くるまとめ

車記事のまとめサイトです

軽自動車

軽自動車バブルは終了。自動車評論家がそう考える理由

1: 海江田三郎 ★
 軽乗用車の販売台数が急落している。7月の統計を見たら、消費税が8%になった後で販売厳しかった前年同月の78.3%という状況。売れ行き減少は深刻だと考えていいだろう。中でも想定外なのは、ホンダだと思う。これだけ多くの軽乗用車を揃えたのに、前年同月比73.5%。

 N-BOXを入れたのにN-BOXは前年同月比81.2%。N-WGNも同53.9%で、完全に埋もれてしまった。伊東体制の時に「日本は軽自動車に注力しよう!」と打ち出した戦略ながら、今や大きな赤字の原因になってしまっている(S660は現在の台数でも赤字じゃないそうだ)。ダイハツは鳴り物入りで発売したウエイクが大減速して2702台しか売れず。あれだけTVで宣伝してアピールしているにも関わらず、ユーザーが付いてこない。安心したのは、もはや背の高さ競争にならんということ。背の高いクルマを買うユーザーって、限られているんだと思う。

 興味深かったのは、素晴らしい自動ブレーキを装備したスペーシアが伸びない点。低性能なインチキレーダーブレーキをアピールしてきたため、凄さも認識されていないんだと思う。で、インチキレーダーブレーキのワゴンRとアルトが前年同月比で100%を超えている。どうでもいいお客さん多い?売れなくなった最大の理由は、軽自動車が欲しいユーザーにほぼ行き渡ったからだと思う。軽自動車を買う人はクルマを道具だと割り切っている。壊れるまで乗り換えない。下を見て13年くらい乗るでしょう。これからも軽自動車の販売は下降を続けていくと思う。軽自動車バブルは終了かと。

568
http://allabout.co.jp/newsdig/c/86400 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1439713180/
続きを読む

スズキとダイハツの軽2強、そろって最終減益 4月増税が国内販売を直撃

1: きゅう ★
 軽自動車大手2社の平成27年4~6月期連結決算が3日、出そろった。最終利益はスズキが6期ぶり、ダイハツ工業が2期連続の減益になった。4月の軽自動車税の引き上げや昨年の首位争いの反動で国内販売が低迷したことが響いた。スズキの国内軽販売は前年同期より2万7千台少ない13万8千台で、国内事業全体の営業利益も66億円減少した。長尾正彦常務役員は会見で「国内は非常に厳しい。お客さまに軽に対する痛税感がある」と述べた。

 スズキとダイハツは昨年、激しいシェア争いを繰り広げ、販売を伸ばした。一部ではディーラーがナンバー登録をして転売する未使用車も増えたとみられ、新車販売の重しになっている可能性もある。ただ、スズキは得意とするインドでの販売増で、売上高は8.8%増の7728億円、営業利益は過去最高となる8.3%増の551億円。インド子会社の利益はすべて反映されないため、最終利益は15.5%減の317億円だった。

 米ヘッジファンド、サード・ポイントの株式取得について、長尾常務役員は直接の要求を受けたわけではないとしたうえで「(株主とは)対話を通じ(自分たちの)考えを発信していきたい」と述べた。一方、ダイハツは売上高が4.0%減の4121億円、最終利益が60.9%減の540億円。
国内に加え、インドネシアの販売も伸び悩んだ。

001_o
http://www.sankei.com/economy/news/150803/ecn1508030021-n1.html
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1438592704/
続きを読む

需要先食いのツケ!? 軽自動車の未使用車が大量発生中!

1: アルゼンチンバックブリーカー(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/
 今年の軽自動車業界一番の話題は、ホンダS660で決まり!と思いがちですが、業界が激震した軽自動車税の値上げを忘れてはいけません。そんな逆境でも大躍進中なのがスズキ。

  新型ラパンにはハスラーに続くヒットの予感がします。それにしても、ラパン(ウサギ)=ウサギ跳びしか思いつかない発想力のなさがイヤになります……(担当K)

new-lapin-1-e1433304689719
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150802-00897685-sspa-soci
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1438484619/
続きを読む

軽自動車販売、N-BOXが唯一の10万台超えで2年ぶりの首位!

1: 急所攻撃(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/
 全国軽自動車協会連合会が発表した2015年上半期(1-6月)の軽四輪車通称名別新車販売台数によると、ホンダ『N-BOX』が前年同期比10.9%増の10万6985台で、暦年上半期としては2年ぶりのトップとなった。

 2位はダイハツ『タント』で、8万7602台(25.4%減)。首位N-BOXとの差は1万9383台と大きく引き離された。3位は僅差で8万7404台(11.5%減)を販売した日産『デイズ』が入った。2015年上半期の軽自動車販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年同期比)。

1位:N-BOX(ホンダ)10万6985台(10.9%増)
2位:タント(ダイハツ)8万7602台(25.4%減)
3位:デイズ(日産)8万7404台(11.5%減)
4位:ムーヴ(ダイハツ)7万4566台(9.3%減)
5位:アルト(スズキ)6万0687台(4.6%増)
6位:ワゴンR(スズキ)5万7857台(38.3%減)
7位:N-WGN(ホンダ)5万6236台(35.7%減)
8位:ハスラー(スズキ)5万5047台(36.6%増)
9位:ミラ(ダイハツ)5万2013台(34.4%減)
10位:スペーシア(スズキ)4万5169台(32.3%減)

HONDA_N_BOX_JF1_01
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150706-00000013-rps-bus_all
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1436161625/
続きを読む

車中泊“軽キャン”が大ブレーク!100万円台で購入できる!

1: ニーリフト(長野県)@\(^o^)/
 山登りをはじめ、バーベキューやキャンプなど、すっかり一般層にも定着した感のある「アウトドア」。せっかくなら一度はキャンピングカーで泊まってみたい!という願望を抱きつつも、ハードルが高くて二の足を踏んでいる人も多いはず。だが、そこに強い味方が現れた。近年売り上げを上げている、軽自動車のキャンピングカー“軽キャン”だ。その機能性や価格帯などの分析とともにブームに迫った。

 キャンピングカー市場は、2013年に約300億円を突破。前年比では約10%、2011年と比較すればおよそ90億円も拡大するほどの成長を続けている。その支えとなっているのが、スズキ「エブリィ」やホンダ「バモス」などの軽自動車をベースに改造した“軽キャン”だという。

 最大の魅力はやはり低価格であること。燃費や維持費だけでなく、本体価格も普通のキャンピングカーが約500万円前後なのに対し、新車でも100万円台から購入可能と圧倒的に安い。また、普通の軽自動車とサイズも変わらないので運転しやすい。車中泊“軽キャン”がブレーク!100万円台で購入できる

no title
http://news.walkerplus.com/article/58825/ 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1431847014/
続きを読む

軽自動車のXデー 5年後に消滅する もはや製品としては普通車と同じレベルである←はい?

1: ハーフネルソンスープレックス(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/
 2014年の国内新車販売台数で初めてシェアが40%超を記録したと報じられている軽自動車。ボディの全長/全幅サイズや、搭載可能なエンジンの排気量に厳しい制約が課される一方で、
普通車より低い各種税額が設定されるなど、結果として普通車に対する“優遇策”が講じられていることが、昨今の軽人気の大きな要因となっていることは間違いない。

 もちろんそれ以外にも、メーカー間の熾烈な競争がもたらした燃費の急激な向上など、ここにきて普通車のシェアを「食ってしまう」理由はいくつか考えられる。しかし、かつて普通車を乗り継いできたユーザーをダウンサイザーとして軽自動車の世界に迎え入れることが可能となった最大の要因は、なんといっても「製品そのものの見栄えや乗り味が、もはや多くの普通車とさして変わらないレベルにある」というポイントにこそある。つい最近も、そんなことを改めて痛感させられる機会があった。

 そのひとつは、かつて若者を中心に人気を博した「ワークス」を彷彿とさせるスズキのスポーツモデル「アルトターボRS」の試乗だ。もうひとつは、ホンダが昨年末に発売して話題を集めた「Nボックス スラッシュ」と、同社から間もなく発売予定の「S660」の試乗である。 ライバルメーカーのエンジニアが「あの重量を実現したのはすごい」と驚く軽量化を徹底した上で、軽自動車の自主規制上限値である64psというパワーを持つターボ・エンジンを搭載したアルトの走りは、文句なしに「軽自動車の歴史上で最強にして最速」というフレーズが当てはまるもの。そして感心したのは、その仕上がりが単に「速い」というだけではなく、街乗りシーンでも思いのほかに上質な乗り味と両立されている点でもあった。

suzuki-hustler-1
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150412-00010000-bjournal-bus_all&p=1 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1428813959/
続きを読む
月別アーカイブ