くるまとめ

車記事のまとめサイトです

マツダ

RX―7の魅力

1: スレロンダ茨城とは別人です ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [US]
 【 マツダのロータリーエンジン(RE)搭載車の生産台数は計199万7千台余り。そのうち約4割を占めるのが歴代「RX―7(セブン)」だ。漫才コンビ「笑い飯」の哲夫さん(43)は16年前に生産が終了した3代目「FD」に乗り続けている。なぜセブンなのか。思いを聞いた。  】  続きは記事ソース 

Mazda_RX-7_police_car_of_Niigata_Prefecture_Police
https://www.asahi.com/articles/ASKD66QPGKD6UEHF00G.html 
引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1519116662/
続きを読む

マツダ、簡易型ハイブリッド車発売へ モーターだけでは走行出来ないが、価格を抑えるという

1: シャチ ★
 【 マツダは、2019年にマイルドハイブリッドと呼ばれる簡易型システムを搭載したハイブリッド車(HV)を発売する。

 自動車各社がHVや電気自動車(EV)に注力する中、マツダはエンジンにこだわる独自路線を続けてきたが、世界的な環境規制の強化で電動化に踏み切ることになった。  】  続きは記事ソース 

mazda-skyactive-diesel
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00050065-yom-bus_all 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1518773403/
続きを読む

マツダ・CX-8大ブレーク 販売予定の10倍受注 やはり3列シートが求められていた

1: ハンバーグタイカレー ★
 【 マツダ・CX-8が発売後約1カ月となる2018年1月15日までに、月間販売予定台数の10倍、12,000台を受注したという。この大ブレークをどのように評価したらよいのだろうか?世界的にSUVの売れる台数が伸びている。日本ではミニバンがまだ人気があるが、世界ではSUVのようだ。

 また、マツダ・CX-8で注目すべきは、購買層として30歳代以下が40%と若い層が支持していることがわかる。ミニバンブームの中で成長してきた購買層が、自分が家庭を持った時にも「走る部屋」のイメージが強いのであろう。 】  続きは記事ソース 

no title
http://www.zaikei.co.jp/sp/article/20180124/422636.html 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1516830332/
続きを読む

予約受注7300台、発売前で目標の6倍 マツダ、3列SUV「CX-8」 想定以上に若いファミリー層を獲得

1: ばーど ★
 【 マツダは14日、同日発売した3列シートの新型スポーツ多目的車(SUV)「CX―8」の予約受注台数が発売前の約3カ月で月間販売目標(1200台)の約6倍となる7362台になったと発表した。輸入車を含めた国内の3列SUVの月間販売台数は3000台程度。規模が小さな市場の中で、上々の滑り出しとなった。  】  続きは記事ソース 

P1J11221s
https://newswitch.jp/p/11362
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513329805/
続きを読む

赤いほろが目印の「マツダ・ロードスターRED TOP」登場

1: 自治郎 ★
 【 マツダは2017年11月10日、「ロードスター」および「ロードスターRF」に一部改良を実施するとともに、ロードスターに特別仕様車「RED TOP」を設定し、同年12月14日に発売すると発表した。

 今回の改良では、ボディーカラーの追加設定や、機能装備の拡充などを行った。  】  続きは記事ソース 

1711100230510000
http://www.webcg.net/articles/-/37588 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1510393871/
続きを読む

電気自動車開発を加速 トヨタ、マツダ、デンソーが共同で新会社設立へ

1: かばほ~るφ ★
 【 世界的に自動車の環境規制が強まる中、需要の拡大が見込まれる電気自動車の開発を加速させようと、トヨタ自動車とマツダ、それに自動車部品メーカー最大手のデンソーは、開発を担う新会社を共同で設立する方針を固めました。

 トヨタ自動車とマツダは、これまで電気自動車を量産してきませんでしたが、ことし8月、互いに500億円を出資して資本提携することで合意し、電気自動車を共同開発する方向で検討を進めてきました。  】  続きは記事ソース 

Toyota_Prius_PHV_2
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170928/k10011159431000.html
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1506565281/
続きを読む