くるまとめ

車記事のまとめサイトです

トヨタ

トヨタが「GRスープラ」の2021年モデルを発表 最高出力が従来モデルから14%アップ

1: 自治郎 ★
 【 トヨタ自動車は2020年2月13日(現地時間)、最高出力を高めるなどの改良を加えた「GRスープラ」の2021年モデルを、米フロリダ州デイトナで発表した。  】  続きは記事ソース 

no title
https://www.webcg.net/articles/-/42378 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1581685159/
続きを読む

水素で走るトヨタMIRAIの第2世代が発表に 1回充填で連続800km

1: 首都圏の虎 ★
    【   水素で走る電気自動車「トヨタ MIRAI」に、Newモデルが登場した。大きな改良点は水素タンクの容量増と発電効率のアップ。1回のフル充填で、継続走行距離が従来より30%延びている。    】    続きは記事ソース 
 
toyota-mirai-europa-1
https://techable.jp/archives/115612
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1579749478/
続きを読む

レクサス初のミニバン「LM300h」が発売。ファーストクラスのような豪華なシート価格は1,800万円

1: スタス ★
 【 レクサスは1月15日、ブランド初のミニバンの『LM』(Lexus LM)の詳細と価格を中国で発表した。ハイブリッドの「LM300h」グレードのみが設定され、現地価格は、116万6000元(約1870万円)から146万6000元(約2350万円)だ。  】  続きは記事ソース 

LM300h_Life-Style_image_1x1_11_2019-Shanghai-MS
https://response.jp/article/2020/01/17/330806.html
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1579518064/
続きを読む

新型ハリアー2020年5月下旬デビュー

1: 田杉山脈 ★
 【 日本でなかなか定着しなかったSUV人気を定着させた重要なモデルと言っていいのがトヨタハリアーだ。日本ではもはやSUVはブームではなく定番となってきている。

 現行ハリアーがデビューしたのは2013年11月だから2020年1月の時点で丸6年が経過、2020年5月に新型に切り替わることが濃厚と言われている。  】  続きは記事ソース 

harrier_01
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200117-00010000-bestcar-bus_all&p=1
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1579253003/
続きを読む

3日間で1000台突破! トヨタGRヤリス 購入層は40?50代男性 8割が上級グレード 「ヤリスRS」の噂も

1: 自治郎 ★
 【 1/10、東京オートサロン2020で初公開されたGRヤリス。10日午前10時から予約受付が開始されています。1月12日夕方までの3日間で受注台数が1000台を突破したことがわかりました。購入層は40~50代男性。  】  続きは記事ソース 

no title
https://www.autocar.jp/news/2020/01/14/464249/
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1579003159/
続きを読む

トヨタ、「マークX」生産終了…「マークII」登場から51年で幕

1: みんと ★
 【 トヨタ自動車は23日、セダン「マークX」の生産を終了し、1968年に登場した前身の「マーク2」から51年の歴史に幕を閉じた。高級車寄りのミドルクラスのセダンとして支持されたが、近年はスポーツタイプ多目的車(SUV)などの人気に押され、販売台数が減っていた。  】  続きは記事ソース 

markx_grade_grs_exterior_pic_1
https://news.livedoor.com/article/detail/17569235/
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1577095644/
続きを読む
月別アーカイブ