くるまとめ

車記事のまとめサイトです

話題

「修理歴あり」の中古車に潜む落とし穴 エンジンが落下したというケースも

1: じゅげむ ★
 【 先日仕事でロサンゼルスを訪れていた時、あるオートモール(ディーラーが街の1カ所に集中して出店しているところ)のテレビコマーシャルが頻繁にオンエアされていた。

 個人間売買で、あるクルマを買うためにそのクルマのオーナー宅を訪れた若者。現オーナーに「クルマのコンディションについていろいろ聞きたい」というと、「もちろん」と快諾する。  】  続きは記事ソース 

中古車店の幟P3030705
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14247623/
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1517655587/
続きを読む

無人で交通違反を摘発する自動運転パトカーの登場で違反ドライバーは絶対に逃げられないようになる フォードが特許申請

1: ばーど ★
 【 自動運転カーの登場で交通違反が減ると予想されていますが、ハンドルを握るドライバーがいる限り、交通違反がなくなることはありません。フォードが特許申請した「Autonomous Police Vehicle」(自動運転パトカー)は、監視カメラと連携して違反車両を追跡し、警告を出したりその場で違反切符を切ったりするとのこと。違反逃れをほぼ不可能にします。

 フォードが特許申請中のAutonomous Police Vehicle(APV)は、自動運転でパトロールをし、交通違反車両を発見します。APVのすごいところは、街中に設置された監視カメラと連携して違反車両を捕捉する点。APVが違反車両による交通違反を現認するだけでなく、違反の事実を確認した監視カメラからの情報を得て違反車両を追跡することも可能です。  】  続きは記事ソース 

ab2281ff6dff6cf39a28e99fcb7cf290
http://gigazine.net/news/20180201-autonomous-police-vehicle/
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1517463284/
続きを読む

クルマの表示系HMIに革新、2022年に窓が透明ディスプレー化...まずはサイドから、フロントは2030年以降に JDIが実現目指す

1: ハンバーグタイカレー ★
 【 「新宿駅まで最短ルートで」——。僕の声に合わせてフロントウインドーの広範囲に地図と経路案内が広がる。助手席の妻は、サイドウインドーに映るSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の画面に夢中だ。——こんな未来がすぐそこまで来ている。

 次世代の表示系HMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)として、透明ディスプレーをウインドーに適用しようとする動きが活発になってきた。いち早く実現を目指すのがジャパンディスプレイである。  】  続きは記事ソース 

1029063313
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/122200045/012300415/ 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1516832135/
続きを読む

「あおり運転」一発免停も 警察庁、取り締まり強化指示

1: ばーど ★
 【 「あおり運転」について、警察庁は16日、道路交通法違反での積極的な摘発のほか、危険運転致死傷(妨害目的運転)や暴行などの容疑の適用も視野に入れた積極的な捜査を全国の警察に指示した。傷害や脅迫などを伴う悪質なドライバーについては、交通違反による点数の累積がなくても即座に免許停止処分にするよう求めた。  】  続きは記事ソース 

Traffic_congestion,tarui,ono,hyogo_8218573
https://www.asahi.com/articles/ASL1J5Q0DL1JUTIL03L.html
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1516098445/
続きを読む

クルマのエアコン「A/C」ボタンはオンのままでいいのか?

1: ひぃぃ ★
 【 今ではエアコンはオンにしっぱなしという方は多いだろう。乾燥するのが嫌だからという方はいるにしても、オートエアコンが普及して、面倒な調整がいらなくなったことも拍車をかけている。ただ、エアコンはいまだにエンジンの動力を使用して動いているものだけに、オンのままでいいのかという疑問はある。燃費にも影響するだけになおさらだ。

 まずは燃費への影響だが、昔のようなにオンにした途端にガクンとエンジンのパワーが落ちるようなことはない。コンプレッサーの形式やガス圧の最適化などによって負担が減っているというのもあって、エンジンへの負担は最小限になっている。そうなれば当然、燃費への影響も小さい。  】  続きは記事ソース 

car-791346_960_720
http://news.livedoor.com/article/detail/14141311/ 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1515632400/
続きを読む

盗難車種3年連続1位 「プリウス」が狙われる理由

1: 冷やし飴 ★
 【 2017年に日本損害保険協会が発表した自動車盗難事故実態調査において、自動車本体の盗数ワースト4車種はプリウス、ハイエース、ランドクルーザー、アクアだった。この順位は3年連続で変動がないという。

 「ハイエースは、壊れにくく多人数が乗れることによって世界各国で人気があるため、世界的な窃盗団に狙われて2007年から7年連続で盗難車ワースト1位でした。ランクルも頑丈で人気が高く、ずっとワースト上位にあります。  】  続きは記事ソース 

27978345942_c0ffb57a1b_b
https://myjitsu.jp/archives/40336
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1515417050/
続きを読む