くるまとめ

車記事のまとめサイトです

三菱

三菱ふそう 世界初 量産型「電気トラック」公開

1: みつを ★
 【 世界的に電気自動車の開発が加速する中、量産型としては世界で初めてとなる「電気トラック」が公開されました。

 この電気トラックは「三菱ふそうトラック・バス」が開発したもので、19日国内での最初の納入先となる「セブン-イレブン・ジャパン」が導入する車両が公開されました。  】  続きは記事ソース 

1508342276234
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171020/k10011183521000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1508444322/ 
引用元:http://www.mitsubishi-fuso.com/content/fuso/jp/news/news_content/20171019a.html
続きを読む

世界初 量産型の電動トラックを公開 三菱ふそう

1: ひぃぃ ★
 【 自動車の環境規制が厳しくなり、世界的に電気自動車の開発が加速するなか、大手トラックメーカーの三菱ふそうトラック・バスは、世界で初めて販売する量産型の電動トラックを公開しました。

 三菱ふそうトラック・バスは14日、アメリカのニューヨークで新たに開発した電動トラックを公開しました。これまでに電動トラックを専門に製造する企業はありましたが、自動車メーカーが量産タイプを販売するのは世界で初めてです。  】  続きは記事ソース 

no title
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170915/k10011140391000.html 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505452588/
続きを読む

ランエボ復活か 東京モーターショーでコンセプトカー登場?

1: サーバル ★
 【 三菱自動車の益子修CEO(最高経営責任者)が2017年6月23日に東京都内で開いた株主総会で、パジェロとランサーエボリューション(ランエボ)の次期モデルの開発について「夢は捨てたくない。

 V字回復を実現し、会社に余力が出た暁には挑戦したい」と発言したことが波紋を広げている。 】  続きは記事ソース 

48484
https://www.j-cast.com/2017/07/23303634.html
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1500772545/
続きを読む

ランエボ復活検討…三菱自社長「ブランド象徴」

1: シャチ ★
 【 昨年4月に燃費データ不正問題が発覚した三菱自動車の益子(ますこ)修社長兼最高経営責任者(CEO)は都内で開かれた定時総会で、株主から「不正を認定された会社の最高責任者であり、即刻辞めるべきだ」など、多くの叱責を受けた。

 一方で、熱狂的なファンがいるスポーツセダン「ランサーエボリューション(ランエボ)」の復活を三菱ブランドの象徴にする考えも示した。  】  続きは記事ソース 

N_drive_by_Fumio_Nutahara
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00050122-yom-bus_all 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1498218546/
続きを読む

三菱ふそう 新型スーパーグレート発売

1: 北村ゆきひろ ★
 【 三菱ふそうトラック・バスは5月15日、21年ぶりにフルモデルチェンジした大型トラック「スーパーグレート」の発売を開始した。

 グレード構成では基本仕様の「ECO」、「ECO」に採用率の高いオプションと安全装備を備えた「PRO」、「PRO」に快適装備を追加した「PREMIUM」の3ラインで展開。 】  続きは記事ソース 

ダウンロード
http://www.weekly-net.co.jp/manufacturer/post-13429.php
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1496675040/
続きを読む

運転手不足の観光バスに光明 三菱ふそう、自動変速機搭載

1: 鉄チーズ烏 ★
 【 三菱ふそうトラック・バスは15日、大型観光バスに国内で初めて自動変速機を搭載したと発表した。アクセルを踏んだり離したりするだけで路面状況や車両の負荷に合わせて自動的に変速する。乗用車のような感覚で運転できるようにした。同社が電動トラックに続き、自動変速機や安全性能を高めたバスの開発を急ぐのは、運転手不足に直面するトラックやバス業界での将来の自動運転を見据えた布石でもある。

 同日、千葉県浦安市内の広大なヘリポートで開いた発表会で、10年ぶりに大幅改良した大型観光バス「エアロクィーン」と「エアロエース」を公開した。  】  続きは記事ソース 

Hamamatsukanko-superviewDD
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ15HE7_V10C17A5000000/ 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1494841967/
続きを読む