くるまとめ

車記事のまとめサイトです

マツダ

「マツダ ロードスター RF」、発売1カ月で目標の約10倍受注

1: 海江田三郎 ★
    【    マツダは26日、昨年12月22日に発売した「ロードスター RF」の累計受注台数が、1月23日時点で2385台になったと発表した。月間販売計画は250台で、約10倍に相当する。

 「ロードスター RF」は、電動格納式ルーフを採用したリトラクタブルハードトップモデルの2シーターオープンスポーツカー。グレード別の受注構成比は「S」が17%、「VS」が61%、「RS」が22%となっており、トランスミッション別ではAT(自動変速機)とMT(手動変速機)が約5割ずつとなっている。    】     続きは記事ソース 

no title
http://www.sankeibiz.jp/business/news/170126/bsa1701261227002-n1.htm 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1485423375/
続きを読む

マツダ、「ロードスターRF」予約開始…国産「デートカー」復活、エレガントさと開放感を両立

1: 海江田三郎 ★
 【 マツダは11月10日、電動格納式ルーフを採用した2シーター・リトラクタブルハードトップモデル『ロードスターRF』の予約受付を開始、12月22日に発売すると発表した。ロードスターRFは、ルーフから車両後端まで、なだらかに傾斜するラインが特徴的な「ファストバック」スタイルを採用。印象的なルーフ後部の形状とルーフの開閉に応じて開閉するリアウインドーによる新しいオープンエア感覚を実現している。

 また、電動ルーフはスイッチ操作のみで開閉できる仕様へと進化し、流れるような美しい開閉動作と約13秒という世界最短のルーフ開閉時間を実現。さらに限られたスペースに効率良く収納する構造により、ソフトトップモデルとほぼ同等の荷室容量を確保している。インテリアでは、やわらかな触感の革「ナッパレザー」を中間グレード「VS」のシート素材に採用。オーバーン(赤褐色)と組み合わせることで、落ち着きある洗練された室内空間を演出。最上級グレード「RS」には、ブラックのアルカンターラ素材をベースにレカロと共同開発したスポーツシートを装着する。 】 続きは記事ソース 
続きを読む

マツダ、新型ロードスター「スピードスター エボリューション」を初公開 重量わずか898Kgと軽量化

1: 海江田三郎 ★
 【 マツダの米国法人、北米マツダは11月1日(日本時間11月2日未明)、米国ラスベガスで開幕したSEMAショー16において、新型『ロードスター』の「スピードスター エボリューション」を初公開した。

 北米マツダは1年前のSEMAショー15において、新型ロードスターの「スピードスター コンセプト」を初公開。フロントのウインドスクリーンをなくしたスピードスターを提案した。今回のスピードスター エボリューションは、その進化版。

 ハイライトは、さらなる軽量化の推進。ブレンボ製の軽量ブレーキの採用やバッテリーをリチウムイオンに変更するなどして、昨年のスピードスター コンセプトに対して、およそ45kgの軽量化を果たす。車両重量は900kgを切り、898kgとした。  】  続きは記事ソース 

no title
http://response.jp/article/2016/11/02/284750.html 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1478092195/
続きを読む

マツダ、新型SUV「CX-5」を世界初公開へ 魂動デザインをさらに昇華、第2世代「SKYACTIV」も採用か

1: 海江田三郎 ★
 【 マツダは2016年10月27日、「ロサンゼルスオートショー2016」(プレスデー:11月16~17日、一般公開日:11月18~27日)において、中型SUV「CX-5」の新モデルを初公開すると発表した。

 新型CX-5は「今マツダが持つデザインと技術の全てを磨き上げ、あらゆる領域で『走る歓び』を深化させたクロスオーバーSUV」(同社)である。デザイン面では、「魂動(こどう)-Soul of Motion」のコンセプトをより高い次元へと昇華させることに挑戦。洗練と力強さを備えた、研ぎ澄まされた美しさを追求しているという。  】  続きは記事ソース 

no title
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1610/28/news079.html 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1477627514/
続きを読む

ロータリーエンジン、なぜマツダのみが作り続けるのか?他社が作らない理由とは

1: きつねうどん ★
 【 ロータリーエンジンを自動車用エンジンとして世界で初めて実用化した会社は東洋工業株式会社(現在のマツダ株式会社)であることはよく知られています。

 軽量・小型、低振動、低騒音、高出力であることから、エンジンルームに制約の多いスポーツカーに主に採用されました。現代なら居室空間を大きく取るミニバンにも採用されてもよいほどです。しかし現実として現在も開発を続けている主だった企業はマツダのみです。これは何故なのでしょう。

 【理由その1】マツダがロータリーエンジンの特許を多く保有しているから  】  続きは記事ソース 

1280px-Mazda_rotary_engine
http://car-me.jp/articles/6542
引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1474459872/
続きを読む

マツダ新型『アテンザ』を発表 上質でプレミアムなフラッグシップセダンに

1: 急所攻撃(東京都)@\(^o^)/
 【 マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、社長:小飼雅道、以下、マツダ)は、同社のデザインテーマである「魂動(こどう)Soul of Motion」並びに「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」を盛り込んだフラッグシップモデル『マツダ アテンザ』を商品改良し、8月25日より発売した。

 マツダは、2012年発売の「CX-5」以降に導入した新世代商品群において、人間の特性・感覚を徹底的に研究し、人間にとって気持ちの良い走りを追求してきた。 これを踏まえ車両の商品改良においても、この「人間中心の開発哲学」に基づいた技術を採用し、商品の価値を高めていくと表明している。  】   続きは記事ソース 

no title
http://motorcars.jp/improvement-mazda-the-atenza-adopt-the-design-and-technologies-that-stuck-to-the-sense-of-quality-as-the-flagship-model20160826
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1472216695/
続きを読む