くるまとめ

車記事のまとめサイトです

話題

2017年5月の車名別販売ランキング 1位プリウス 2位C-HR 3位ノート

1: trick ★
 【】日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は6月6日、2017年5月の乗用車車名別販売台数と軽四輪車通称名別新車販売速報を発表。登録車と軽自動車を含めた全体のトップは1万5092台を販売したトヨタ自動車「プリウス」となった。

 順位 メーカー 車名 販売台数(台) 前年同月比(%)
1 トヨタ プリウス 15,092 70.1
2 トヨタ C-HR 12,872 ー
3 日産 ノート 9,992 159.7
4 ホンダ フリード 8,626 353.5
5 トヨタ アクア 7,551 67.3
6 トヨタ ヴィッツ 6,383 138.9
7 トヨタ ヴォクシー 6,030 101.3
8 日産 セレナ 5,999 112.5
9 トヨタ シエンタ 5,966 63.1
10 スバル インプレッサ 5,678 180.7

color_070
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1063753.html 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1496828038/
続きを読む

時速355キロ! とてつもなく速いEVスーパーカー5選

1: まはる ★
 【 テスラは、経済性や環境性能ばかりが注目されていた電気自動車(EV)の世界を変えた。スピードも追求したからだ。

今年2月、100kWhのバッテリーを搭載したテスラ・モデルSは「Ludicrous Mode」(「狂気モード」「バカモード」などと言われる)で、0-60mph、2.3秒を切った(正確には2.275507139秒)。この加速性能は、ポルシェ911ターボSを上回る。  】  続きは記事ソース 

no title
https://www.businessinsider.jp/post-33761
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1496147443/
続きを読む

「軽でも白ナンバー」で人気 ラグビーW杯記念プレート

1: 孤高の旅人 ★
 【 2019年のラグビーワールドカップ(W杯)開催を記念するナンバープレートの「軽自動車用」が人気だ。通常、軽自動車は黄色のプレートだが、記念プレートでは普通車と同じ白のプレートにできることが、人気の秘密のようだ。

 記念プレートは、富士山とラグビーボールをイメージしたW杯の公式ロゴマークをあしらったデザイン。 】  続きは記事ソース 

no title
http://news.livedoor.com/article/detail/13119968/ 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1495873344/
続きを読む

フェラーリやマセラティが買える「高級車の自販機」

1: 荒波 ★
 【 シンガポールにこのほど、15階建てのガラス張りの建物を使った高級車の「自動販売機」が登場した。土地の少ない同国ならではのシステムで、スナック菓子を買うように画面に表示された車の写真を選択すると、自動昇降機で運ばれる仕組み。  】  続きは記事ソース 

no title
http://www.afpbb.com/articles/-/3128843 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1495185379/
続きを読む

車の点検、未認証業者の整備横行…年数十万台か

1: 孤高の旅人 ★
 【 車の法定点検を巡り、国から認証や指定を受けていない業者による違法整備などが横行している疑いがあることが、国土交通省への取材でわかった。

 同省では、車検時に提示された点検整備記録やユーザー(使用者)への調査から「該当する車は年数十万台に達する可能性がある」と分析、 】  続きは記事ソース 

car-1751750_960_720
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170509-OYT1T50072.html 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1494320659/
続きを読む

長らく市場の主流を占めてきたセダン凋落、SUVの人気が高まる・・・世界の自動車市場に地殻変動

1: (?∀?(⊃*⊂) ★
 【 世界の自動車市場に地殻変動が起きている。米国などでガソリン安を契機にスポーツ用多目的車(SUV)の人気が高まる一方、長らく市場の主流を占めてきたセダンの凋落(ちょうらく)が鮮明になっている。

 トヨタ自動車の「レクサス」など高級車ブランドは派生モデルでてこ入れを図るが、反転攻勢の兆しは見えない。「世界的にSUVが広がる流れはまだまだ続くと思う。簡単に言うとフォーマル(なセダン)からカジュアル(なSUV)の流れだ」。  】  続きは記事ソース 

suv-873052_960_720
http://www.sankei.com/premium/news/170504/prm1705040010-n1.html
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1493901505/
続きを読む