くるまとめ

車記事のまとめサイトです

日産

日産 次世代EVの新型リーフ 2017年9月正式デビューへ!米テスラへ対抗か

1: 海江田三郎 ★
 【 日産の北米法人は3月9日、EV(電気自動車)に関する公式ツイッターで「新型リーフ(LEAF)が今年9月に世界デビューし、今年末に発売を開始する」と発表した。これを受けて、アメリカの自動車関連ウェブサイトでは、アメリカにおけるEV市場の今後を占う様々な記事が出ている。

 アメリカ市場では、昨年から乗用車が売れない状況が続いており、その流れは今年になっても続いている。トヨタ新型“カムリ”、ホンダ“アコード”など、アメリカのセールスボリュームを担うミッドサイズ乗用車は1~2月の累計で前年同期比17.5%減と大幅な落ち込み。  】  続きは記事ソース 

no title
http://autoc-one.jp/nissan/leaf/special-3240822/ 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1489979913/
続きを読む

日産新型ノート、「充電不要EV」がウケた理由…発売後4カ月が経っても高い人気を維持

1: 海江田三郎 ★
 【 ガソリンエンジンはあくまで”発電機”、車を動かすのはモーター。2016年11月、日産自動車のコンパクトカー「ノート」に新たに加わった駆動方式「e-POWER」はそんな仕組みだ。分類上はハイブリッド車(HV)だが、すべての車速域をモーターで駆動する新方式である。

 このe-POWERの販売が好調だ。ノートの月間販売目標は1万台だが、e-POWERを発売した2016年11月の月間販売台数は1万5784台で、軽自動車を含む国内全モデルの中で首位に躍り出た。日産車としては1986年9月の「サニー」以来実に30年ぶりとなる「歴史的快挙」(日産マーケティング担当者)を達成した。その後もe-POWER人気は続いている。2017年2月まで4カ月連続で1万台の目標を大きく上回った。2月の販売台数も登録車で2位となる1万4859台となり、前年同月比で5割増を記録。内外装は2012年に発売した旧型モデルと変わっていないだけに、e-POWER効果の大きさを表している。  】  続きは記事ソース 

Nissan_Note_e-power_(2016)
http://toyokeizai.net/articles/-/162411 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1489545751/
続きを読む

日産、「スカイライン」の改良新型モデルを初公開 自動運転技術「プロパイロット」を初採用

1: 海江田三郎 ★
 【 インフィニティ(日産自動車)は、内外装のリフレッシュとともに同社の自動運転技術「プロパイロット」を搭載した「Q50(日本名:スカイライン)」をジュネーブモーターショー 2017で公開した。

 新しいQ50には、最高出力400PS/6400rpm、最大トルク350lb-ft/1600-5200rpmを発生する
V型6気筒 3.0リッターツインターボエンジンを用意する「Red Sport 400」モデルが登場。  】  続きは記事ソース 

no title
http://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/2017geneve/1048273.html 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1488962273/
続きを読む

世界初の量産可変圧縮比エンジン搭載! 日産・インフィニティ「QX50コンセプト」がワールドプレミア

1: 逆落とし(catv?)@\(^o^)/ [KR]
 【 1月9日午後2時。メジャーな自動車ブランドとしては最後となるプレスカンファレンスに臨んだインフィニティ。そこでは公約通り、ローランド・クルーガー社長によってSUV「QX50コンセプト」が初披露された。  】  続きは記事ソース 

no title
http://getnavi.jp/vehicles/99644/
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1484270286/
続きを読む

次期GT-Rは2000万円級!?700馬力ハイブリッドで登場か

1: ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★(★ 99ab-RMDm)
 【 日産が世界に誇るスーパースポーツ、「GT-R」次期型に関する最新レポートを海外から入手、編集部では期待を込めた予想CGを作成した。

 現在、最新モデルとして販売されている「R35」型から、新章「R36」型へと移り変わる次期型はどのような進化を見せるのだろうか。  】  続きは記事ソース 

1137541
http://response.jp/article/2017/01/12/288248.html 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1484223920/
続きを読む

日産 フェアレディZ 初代…苦し紛れだった?

1: きつねうどん ★
 【 年末年始の読み物「意外なヒット」シリーズ。名前を聞けば誰もが知っているヒット作ながら、実は発表当時にはそこまでは期待されていなかったモデルを紹介していきます。日産で開発陣の予想を上回るヒット作を問われれば、初代『フェアレディZ』を挙げます。

 自動車メーカーにとってのスポーツカーとは、高性能イメージを世に示すフラッグシップとしての役割を期待されこそすれ、販売面での期待は大きくありませんでした。しかし、初代フェアレディZはその固定観念を大きく覆し、10年間のモデルライフでスポーツカーとしては当時異例中の異例となる、全世界販売台数55万台を記録しました。  】  続きは記事ソース 

Datsun
http://response.jp/article/2016/12/30/287767.html
引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1483086731/
続きを読む