くるまとめ

車記事のまとめサイトです

テスラ

テスラ、自動運転機能を12月から段階的に提供へ…2017年中には完全自動運転が可能になる見込み

1: 曙光 ★
 【 Tesla Mortorsの最高経営責任者(CEO)Elon Musk氏は10月、今後生産する全車両にレベル5の完全自動運転をサポートするハードウェアを搭載することを明らかにした。その際、実際に自動運転機能を提供するのはまだ先になると述べていたが、いよいよこの12月から提供を開始するようだ。

 Musk氏は先週末、この「Enhanced Autopilot」機能の提供時期を尋ねるツイートに対し、「約3週間後」に開始予定だと回答した。ただし、数カ月をかけて段階的に機能が提供されるため、最初からいきなり完全自動運転が可能になるわけではなさそうだ。  】  続きは記事ソース 

519209497_21_1500_844-1
http://japan.cnet.com/news/service/35092853/
https://vimeo.com/192179727
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1480480346/
続きを読む

テスラ、生産する全車両に完全自動運転に必要なハードウェアを搭載へ…実際に搭載車両が公道上を走り始めている模様

1: 曙光 ★
 【 テスラモーターズは2016年10月20日、同社が生産する全ての車両に完全自動運転の実現に必要なカメラやセンサーなどのハードウェアを搭載することを発表しました。そんなハードウェアを搭載した車両が初めて公道上を走り始めている模様です。

 テスラが搭載を開始したカメラやセンサー、専用のコンピューターは「Hardware 2」または「HW2」と総称され、従来の車両の外観をほとんど変えることなく搭載されています。テスラでオートパイロットプログラムの責任者を務めるSterling Anderson氏は、初期に生産されたモデルXと、最新型でHW2を搭載したモデルXを並べて「どっちがどっちかわかりますか?」と画像付きでツイートしています。  】  続きは記事ソース

no title
http://gigazine.net/news/20161107-tesla-self-driving-autopilot-hardware/
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1478517356/
続きを読む

テスラ「モデルS」をハッキング、中国研究チームが実演

1: brown_cat ★
 【 中国のセキュリティー研究チームが、米電気自動車(EV)メーカーのテスラモーターズ(Tesla Motors)の「モデルS(Model S)」をハッキングし、同モデルに存在する複数の脆弱(ぜいじゃく)性を公表した。米メディアが報じた。

 米CNBCの報道によると、中国IT大手の騰訊(テンセント、Tencent)がテスラ側にハッキングの事実を通知したという。これを受けてテスラは、問題を修正するパッチの配布を行っている。  】  続きは記事ソース 

TeslaModelSsedan
http://www.afpbb.com/articles/-/3101710 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1474493559/
続きを読む

テスラがSUV電気自動車「モデルX」を日本で初めて発売、1回の充電で542キロ走行可能

1: 海江田三郎 ★
 【 アメリカの自動車メーカー「テスラモーターズ」は、多目的スポーツタイプの電気自動車を、今月から日本で初めて販売すると発表しました。

 アメリカの自動車メーカー「テスラモーターズ」が今月から販売するのは、多目的スポーツタイプの電気自動車「モデルX」です。  】  続きは記事ソース 

no title
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2866821.html 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1473690575/
続きを読む

居眠り運転? テスラモデルSで自動運転に任せて熟睡するドライバーが撮影される

1: 海江田三郎 ★
 自動運転車の基本的な考え方として、都市部の交通渋滞や乗員の安全性といった問題への
取り組みが挙げられる。ドライバーは運転を機械に任せ、自動運転車は前走車と安全な車間距離を保ちつつ車線の真ん中を走行し、急に障害物が現れた場合は自動でブレーキ作動させるという状況を目指しているわけだ。しかし、まだ我々の技術はまだそこまで到達していないため、ドライバーが常に注意している必要がある。

 ところが、文末の動画で見られるテスラ「モデルS」のドライバーは、それとは異なる理解の持ち主らしい。このドライバーは、安全運転の概念とはかけ離れたやり方で、半自動運転機能である「オートパイロット」を利用している。モデルSは渋滞の中、前のクルマに追尾して少しずつ進んでいるが、ドライバーは頭を横に傾けて完全に眠りこけているように見える。 続きは記事ソース 

maxresdefault
http://jp.autoblog.com/2016/05/26/tesla-model-s-driver-asleep-autopilot/ 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1464581922/
続きを読む

テスラのイーロン・マスクCEO、次のモデルは「ほぼ全ての人に手が届く価格になる」と発言

1: 海江田三郎 ★
 インターネットの世界では、テスラから発表された「モデル3」が熱狂を巻き起こしたばかりだが、同社のイーロン・マスクCEOは(相変わらず)もう先のことを考えている。先日ノルウェーを訪れたマスク氏は、これから発売する電気自動車(EV)に関する発言を行った。とはいっても、モデル3についての話ではない。モデル3が発売された後、さらに手頃な価格で小型のEVを発売する予定があるというのだ。マスク氏は次のように語っている。

 「多くの人に手が届くEVを世に送り出すことができて、今すごくワクワクしている。それに、今後はより手頃な価格の未来のクルマが発売されるだろう。例えば、モデル3は世界のほぼ半分の人達に手が届くように開発されたが、我々が4番目のモデルとして小さなクルマを発売する時には、ほぼ全ての人がEVを買えるようになるはずだ」  続きは記事ソース  

Tesla_Model_X_vin0002_trimmed
http://jp.autoblog.com/2016/04/30/musk-almost-everyone-afford-next-tesla/ 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1462068624/
続きを読む