くるまとめ

車記事のまとめサイトです

バイク

トライアンフから新たな大型二輪モデル「スピードツイン」登場

1: 自治郎 ★
 【 トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは2019年2月13日、新たな大型二輪モデル「スピードツイン」を発表。同日販売を開始した。

 スピードツインは1.2リッターの水冷並列2気筒エンジンを搭載したスポーティーなネイキッドモデルで、モダンクラシックをうたう「ボンネビル」シリーズの最新モデルにあたる。 】  続きは記事ソース 

120418-3235-2019-triumph-speed-twin-top1-750x491
https://www.webcg.net/articles/-/40370
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1550146314/
続きを読む

世界750台限定「トライアンフ・ファクトリー・カスタムシリーズ」発表…スラクストンTFCは2019年春。お値段は250万円から

1: 窓際政策秘書改め窓際被告 ★
 【 トライアンフモーターサイクルズジャパンは1月23日、世界750台限定のカスタムモデル「トライアンフ・ファクトリー・カスタムシリーズ(TFC)」を発表した。第一弾の『スラクストンTFC』は2019年春に日本導入、第二弾の『ロケットTFC』は5月発表の予定。  】  続きは記事ソース 

thruxtontfc-hero1
https://response.jp/article/2019/01/24/318401.html
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1548323613/
続きを読む

ホンダ、フルカウルを装備するロードスポーツモデル「CBR650R」を発売 最大出力95PS 価格は103万~

1: シャチ ★
 【 本田技研工業は、コンパクトなフルカウルを装備したロードスポーツモデル「CBR650R」を3月15日に発売する。価格は103万6800円~106万9200円。

 CBR650Rは、従来モデルの「CBR650F」をベースに開発。車体、足まわり、パワーユニットの各部を熟成させつつ、スタイリングを一新。名称も従来の「CBR650F」から「CBR650R」へ変更した。  】  続きは記事ソース 

no title
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00000136-impress-ind
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1548072800/
続きを読む

カワサキ Ninja H2 SXシリーズ、先進装備充実の最上位モデル発売へ お値段277万円

1: ばーど ★
 【 カワサキモータースジャパンは、スーパーチャージドエンジンを搭載する高性能ツアラー『Ninja H2 SX』シリーズに、最上位モデル「Ninja H2 SX SE+」を設定し、2月1日より発売する。価格は277万5600円。

 Ninja H2 SXシリーズは、新開発の998cc水冷4気筒バランス型スーパーチャージドエンジンを搭載し、高出力や強烈な加速力に加えて、日常での扱いやすさと燃費性能を両立したツアラーモデル。 】  続きは記事ソース 

d28066-71-549555-0
https://response.jp/article/2019/01/16/318120.html
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1547638949/
続きを読む

これからの旅のスタイルはこれだ。リュックに入れて背負って電車に乗れる電動バイク

1: 名無しさん@涙目です。(空) [ニダ]
 【 ブレイズは、公道走行可能な折りたたみ電動バイク「ブレイズスマートEV」の専用オプションとして、輪行袋、バイクカバー、スタンドの販売を同社Webサイトにて開始した。  】  続きは記事ソース 

71ejuha8IRL._SL1500_
https://s.response.jp/article/2018/09/26/314365.amp.html 
引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1537962496/
続きを読む

公道も走れるモトクロスマシン「ホンダCRF450L」登場

1: 自治郎 ★
 【 本田技研工業は2018年8月23日、オフロードバイク「ホンダCRF450L」を同年9月20日に発売すると発表した。

■競技専用車がベースの本格オフロードモデル

 CRF450Lは、モトクロス競技専用車「CRF450R」をベースに、公道走行に必要となる保安部品を装備した、450ccクラスの本格オフロードモデルである。開発テーマは「Attack next trail」というもので、高い悪路走破性能はもちろん、公道走行を含めた幅広いシーンで操る楽しさを実現したモデルとされている。  】  続きは記事ソース 

no title
http://www.webcg.net/articles/-/39336
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1535116789/
続きを読む
月別アーカイブ