GT_01
http://www.asahi.com/articles/ASK4S6S47K4SOQIP00T.html 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1493071160/
続きを読む

スズキ・新型ワゴンRはなぜ全然売れないのか?販売台数はN-BOXに惨敗

1: ファイヤーボールスプラッシュ(東京都)@\(^o^)/[ニダ]
 【 一般社団法人全国軽自動車協会連合会によると、2017年3月の同車販売台数は1万3949台で第6位となり、トップのホンダN-BOXの2万6124台の約半分という厳しい状況だ。ワゴンRは6代目として2月に発売開始したばかりだが、一方のN-BOXは今年夏頃にフルモデルチェンジが噂されるモデル末期である。

 ワゴンRといえば、1993年のデビュー以来、軽ワゴン市場をけん引し、2016年末時点での累積販売台数は約440万台、このうち約280万台が現時点で保有されているという、軽自動車の王道である。スズキが配布した6代目の広報資料の1ページ目にも「軽自動車の真ん中、それがワゴンR」との記載がある。  】  続きは記事ソース 

no title
http://autoc-one.jp/suzuki/wagon_r/special-3296731/ 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1492841945/
続きを読む