くるまとめ

車記事のまとめサイトです

トヨタ

トヨタの新型SUV「C-HR」、発売1カ月で目標の8倍4万8000台受注

1: 海江田三郎 ★
 【 トヨタ自動車は1月19日、SUV(スポーツ多目的車)の新モデル「C-HR」について、発売から約1カ月で約4万8000台を受注したと明らかにした。月販目標台数(6000台)の8倍に当たり、好調な立ち上がりだという。

 受注の内訳はハイブリッド車が約3万7000台、ガソリンターボ車が約1万1000台。 】  続きは記事ソース 

no title
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1701/19/news099.html 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1484827962/
続きを読む

レクサス、「スーパーヨット」初公開…LC 用エンジン2基で900馬力

1: 海江田三郎 ★
 レクサスは1月12日、米国マイアミで開催したブランドイベント“Through the Lens”において、レクサス『スーパーヨット コンセプト』を初公開した。トヨタは1997年から、プレジャーボートの開発、生産および販売を行ってきた。これまでに約900隻のボートを日本国内で販売している。

 レクサス スーパーヨット コンセプトは、トヨタのマリン事業が20年目を迎えるにあたり、レクサスが車だけに留まらず、顧客に驚きと感動を提供するための新たな提案のひとつとして開発。

no title
http://response.jp/article/2017/01/13/288328.html 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1484314004/
続きを読む

トヨタ、小型車「ヴィッツ」にHVを追加 燃費4割アップのリッター34キロ超

1: 海江田三郎 ★
 【 トヨタ自動車は12日、小型車「ヴィッツ」に、エンジンとモーターを併用するハイブリッド車(HV)を追加して発売したと発表した。排気量は1・5リットルで、ガソリン1リットル当たりの燃費は34・4キロメートルと 】  続きは記事ソース 

no title
http://www.sankei.com/economy/news/170112/ecn1701120022-n1.html 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1484216502/
続きを読む

トヨタ、TNGA採用でスポーティセダンに生まれ変わった新型「カムリ」を発表 日本でも発売へ

1: 海江田三郎 ★
 【 「おお、カッコいいじゃないか!」。トヨタの豊田章男社長がじきじきに紹介し、ステージ上に登場した新型「カムリ」。会場内にいる大勢のアメリカ人たちから声が上がった。北米仕様のボディサイズは、全長4859mm×全幅1839mm×全高1440mm、ホイールベースが2826mm。前モデルと比べると、少し小さく見えるほどボディの凝縮感が強い。

 過去15年間に渡り、アメリカの乗用車販売トップに君臨してきた「カムリ」。ミッドサイズセダンの王道であるがゆえに、デザインで大きな賭けをしたことはなかった。それが、今回は一気にスポーティセダンへと変貌したのだから、会場につめかけたメディアが実車を見て驚くのも当然だ。  】  続きは記事ソース 

no title
http://autoc-one.jp/toyota/camry-hybrid/special-3102106/ 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1484047140/
続きを読む

レクサス、11年振りにフルモデルチェンジした新型「LS」を発表

1: 海江田三郎 ★
 【 レクサスは9日、現在デトロイトで開催中の北米国際オートショーにおいて、11年振りにフルモデルチェンジしたフラッグシップ・セダンの新型「LS」を発表した。 
 日本ではトヨタ「セルシオ」と呼ばれた初代が1989年に登場して以来、5代目にあたる新型LSで一見して分かる最大の特徴は、新開発の「GA-L(global architecture for luxury vehicles)」プラットフォームを採用することで実現したという低く構えたスタイリング。これをレクサスでは「クーペシルエット」と呼ぶ。  】  続きは記事ソース 

no title
http://jp.autoblog.com/2017/01/09/2018-lexus-ls-turbo-v6-redesign/ 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1484006368/
続きを読む

トヨタが『コンセプト-愛i 』初公開…人工知能で人を理解

1: 海江田三郎 ★
 【 コンセプト-愛iは、人工知能により人を理解し、ともに成長するパートナーとして、人とクルマの新たな関係を創造することを狙ったコンセプトカー。感情認識や嗜好性蓄積といった「人を理解する」技術を、自動運転やエージェント技術と組み合わせることで、ドライバーに対して、安全・安心と移動の楽しさを充実させる新たな体験を提供する。

 車両のデザインは、トヨタの米国のデザイン拠点Caltyが担当。車体外装にまでインパネ意匠が連続するシームレスなスタイリングが特徴。 】  続きは記事ソース 
no title
http://www.rbbtoday.com/article/2017/01/05/148384.html 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1483587779/
続きを読む