くるまとめ

車記事のまとめサイトです

話題

走行距離32万km超の「長寿」車種、トヨタとホンダが半数占める

1: まはる ★
 【 米国では新車を短期間のみ借りる形で利用する人が増加しており、その人気はこれまでにない高まりを見せている。また、自動車を所有している人もその約3分の1が、携帯電話と同じ程度の期間で車を買い替えている。だが、中にはできる限り自動車購入にかけた金額の元を取ろうと、走る限りは乗り続けようとする人もいる。

1位: フォード・エクスペディション/ 5.7%
2位: トヨタ・セコイア/ 5.6%
3位: シボレー・サバーバン/ 4.8%
4位: トヨタ・4ランナー/ 4.7%
5位: GMC ユーコンXL/ 4.2%  】  続きは記事ソース 

2010_Toyota_Sequoia_Limited_--_11-25-2009
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170414-00015905-forbes-bus_all
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1492163130/
続きを読む

車にかかる費用は生涯で約4000万円!

1: 中年'sリフト(東日本)@\(^o^)/ [US]
 【 ■車にかかる維持費は年間でどれくらい?

 生涯の家計収支の中でも、生活・住宅・教育・保険についで大きな支出を占めるクルマ。ライフプランとカーライフについて考えてみましょう。皆さんはどんな車に乗っていますか? 車種や年式、状態、使い方などによって、車を有するのにかかる費用もさまざまですね。  】  続きは記事ソース 

no title
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20170412/Allabout_12701.html
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1491972215/
続きを読む

日本初!自動車用の図柄入りナンバープレートが誕生 ラグビーW杯マーク付き

1: 垂直落下式DDT(東京都)@\(^o^)/ [US]
 【 2019年のラグビーワールドカップ(W杯)の大会公式マークが入った自動車用ナンバープレートが3日から全国で交付され、決勝戦が開催される横浜市で同日、セレモニーがあった。国土交通省関東運輸局によると、図柄入りの自動車用ナンバーの交付は初めて。  】  続きは記事ソース 

no title
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017040301001815.html
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1491213750/
続きを読む

なぜ「ジープ」はアメ車で唯一売れているのか

1: 海江田三郎 ★
 【 「米国人は毎年何百万台も日本車を買っているのに、日本人がほとんどアメリカ車を買わないのは不公平だ」

 ドナルド・トランプ米大統領は、選挙戦中から日米自動車貿易の不均衡を批判し続けている。日本の自動車市場は「先進国で最も閉鎖的」と言ってはばからない。実際2016年の新車販売全体のうち、輸入車(外国メーカー車)の割合は7.1%にとどまった。  】  続きは記事ソース 

no title
http://toyokeizai.net/articles/-/162859 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1490410750/
続きを読む

タイヤに窒素ガスを充填するメリット「空気が抜けにくい」「乗り心地がいい」「熱による変化が少なくて空気圧が安定する」

1: ニライカナイφ ★
 【 一時ほどではないにしろ、タイヤ専門店や量販店に行くと「タイヤにチッソいかがですか」みたいなポスターや看板を目にする。料金はというと、1本当たり数百円ぐらいで、それほど負担にもならないのがまた気になるポイントだろう。またレース車両では当たり前のように使っているというウリ文句も興味引かれるところだ。

 チッソを充填するメリットは大きくわけて3つある。それは「空気が抜けにくい」「乗り心地がいい」「熱による変化が少なくて空気圧が安定する」だ。しかし今まで、何度か入れたことがある経験からすると、正直はっきりと効果はわからない。  】  続きは記事ソース 

car-tire-1031579_960_720
http://news.livedoor.com/article/detail/12821815/
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1490191158/
続きを読む

燃料電池車で日本が中国に負ける日

1: 海江田三郎 ★
 【 「どうしてここに、こんなに大勢の中国人がいるんだ?」3月上旬、東京ビッグサイト(東京・台場)の次世代エネルギー関連の見本市会場で、筆者のみならず来場者の多くが感じたことだ。確かに、太陽光パネルや二次電池、そしてスマートグリッドといった分野では過去10年ほどで中国メーカーが急伸したが、日本国内での需要は頭打ちの状況。このタイミングで、中国からの売り込みが増えるとは思えない。実は、今回、中国からの来場者のお目当ては燃料電池車(FCV)なのだ。

 会場内の最も奥に新設された展示会場が、水素関連の専門コーナー。これまでも、こうした次世代エネルギー関連見本市では水素関連の出展があったが、二次電池コーナーの脇に数社いる程度の小さな規模だった。また、本連載でも何度か紹介しているように、九州大学が主導する福岡水素戦略会議が日本における水素研究の総本山であり、これまで博多や小倉などで水素関連の展示会が開催されてきた。  】  続きは記事ソース 

Toyota_mirai
http://diamond.jp/articles/-/121250 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1489927279/
続きを読む