くるまとめ

車記事のまとめサイトです

フォルクスワーゲン

独VW、ハンドルもブレーキもない完全自動運転車を初公開

1: 海江田三郎 ★
 【 独Volkswagen Groupは3月6日(現地時間)、スイスで開催の「ジュネーブモーターショー 2017」で、ステアリングもない完全自動運転車「Sedric」のプロトタイプを披露した。

 読みは「セドリック」で日産がかつて販売していたモデル(CEDRIC)と同じだが、SedricはSElf DRiving Car由来のようだ。あくまでもコンセプトカーなので、この名称で一般に販売するかどうかは不明だ。 】  続きは記事ソース 

no title
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1703/07/news058.html 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1488853960/
続きを読む

フォルクスワーゲン『ザ・ビートル』の魅力

1: カーフブランディング(東京都)@\(^o^)/ [ニダ]
 【 今回のザ・ビートルR-Lineの内容はより濃い。110kW(150ps)の最高出力と250Nmの最大トルクをもつ1394ccエンジンを継続モデルとしては初めて搭載したのだ(これまでに限定車には同じエンジン搭載モデルがあった)。

 排気量200ccの差というのは自動車の場合、かなり大きい。ザ・ビートルR-Lineではまず発進がとてもスムーズになり、そのあと中間加速も大きく向上している。1.2リッターもいちど速度が乗ってしまえば高速などでの使い勝手にすぐれるモデルであるが、1.4リッターのザ・ビートルR-Lineは信号からのスタートであろうがワインディングロードであろうが、ストレスのない力強さを味わわせてくれるところが最大の長所なのだ。  】  続きは記事ソース 

no title
http://toyokeizai.net/articles/-/144840?page=2 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1479555513/
続きを読む

フォルクスワーゲン『パサートGT』を発表 3.6リッターV6エンジンに6速DSG

1: エルボードロップ(東京都)@\(^o^)/ [ニダ]
 【 フォルクスワーゲンUSAは、LAショー2016にて「パサートGTコンセプト」を初披露すると発表した。

 このコンセプトモデルは、VWの北米エンジニアリング&プランニングセンターが、米国ユーザーのニーズに応えて開発したもの。ベースになるのは日本や欧州とは異なる、北米および中国向けパサートだ。パワートレインは、280psを発揮する3.6リッターV6の「VR6」エンジンを搭載し、6速DSGを組み合わせる。  】  続きは記事ソース 

no title
http://response.jp/article/2016/11/14/285391.html 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1479298950/
続きを読む

フォルクスワーゲン新型『ゴルフ』を発表 コックピットに12.3型モニター 半自動運転を装備

1: トラースキック(東京都)@\(^o^)/ [FR]
 【 欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは11月10日、『ゴルフ』の改良新型モデルを欧州で発表した。

 現行ゴルフは7世代目モデルで、2012年に登場。フォルクスワーゲングループの新世代モジュラー車台、「MQB」を採用。先代比で、最大100kgの軽量化を達成しているのが特徴。

 今回、フォルクスワーゲンは、デビューからおよそ4年が経過した現行ゴルフに、初の大幅改良を実施。外観はフェイスリフトを受け、新デザインのフロントバンパーやデイタイムランニングライトを組み込んだヘッドライトを採用。従来のキセノンは、フルLEDに置き換えた。リアは、フルLEDテールランプとバンパーが新しい。アルミホイールも新デザインとした。  】  続きは記事ソース 

no title
http://response.jp/article/2016/11/11/285274.html 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1479037699/
続きを読む

VW ゴルフ 改良新型、欧州で発表…大幅進化 最大100kgの軽量化

1: セントーン(東日本)@\(^o^)/ [ニダ]
 【 欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは11月10日、『ゴルフ』の改良新型モデルを欧州で発表した。

 現行ゴルフは7世代目モデルで、2012年に登場。フォルクスワーゲングループの新世代モジュラー車台、「MQB」を採用。先代比で、最大100kgの軽量化を達成しているのが特徴。

 今回、フォルクスワーゲンは、デビューからおよそ4年が経過した現行ゴルフに、初の大幅改良を実施。外観はフェイスリフトを受け、新デザインのフロントバンパーやデイタイムランニングライトを組み込んだヘッドライトを採用。従来のキセノンは、フルLEDに置き換えた。リアは、フルLEDテールランプとバンパーが新しい。アルミホイールも新デザインとした。  】  続きは記事ソース 

no title
http://response.jp/article/2016/11/11/285274.html 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1478873514/
続きを読む

フォルクスワーゲン 7人乗りの新型SUV『アトラス』を発表 全長5037×全幅1979×全高1768mm

1: タイガードライバー(東京都)@\(^o^)/ [FR]
 【 10月28日、フォルクスワーゲン(VW)は新型の7人乗りSUV「フォルクスワーゲン アトラス」の情報を公開した。この新型車は、11月に開かれるロサンゼルス・オートショーでワールドプレミアされる。

 搭載されるエンジンは238ps(175kW)の2.0リッター直列4気筒ターボと280ps(206kW)の3.6リッターV型6気筒で、ともにトランスミッションは8速ATとの組み合わせとなる。駆動系は前輪駆動が基本で、V6モデルには4輪駆動の4MOTIONも用意されているとのことだ。  】  続きは記事ソース 

no title
http://getnavi.jp/vehicles/81266/ 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1478001200/
続きを読む