くるまとめ

車記事のまとめサイトです

ランボルギーニ

ランボルギーニ、量産車で最速タイム記録の最新「ウラカン」発表 価格は3130万円から

1: 海江田三郎 ★
 【 ペルフォルマンテは640馬力で、ピレリの「Pゼロ・コルサ」タイヤを装備。サスペンションは再設計され、トラクションコントロールの性能が向上した。自然吸気式のV10エンジンと、安定性が高く反応が極めて速い7速のデュアルクラッチ・トランスミッション(DCT)を採用した。炭素繊維を配合した素材を使用することで車両重量は1382キロと、ベースモデルより40キロ近く軽量化した。  】  続きは記事ソース 

no title
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-08/OMGDY66VDKHT01 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1488970752/
続きを読む

ランボルギーニ、5900台余リコール 火災懸念

1: 幸・災・楽・禍 ★
 【 イタリアの高級スポーツ車メーカー「ランボルギーニ」が走行中に火災発生の恐れがあるとして「アヴェンタドール」と「ヴェネーノ」の両モデルの数千台のリコール(回収・無償修理)に踏み切ったことが16日までにわかった。  】  続きは記事ソース 

Lamborghini_Aventador_--_2012_DC
http://www.cnn.co.jp/business/35096733.html
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1487241453/
続きを読む

ランホ゛ルキ゛ーニ、フラッグシップの新世代モデル「アウ゛ェンタト゛ールS」を発表

1: 海江田三郎 ★
 【 ランボルギーニは19日、フラッグシップ・モデル「アヴェンタドール」をさらに進化させた新世代型「アヴェンタドールS」を発表した。 
 フロント・ノーズとサイドシルは、2015年に発表された限定モデル「アヴェンタドールSV」に似た形状に変更され、空力性能と同時にパワーユニットの冷却効率も高められたという。リアはテールランプ周りのパネルがブラックになり、ディフューザーの改良に合わせてエキゾースト・テールパイプがコンパクトにまとめられている。 排気管自体の数も従来の4本から3本に減らされた。リア・フェンダーの上に追加されたインテーク・ボックスがかつての「カウンタック」を思わせる。ボディ・デザインの変更によって、フロントのダウンフォースは130%も増加したという。  】  続きは記事ソース 

no title
http://jp.autoblog.com/2016/12/20/2017-lamborghini-aventador-s-revealed/ 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1482241821/
続きを読む

伊ランボルギーニ、2016年上半期の販売台数が2000台を突破。史上最高を記録

1: 海江田三郎 ★
 アウトモビリ・ランボルギーニは7月6日(現地時間)、2016年上半期(1月~6月)の販売台数が同社史上初の2013台を達成したと発表した。また、6月の販売台数についても史上最高の416台を記録したことが報告されている。ランボルギーニは世界50カ国で135店舗の販売代理店を展開しており、2016年上半期における全世界の販売台数が前年同時期から7%増の2013台を記録。売上構成比はEMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)、アメリカ、アジア太平洋がそれぞれ約1/3を占めた。

 販売台数をけん引したのはスパイダーや後輪駆動モデルも展開する「ウラカン」シリーズで、1370台を記録。市場導入後24カ月間におけるウラカンの売上は、先代モデルとなる「ガヤルド」と比べ87%増加した。また、「アヴェンタドール」も643台を販売しており、市場導入後58カ月間における売上は「ムルシエラゴ」より127%増加したという。

no title
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1009423.html 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1467971535/
続きを読む

ランボルギーニ アヴェンタドール に「ミウラ」…名車の50周年記念車

1: きつねうどん ★
 イタリアの高級スポーツカーメーカー、ランボルギーニは6月23日、英国で開幕した「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、『アヴェンタドール・ミウラ オマージュ』を初公開した。

 同車は、ランボルギーニの名車、『ミウラ』誕生50周年を記念し、50台のみが生産される限定モデル。『アヴェンタドールLP700-4』をベースに、ランボルギーニの「Ad Personam」プログラムによるカスタマイズを施した。

 そのハイライトは、ボディカラーにある。赤い専用ボディカラーは、「Rosso Arancio Miura」と命名。ボディ下部とアルミホイールは、ゴールドで仕上げられ、ミウラの雰囲気が再現された。ボディサイドには、「Miura 50」のエンブレムが装着される。 続きは記事ソース 

no title
http://s.response.jp/article/2016/06/24/277451.html
引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1466777052/
続きを読む

ランボルギーニとポルシェが徹底的にレストアした歴史的モデルを公開

1: クロイツラス(茸)@\(^o^)/
  4月6日~10日までドイツで開催されたクラシックカー・イベント「テクノクラシカ」で、フォルクスワーゲン・グループは2つのフラッグシップ・ブランドのヒストリックカー部門が、"修理"とは次元が異なる自社の"復元"プロジェクトを展示して存在感を示した。

  ポルシェは歴史的に有名な「911」を完璧にレストアして出展。逆にランボルギーニは製作途上で地金が剥き出し状態の「ミウラ」のボディを披露した。

no title
http://jp.autoblog.com/2016/04/14/lamborghini-miura-porsche-911-techno-classica/ 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1461737268/
続きを読む