くるまとめ

車記事のまとめサイトです

スバル

スバルの次期WRCカー かっけー!1.8リットル水平対向4気筒直噴ターボエンジン

1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [SE]
 【 スバルが、欧州Bセグメントの新型ハッチバックを開発しているという情報を、スクープサイトSpyder7が入手した。また2020年WRC(世界ラリー選手権)復帰へ向けた調整に入っている可能性があるという。

 2017年にトヨタが復帰し、優勝するなど盛り上がりを見せている。2019年は全14戦が行われるが、開催を申請していた日本は残念ながら見送りとなっている。 】  続きは記事ソース 

1355229
https://response.jp/article/2018/11/05/315794.html 
引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1541381296/
続きを読む

「スバルWRX S4」に新たな最上級グレードが登場

1: 自治郎 ★
   【   スバルは2018年9月3日、スポーツセダン「WRX S4」に新グレード「STI Sport」を設定し、同年9月21日に発売すると発表した。

   WRX S4 STI Sportは、WRX S4の新たな最上級グレードとなるモデル。「スバルのモータースポーツ統括会社であるSTIとの共同開発により、しなやかな乗り心地と俊敏なハンドリング、高い操縦安定性を兼ね備えた走りの性能を実現したほか、   】     続きは記事ソース 

no title
https://www.webcg.net/articles/-/39388 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1536151196/
続きを読む

スバル、スポーツセダン『WRX STI/S4』の改良モデル発表、安全性能向上…STIにはサンルーフをオプション設定

1: ニライカナイφ ★
 【 SUBARU(スバル)は4月27日、スポーツセダン『WRX STI/S4』改良モデルを発表、6月7日より販売を開始する。WRX STI/S4は、圧倒的な走行性能と、4ドアセダンの実用性を兼ね備えた個性的なスポーツセダン。

 よりスポーツ走行に特化した仕様で、MTのみ設定しているWRX STIと、運転支援システム「アイサイト」を搭載し、先進安全性能も両立した「WRX S4」をラインアップしている。 】  続きは記事ソース 

2017070316245741ds
https://response.jp/article/2018/04/28/309151.html
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1525003665/
続きを読む

スバル、新型「フォレスター」世界初公開 新開発の水平対向4気筒 2.5リッター直噴エンジンを搭載

1: 的井 圭一 ★ 【特別重大報道】
 スバルは3月28日(現地時間)、第5世代となる新型「フォレスター」を米国 ニューヨークで世界初公開。ドライバーの居眠りなどを検知する乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」を同社初採用した。今後、各国に順次導入され、米国向け新型フォレスターは2018年秋に販売開始予定。

no title
https://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/2018newyork/1113373.html
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1522312519/
続きを読む

スバル フォレスター 新型、世界初公開へ…ニューヨークモーターショー2018

1: ノチラ ★
 【 SUBARU(スバル)は、3月28日に開幕するニューヨークモーターショー2018にて、新型『フォレスター』(米国仕様車)を世界初公開すると発表した。  】  続きは記事ソース 

18MY_Forester-4
https://response.jp/article/2018/03/14/307212.html
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1521087339/
続きを読む

スバル「WRX STI」新型、ついに新エンジン搭載で2020年発売か!

1: ニライカナイφ ★
 【 スバルのスポーツ4ドアセダン『WRX STI』の新型が2020年にも発売される可能性が高いことが分かりました。そこでコンセプトカーをベースに市販型を予想、CGを製作しました。

 VIZIV・STIコンセプトのエクステリアデザインがかなり継承されると予想されますが、ヘッドライトを市販型用にし、デイタイムランニングライトを備えるエアインテークやリアスポイラーも変更しました。張り出したフェンダーやエアアウトレットは市販型へ反映される可能性が高いと思われます。  】  続きは記事ソース 

1279415
http://www.sanspo.com/geino/news/20180310/eco18031015400003-n1.html
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1520690225/
続きを読む
月別アーカイブ