くるまとめ

車記事のまとめサイトです

2017年05月

走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場

1: 自治郎 ★
 【 スバルは2017年5月24日、スポーツセダン「WRX STI」に大幅改良を施し、同年6月20日に発売すると発表した。

 今回の改良では、新電子制御マルチモードDCCDを採用し、車両のハンドリング性能を向上。さらに、新開発のブレンボ製18インチベンチレーテッドディスクブレーキや19インチアルミホイール&タイヤでコーナリングの限界性能を高めつつ、サスペンションの設定を最適化させ、操縦安定性とフラットな乗り心地を両立させたという。  】  続きは記事ソース 

no title
http://www.webcg.net/articles/-/36451 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1495626365/
続きを読む

トヨタ カムリ 新型、モデリスタ仕様もスタンバイ

1: 名無しさん@涙目です。(東日本)@\(^o^)/ [US]
 【 トヨタ自動車が、今夏発売予定の新型『カムリ』。これに合わせて、トヨタモデリスタインターナショナルから、カスタマイズアイテムが登場する。

 これは5月18日、トヨタモデリスタが公式Facebookページで明らかにしたもの。 】  続きは記事ソース 

no title
https://response.jp/article/2017/05/22/295011.html 
引用元:
・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1495415158/
続きを読む

マツダがロータリーエンジン搭載車RX-9を2019年度に市場投入へ、REレンジエクステンダーで燃費改善

1: ののの ★
 【 ついにマツダがロータリーエンジン(RE)を復活させる! 発売時期は2019年末。ロータリーエンジン50周年にあたる今年の東京モーターショーで、コンセプトカーを発表する可能性が高くなってきた。果たしてどんなクルマになるか? 現時点で判明している状況をレポートしてみたい。

 車種は2015年の東京モーターショーに出展された『RX-VISION』的な2ドアクーペになるようだ。以下、説明したい。まずロータリーエンジン最大の弱点が「燃費の悪さ」。したがってロータリーエンジンだけで走らせようとすれば、燃費を諦めなくちゃならない。現代においてそんなクルマは無理。そこで考えたのが三菱アウトランダーのようなPHEVや日産e-POWERなど、EVに発電用エンジンとして搭載するレンジエクステンダーだ。  】  続きは記事ソース 

img-figure11
http://autoc-one.jp/mazda/special-3332507/ 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1495197893/
続きを読む

フェラーリやマセラティが買える「高級車の自販機」

1: 荒波 ★
 【 シンガポールにこのほど、15階建てのガラス張りの建物を使った高級車の「自動販売機」が登場した。土地の少ない同国ならではのシステムで、スナック菓子を買うように画面に表示された車の写真を選択すると、自動昇降機で運ばれる仕組み。  】  続きは記事ソース 

no title
http://www.afpbb.com/articles/-/3128843 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1495185379/
続きを読む

58万円のBMW Motorrad…新型「BMW G 310 R」、6月1日発売

1: きつねうどん ★
 【 ビー・エム・ダブリューは、BMW Motorrad「BMW G 310 R(ジー・サンイチマル・アール)」を6月1日に販売開始する。

 普通自動二輪免許で運転できるサイズ。操作性に優れ扱いやすく、同時にスポーティなG 310 Rは、313ccのエンジンにより力強い走りを実現している  】  続きは記事ソース 

no title
https://internetcom.jp/202697/bmw-motorrad-bmw-g-310-r
引用元:
・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1495193080/
続きを読む

運転手不足の観光バスに光明 三菱ふそう、自動変速機搭載

1: 鉄チーズ烏 ★
 【 三菱ふそうトラック・バスは15日、大型観光バスに国内で初めて自動変速機を搭載したと発表した。アクセルを踏んだり離したりするだけで路面状況や車両の負荷に合わせて自動的に変速する。乗用車のような感覚で運転できるようにした。同社が電動トラックに続き、自動変速機や安全性能を高めたバスの開発を急ぐのは、運転手不足に直面するトラックやバス業界での将来の自動運転を見据えた布石でもある。

 同日、千葉県浦安市内の広大なヘリポートで開いた発表会で、10年ぶりに大幅改良した大型観光バス「エアロクィーン」と「エアロエース」を公開した。  】  続きは記事ソース 

Hamamatsukanko-superviewDD
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ15HE7_V10C17A5000000/ 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1494841967/
続きを読む