くるまとめ

車記事のまとめサイトです

日産

なぜもっとも新しいモデルでも16年落ちなのに「スカイラインGT-R」は大人気なのか?

1: 自治郎 ★
 【   ハコスカ(PGC10)が1310万円、R32GT-Rの初期型が800万円、R34GT-R V-specIIが3200万円……。いずれも2018年の東京オートサロンで行われた、日本初の希少車オークションでの落札価格だ。人気というものの価値観をお金で計るというのは正直嫌いなのだが、歴代スカイラインGT-R、とくにハコスカ、ケンメリ、R32、R34の人気が高いというのは異論がない。その人気の理由はどこにあるのか?    】    続きは記事ソース 

Nissan_Skyline_R34_GT-R_Nür_001
https://www.webcartop.jp/2018/02/202267 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1518354473/
続きを読む

日産 GT-R が2018年型を公開 1106万円

1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [US]
 【 日産自動車の米国法人、北米日産は米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、『GT-R』の2018年モデルを初公開した。

 2018年モデルでは、全車に「日産コネクトSM」を標準装備。これは、8インチのディスプレイを核にした最新システムで、ナビゲーションやオーディオの操作が、音声認識で可能に。スマートフォンなどの操作もブルートゥースにより、ハンズフリーで行える。  】  続きは記事ソース 

25698f1b7c21a0d5ede364c0ff4e300c
https://response.jp/article/2018/01/22/305069.html#cxrecs_s 
引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1516697643/
続きを読む

「日産スカイライン」が新デザインになって登場

1: 自治郎 ★
 【 日産自動車は2017年12月20日、「スカイライン」をマイナーチェンジし、同日販売を開始した。 
 今回のマイナーチェンジは内外装のデザイン変更が主となっている。エクステリアでは、フロントグリルを大型化して存在感を高めるとともに、「Type SP」系のグレードでは立体的な形状のバンパーの採用により、よりアグレッシブなスポーティーさを表現。 】  続きは記事ソース 

no title
http://www.webcg.net/articles/-/37901 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513773474/
続きを読む

日産、「GT-R」2018年モデル発売

1: 自治郎 ★
 【 日産自動車は11月16日、スーパースポーツカー「GT-R」2018年モデルを発売した。価格は1023万円~1397万円円(税込)。

 570PS、637Nmを発揮する3.8リッターV型6気筒ツインターボエンジン「VR38DETT」を搭載する超高性能車。  】  続きは記事ソース 

no title
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1711/16/news093.html 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510834655/
続きを読む

日産 GT-R、米国で2018年型…最新コネクト装備して10万ドル切るグレードも

1: ハンバーグタイカレー ★
 【 日産自動車の米国法人、北米日産は11月3日、『GT-R』の2018年モデルを発売した。

 2018年モデルの特徴のひとつが、新グレード「ピュア」の設定。米国ベース価格は9万9990ドル(約1145万円)と、10万ドルを切る価格を実現する。  】  続きは記事ソース 

20171105161113679nckk
https://s.response.jp/article/2017/11/06/302144.html 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1510006126/
続きを読む

日産シルビア 15年振り復活へ…次世代「VC-T」エンジン搭載

1: 岩海苔ジョニー ★
 【 かつて一世を風靡した日産のスペシャリティ・2ドアクーペ『シルビア』がコンセプトモデルとして、10月の東京モーターショーに出展される可能性が浮上した。

 シルビアは1965年、2ドアノッチバッククーペとして初代が登場。1979年に登場した3代目を筆頭に、デートカーとしての地位を築いた。惜しまれながらも2002年に生産終了したシルビアだが、レースやスポーツ走行のベース車として今も人気の高いモデルとなっている。  】  続きは記事ソース 

no title
http://response.jp/article/2017/09/25/300180.html
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1506309408/
続きを読む
月別アーカイブ