くるまとめ

車記事のまとめサイトです

ハーレー

自分流に仕上げるのがハーレーのDNA…9割のユーザーがカスタム

1: 海江田三郎 ★
 9月9日の夜に都内で開催した「HARLEY-DAVIDSON DARK CUSTOM PARTY」(ハーレーダビッドソン ダークカスタムパーティ)、その会場には、2016年モデルでリニューアルされたニュー・スポーツスターらとともに、日本のカスタムビルダー5人が製作したカスタムハーレーも展示。5台のカスタムハーレーは、「アスタリスク」の星川英樹氏、「チェリーズカンパニー」の黒須嘉一郎氏、 「デュアスカラスサイクルス」の藤井龍也氏、「ラックモーターサイクルズ」の杉原雅之氏、「カスタムワークスゾン」の植田良和さん&吉澤雄一氏が手がけたもの。

 ハーレーダビッドソン本社(米国・ミルウォーキー)のダイス・ナガオ氏によれば「日本のカスタムシーンはアメリカでも注目されていて、たいへん評価が高い」とのこと。オーストラリアのバイク専門誌「MOTORCYCLE TRADER」の記者 グラントさんは新型の『アイアン 883』を含め、「イカしてる!」と目を丸くした。じつはこの5組のカスタムビルダー。ハーレーダビッドソン社が企画する「STREET BUILD OFF」というプロジェクトのもと、現在「STREET750」のカスタムをビルドアップ中。今年12月6日に行われる「Yokohama Hot Rod Custom Show」にて一般公開する予定だから見逃せない。

 それにしても、バイクメーカーとカスタムショップが手を取り合ってプロジェクトを進めていく姿勢は、ファンとしては嬉しい。ハーレーダビッドソン・アジアパシフィックのリーダー、グレッグ・ウィリス氏はこう言う。「我々にとってカスタムはDNAであり、そのDNAとともに113年間カスタムリーダーとして存在してきた。100年にわたるパーツ&アクセサリーカタログの展開、1万点を超えるパーツ&アクセサリー、ただの金属でなんかでは終わらない。人生そのものの象徴である」同社の調べによると、89%のハーレーユーザーがカスタムを楽しんでいるという。

no title
http://response.jp/article/2015/09/13/259916.html 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1442115059/
続きを読む

ハーレー好きが9千人集結「BLUE SKY HEAVEN」

1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2
 ハーレー・ダビッドソン・ジャパンが毎年開催する、国内最大のオフィシャルイベント『BLUE SKY HEAVEN』(ブルー・スカイ・ヘブン)が、今年も5月22日・23の2日間、富士スピードウェイ(静岡県)で開催された。日本全国からハーレー好きが集まるこのイベント、今年も約9000人が
富士山ろくに集結し、久々の友人との再会を喜ぶ姿が会場のあちこちで見受けられた。

 会場内には新製品を含む試乗コーナーや車両展示、参加者が運転技術を競うゲーム走行コースなど、盛りだくさんのコンテンツが用意されていた。バイク用品からファッションアイテムまで、ハーレーカルチャーのアイテムがそろう物販ブースは、イベント特価商品やイベント限定品などを目当てに駆けつけた人たちで終日にぎわっていた。

no title
http://www.asahi.com/and_M/interest/SDI2015060255931.html
引用元: ・http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1433313075/
続きを読む

100万円以内で手に入るハーレーダビッドソン、革新モデル「ストリート750」の全容

1: ◆sRJYpneS5Y
  あのハーレーダビッドソンのバイクが、100万円以内で手に入る――。二輪車メーカー大手のハーレーダビッドソンが2015年2月末に日本に投入した新型車「ストリート750」は税込みで85万円から。大胆な低価格設定とハーレーらしからぬ排気量は、業界関係者や多くの二輪ユーザーを驚かせた。

  ハーレーダビッドソンといえば、大型アメリカンバイクの代名詞。2014年の国内販売台数は1万1408台と輸入二輪車の51%のシェアを占め、2位BMWの4165台を大きく引き離す。1000ccを超えるような大排気量の車種も少なくなく、この「ストリート750」が登場するまでは、最も排気量が小さいものでも883cc、価格も103万円した。今回投入したモデルは、国内の大型二輪車の主戦場でもある750cc。ホンダやヤマハなどの競合車種とほぼ同じ思い切った価格設定にした。欧州や米国では500ccのモデルも用意する。大排気量モデルを柱とする同社としてはいずれも初めての取り組みだ。

  排気量の小さいタイプに触手を伸ばす狙いは、大型二輪免許を取得したばかりの初心者層や34歳以下の若年層の取り込みにある。こだわりのデザインや音、乗り心地の良さに熱狂的なファンが多く、磐石なブランドを築いているハーレーであっても、他の二輪メーカー同様、ユーザーの高齢化が課題となっている。

street_002
http://toyokeizai.net/articles/-/63789
引用元: ・http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1426994166/
続きを読む

ハーレーダビッドソン ストリート750発表、カラーバリエーションは3色に決定

1: トペ スイシーダ(catv?)@\(^o^)/
 ハーレーダビッドソンジャパンは、新型クルーザー『STREET750(ストリート750)』を2月27日に発売する。2月2日に行なわれた記者向け説明会で、発売を控えたストリート750が会場に並べられた。

 商品説明会ではハーレーダビッドソンジャパンのマーケティング・シニアディレクター・ブライアン山本氏が、ストリート750は「アーバンモビリティ」「ハーレーダビッドソン」「ダークカスタムソウル」をプロダクトコンセプトにしたことを発表。

 さらに、日本導入モデルに設定される車体カラーは、「ビビッドブラック」「ブラックデニム」「ファイヤーレッド」の3タイプであることを明らかにした。 なお、価格については2月27日の発売日に明らかとなる。

no title
http://response.jp/article/2015/02/05/243484.html
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1423107845/
続きを読む

ハーレーのEVバイク公開…「ライブワイヤー」を発表

1: アトミックドロップ(福島県)@\(^o^)/
 創業以来111年間、次第に大排気量化していくV型ツインエンジンを製造してきたハーレーダビッドソンが同社初となる電動バイク「ライブワイヤー」を発表した。 ハーレーが2輪市場のテスラになるというこのニュースが世界中に衝撃を走らせる数日前、筆者はライブワイヤーに試乗する機会に恵まれたので、その様子をお伝えしよう。

 米国最大で米国を象徴する2輪メーカーのハーレーは、南カリフォルニアの使われなくなった滑走路を試乗会場に選び、トップシークレットのライブワイヤーを用意していた。 ライブワイヤーを運んできたトレーラーにハーレーのロゴはなく、滑走路で静かに輝くバイクがウィスコンシン州ミルウォーキーの高級バイクメーカーからやってきたことを知る者は、 ハーレーの2人の従業員以外にいなかった

 "大きければ大きいほどいい"というスタイルや、長距離ツーリングに適したステップとともに、「レイドバック・ポジション」と呼ばれるリラックスした乗車姿勢はなくなっていた。 代わって誕生したのは、アグレッシブで前傾姿勢のライディング・ポジションを取り、スポーティなフットレストがセンターについたコンパクトなマシンだ。 ガソリンタンクはない。マフラーもない。チェーンではなくベルトで駆動力が伝えられるリアタイヤの上にモノショックにつながったボブテールがあるだけだ。 右側のグリップにあるスイッチを入れて始動させても、トレードマークともいえる特徴的な"ポテト、ポテト、ポテト..."と聞こえるエグゾーストノートで迎えられることはない。その代わり、オイルポンプが作動して腹部に備えつけられた74hpを発生させる電気モーターと電子制御装置を冷やす第2ポンプを冷却し始めると、低音の「ブーン」という音が聞こえてくる。

no title
http://jp.autoblog.com/2014/07/19/harley-davidson-livewire-first-ride-review-video/ 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1405890953/
続きを読む