くるまとめ

車記事のまとめサイトです

トヨタ

トヨタ スープラ 次期型、これがいよいよ最終型か…LEDライト光る

1: 岩海苔ジョニー ★
 【 トヨタ スープラ 次期型 スクープ写真全 13 枚拡大写真BMWとの共同開発がおこなわれているトヨタ『スープラ』次期型。その最終プロトタイプを捕捉した。

 カモフラージュは重く、相変わらずディティールは不明だが、注目はヘッドライトだ。デイタイムランニングライトとして機能するフルLEDストリップライトを初めて装着しており、開発が最終段階に入っていることを匂わせる。  】  続きは記事ソース 

ea1923073de9922f69bdefc887123169-20170719125015
http://response.jp/article/2017/08/13/298584.html 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1502648901/
続きを読む

トヨタがマツダに出資(5%前後) EVを共同開発 全方位での提携で生き残りを図る

1: ばーど ★
 【 トヨタ自動車とマツダは資本提携する方向で最終調整に入った。トヨタがマツダに5%前後、マツダもトヨタに出資する案を軸に協議している。電気自動車(EV)の共同開発や米国内で新工場の建設を今後検討する。  】  続きは記事ソース 

maxresdefault-2-1024x576
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ03HKW_T00C17A8MM8000/?dg=1&nf=1
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1501792991/
続きを読む

中国でEV量産 「C-HR」などSUVベース 世界最大の市場で生き残りを図る 19年にも

1: ばーど ★
 【 トヨタがEVの量産に乗り出すのは初めて。大気汚染が深刻な中国では18年から環境規制が強化される予定で、自動車メーカーでは排ガスを出さないEVの開発競争が激化している。トヨタも環境対応を加速し、世界最大の市場である中国での生き残りを図る。

 車種については、16年12月に発売した「C-HR」など、車高が高くEV用の電池や部品を搭載しやすいスポーツ用多目的車(SUV)をベースにする方向だ。 】  続きは記事ソース 

img_67a0f38f0474adaedcb1511123b25ba7166109
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017072200361&g=eco
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1500706012/
続きを読む

さらば「セダン型タクシー」 トヨタのタクシー用クラウンが受注終了、今後はワゴン化

1: ニライカナイφ ★
 【 「飲みすぎで終電を逃して」「暑くて駅まで歩いていられない」。理由はさまざまだが、ちょっとしたときに利用したくなるのがタクシーだ。

 タクシーの車種といえば、真っ先に思い当たるのがトヨタの「クラウン」だろう。最大4名まで乗車可能で、前後ほぼ均等に張り出た、独特のボディフォルムはこれぞタクシーといった感じで無駄がない。トランクはゴルフバッグ3個、スーツケースは2個まで積載可能と見た目よりも荷物が入る。  】  続きは記事ソース 
no title
http://news.livedoor.com/article/detail/13359955/
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1500544952/
続きを読む

トヨタ、新開発したエンジンオイルを販売

1: ののの ★
 【 トヨタ自動車は11日、新開発したエンジンオイルを発売した。摩擦低減効果のある添加剤を採用するなどして摩擦係数を減らし、従来品に比べて燃費性能を約2.5%向上させる効果がある。トヨタ車の販売店や自動車用品店などで取り扱う。  】  続きは記事ソース 

001_o
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFD11H1J_R10C17A7L91000/ 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499778679/
続きを読む

レクサス新LSは安全機能満載! 自動で衝突回避も

1: ノチラ ★
 【 レクサスがフラッグシップセダン「LS」の新型モデルを日本で初披露した。2017年秋以降にフルモデルチェンジを実施する予定だ。現時点では、ガソリン仕様の「LS500」ハイブリッド仕様の「LS500h」の存在が明らかになっている。

 LSはレクサスの最上級セダンで、初代から3代目までは日本ではトヨタ「セルシオ」として販売され、4代目から日本でもLSとして販売されるようになった。5代目となる新型は11年ぶりの世代交代だけあって、あらゆる面を一新している。  】  続きは記事ソース 

4848
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1008498/071000822/
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1499752307/
続きを読む