くるまとめ

車記事のまとめサイトです

F1

ルノー(Renault)、ロータス(Lotus F1 Team)の買収を正式に完了

1: 閃光妖術(catv?)@\(^o^)/
 ルノー(Renault)は21日、ロータス(Lotus F1 Team)の買収が正式に完了したと発表し、コンストラクターズとして2016年のフォーミュラワン(F1、F1世界選手権)復帰への準備を整えている。ルノーは声明で、「2015年12月18日金曜日、ルノーグループは正式にロータスF1チームから株式を取得し、買収手続きを完了することに成功した」と発表した。

 新しいチーム名については、来年2月仏パリ(Paris)で発表されることになっている。声明ではまた、「技術チームは、来年2月にスペイン・バルセロナ(Barcelona)で行われる合同テストに向けて、2016年のマシン開発を順調に進めている」とつけ加えられている。ルノーのカルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)社長は、今月初めにロータスの買収を発表していた。

no title
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151222-00000011-jij_afp-moto 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1450754308/
続きを読む

ホンダ 「現在のF1レギュレーションでは追い上げは難しい」 やはり白人による差別がある模様

1: デンジャラスバックドロップ(やわらか銀行)@\(^o^)/
 ホンダは、フェラーリやメルセデスへの追い上げを可能にするために、F1エンジンレギュレーションを緩和してほしいと感じている。マクラーレンのエンジンサプライヤーとしてF1に復帰したホンダだったが、その道のりは計画通りとはいかず、ホンダのV6パワーユニットはライバルと比較してパワー面で劣っている。

 ホンダは、現在のレギュレーション導入から1年遅れて参戦しており、開発時間が周囲より少なかったことから、タイトなパッケージングのV6ターボと対をなすERSシステムの製造に苦戦している。コストを抑えるため、エンジンメーカーは、FIAのトークンシステムで許される範囲内でしかパフォーマンスアップグレードを行うことはできない。

 ホンダはまだ今年のトークンすべてを使い切っていないが、F1プロジェクト総責任者の新井康久は、現在のレギュレーションではマニュファクチャラーが他者に追いつくためには制限が多すぎると述べた。「現在のレギュレーションはエンジンマニュファクチャラーにとってあまりにも制限が厳しいと思います」と新井康久はコメント。「我々ホンダは、新たなフェーズにおり、1年遅れています。非常に難しいです。ですから、個人的にはレギュレーションがもっと緩和されることを望んでいます。そうすればキャッチアップにとても役立つでしょう」

001_o
http://f1-gate.com/honda/f1_28557.html
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1443191622/
続きを読む

F1=不調続くマクラーレン、ホンダ責任者にも質問の矢

1: Ψ
 自動車レースF1のマクラーレン・ホンダ勢は今季12戦、イタリア・グランプリ(GP)予選でも下位に低迷。不調が続く中、エンジンパートナーであるホンダの責任者もメディアの質問攻めにあった。

a5de0a5d
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150906-00000016-reut-spo
引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1441533734/
続きを読む

ジル・ド・フェランが分析する「F1人気低迷」の理由は?

1: Egg ★@\(^o^)/
 F1からファンが離れてしまったのは、あまりにもF1が完ぺきを求めたからかもしれない。そう主張したのは、かつてアメリカのCARTやIRL(インディ・レーシング・リーグ)で活躍していたブラジル出身の元ドライバー、ジル・ド・フェランだ。現在47歳となるド・フェランは、CART時代に2度年間タイトルを獲得。IRLに転向してからは、有名なインディ500でも優勝を飾った経歴を持っている。そして、2005年から2007年にかけてBARホンダのスポーティングディレクターを務めていたことでF1でもおなじみの人物だ。

 ド・フェランがF1にかかわっていたころからほぼ10年が経過したが、この間、年々F1観戦者数が減少傾向にあり、再びファンの心をつかむために、再び大きくルールを改正すべきだとの議論も行われている。こうした現状について、ド・フェランは、世界最高峰のモータースポーツであるF1は「自らの成功の犠牲者」となってしまったのだと考えている。

o0800045012708177321
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150813-00000002-fliv-moto
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1439508382/
続きを読む

F1ドライバーが運転免許の路上教習を開始、「スピードの出し過ぎに注意したい」

1: ジャストフェイスロック(茨城県)@\(^o^)/
 史上最年少の17歳で今季のF1世界選手権にデビューしたマックス・フェルスタッペン(17)=オランダ、トロロッソ・ルノー=が、F1の夏休み期間を利用して運転免許の路上教習を開始する。
すでに学科試験には合格しており、8月21日に開幕する次戦の第11戦ベルギーGP(同23日決勝)までに路上教習を終えたいとしている。

 「僕がいま住んでいるベルギーでは、少なくとも6~7時間の路上教習を受ける必要がある。技能試験は18歳にならないと受けられない」とフェルスタッペン。第14戦・日本GP(鈴鹿)決勝の3日後にあたる9月30日に18歳の誕生日を迎えるが、「18歳になったら、すぐに免許を取得したい」という。

 フェルスタッペンは26日に行われたハンガリーGPの決勝で、自身最高の4位と健闘。技能試験に落ちることは考えにくいが、「何ごともやってみなければわからない。(路上教習では)スピードの出し過ぎに注意したい」と話している。

62e1ed39
http://www.sanspo.com/sports/news/20150730/mot15073009570001-n1.html
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1438220664/
続きを読む

F1タイヤのワイルドカードプランが明らかに。来季はチームに選択の自由

1: Egg ★@\(^o^)/
 ピレリのモータースポーツディレクター、ポール・ヘンベリーが、チームにタイヤ選択の自由を与えるというプランについて語り、来季F1に向けて現在検討されている内容を明かした。

 今月、FIAは、2016年に向けてチームがタイヤコンパウンドを選択する自由を高めるという案について検討していることを明らかにした。FIAは詳細を明かしていないが、ヘンベリーの説明によれば、いくつかのレースにおいてチームはコンパウンドを自由に選ぶことができ、 モンツァなど安全性に懸念があるレースに関してはピレリの選択に従うことを義務付けるという案があるという。

 たとえば、ピレリが選択の自由を許可するレースが15戦、チームにはワイルドカードが4与えられ、15戦のうち4戦でチームは自由な選択ができる、といったものだ。ロジスティクス面の理由で、
そういった選択はある程度時間の余裕を持って行わなければならない。

f1_prellitire
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150716-00000001-rcg-moto
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1437003959/
続きを読む