くるまとめ

車記事のまとめサイトです

軽自動車

軽自動車で本当によかったこと!

1: Ψ
ブリジストンタイヤ四本新品交換でバルブ工賃込み三万円

俺からすると手間や時間考慮すると妥当な金額

Daihatsu_Mira_e-S_Gf
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1483020901/
引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1483020901/
続きを読む

4月の国内販売、スズキは2.6%減の4万8224台 ダイハツは4.1%増の3万7756台

1: 海江田三郎 ★
 スズキが発表した2016年4月の四輪車生産・国内販売・輸出実績によると、世界生産台数は前年同月比1.4%減の25万0465台で、6か月連続のマイナスとなった。

 海外生産はインド、ハンガリー、タイなどで増加し、同7.1%増の18万1523台で2か月連続のプラスとなったが、国内生産は国内・輸出向けともに減少し、同18.5%減の6万8942台と14か月連続のマイナスだった。  続きは記事ソース 

10552035_201602
http://response.jp/article/2016/05/30/276037.html 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1464599078/
続きを読む

キングオブ軽自動車といえば?

1: Ψ
ダイハツ ミラ?

20141218-20102308-carview-000-10-view
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1444622412/
引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1444622412/
続きを読む

軽自動車バブルは終了。自動車評論家がそう考える理由

1: 海江田三郎 ★
 軽乗用車の販売台数が急落している。7月の統計を見たら、消費税が8%になった後で販売厳しかった前年同月の78.3%という状況。売れ行き減少は深刻だと考えていいだろう。中でも想定外なのは、ホンダだと思う。これだけ多くの軽乗用車を揃えたのに、前年同月比73.5%。

 N-BOXを入れたのにN-BOXは前年同月比81.2%。N-WGNも同53.9%で、完全に埋もれてしまった。伊東体制の時に「日本は軽自動車に注力しよう!」と打ち出した戦略ながら、今や大きな赤字の原因になってしまっている(S660は現在の台数でも赤字じゃないそうだ)。ダイハツは鳴り物入りで発売したウエイクが大減速して2702台しか売れず。あれだけTVで宣伝してアピールしているにも関わらず、ユーザーが付いてこない。安心したのは、もはや背の高さ競争にならんということ。背の高いクルマを買うユーザーって、限られているんだと思う。

 興味深かったのは、素晴らしい自動ブレーキを装備したスペーシアが伸びない点。低性能なインチキレーダーブレーキをアピールしてきたため、凄さも認識されていないんだと思う。で、インチキレーダーブレーキのワゴンRとアルトが前年同月比で100%を超えている。どうでもいいお客さん多い?売れなくなった最大の理由は、軽自動車が欲しいユーザーにほぼ行き渡ったからだと思う。軽自動車を買う人はクルマを道具だと割り切っている。壊れるまで乗り換えない。下を見て13年くらい乗るでしょう。これからも軽自動車の販売は下降を続けていくと思う。軽自動車バブルは終了かと。

568
http://allabout.co.jp/newsdig/c/86400 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1439713180/
続きを読む

スズキとダイハツの軽2強、そろって最終減益 4月増税が国内販売を直撃

1: きゅう ★
 軽自動車大手2社の平成27年4~6月期連結決算が3日、出そろった。最終利益はスズキが6期ぶり、ダイハツ工業が2期連続の減益になった。4月の軽自動車税の引き上げや昨年の首位争いの反動で国内販売が低迷したことが響いた。スズキの国内軽販売は前年同期より2万7千台少ない13万8千台で、国内事業全体の営業利益も66億円減少した。長尾正彦常務役員は会見で「国内は非常に厳しい。お客さまに軽に対する痛税感がある」と述べた。

 スズキとダイハツは昨年、激しいシェア争いを繰り広げ、販売を伸ばした。一部ではディーラーがナンバー登録をして転売する未使用車も増えたとみられ、新車販売の重しになっている可能性もある。ただ、スズキは得意とするインドでの販売増で、売上高は8.8%増の7728億円、営業利益は過去最高となる8.3%増の551億円。インド子会社の利益はすべて反映されないため、最終利益は15.5%減の317億円だった。

 米ヘッジファンド、サード・ポイントの株式取得について、長尾常務役員は直接の要求を受けたわけではないとしたうえで「(株主とは)対話を通じ(自分たちの)考えを発信していきたい」と述べた。一方、ダイハツは売上高が4.0%減の4121億円、最終利益が60.9%減の540億円。
国内に加え、インドネシアの販売も伸び悩んだ。

001_o
http://www.sankei.com/economy/news/150803/ecn1508030021-n1.html
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1438592704/
続きを読む

需要先食いのツケ!? 軽自動車の未使用車が大量発生中!

1: アルゼンチンバックブリーカー(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/
 今年の軽自動車業界一番の話題は、ホンダS660で決まり!と思いがちですが、業界が激震した軽自動車税の値上げを忘れてはいけません。そんな逆境でも大躍進中なのがスズキ。

  新型ラパンにはハスラーに続くヒットの予感がします。それにしても、ラパン(ウサギ)=ウサギ跳びしか思いつかない発想力のなさがイヤになります……(担当K)

new-lapin-1-e1433304689719
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150802-00897685-sspa-soci
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1438484619/
続きを読む