くるまとめ

車記事のまとめサイトです

BMW

BMW、新型5シリーズ発売へ 自動運転機能も搭載

1: バックドロップホールド(茨城県)@\(^o^)/ [CN]
 【 BMWの日本法人「ビー・エム・ダブリュー」(東京)は12日、主力の高級セダン「5シリーズ」を7年ぶりに全面改良し、2月11日に発売すると発表した。

 渋滞時に先行車に追従するなどの自動運転技術を搭載したほか、車体の軽量化で加速や燃費性能を向上させた。  】  続きは記事ソース 

bmw-5series-sedan_01
https://this.kiji.is/192206762640916481?c=39546741839462401 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1484223726/
続きを読む

世界高級車販売 BMW、首位陥落へ 12年ぶりにメルセデス・ベンツがトップ

1: (?∀?(⊃*⊂) ★
 【 世界の高級車市場で販売台数トップを走ってきたドイツBMWが今年、12年ぶりに首位の座を独ダイムラーの「メルセデス・ベンツ」に明け渡すことが、ほぼ確実となった。  】  

続きは記事ソース 

Mercedes-Benz_SLR_McLaren_roadster
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016121200772&g=int
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1481580192/
続きを読む

BMW5シリーズのフラッグシップ『M550i xDrive』を発表 4.4LのV8 462馬力、最大トルク66.3kgm

1: セントーン(東京都)@\(^o^)/ [FR]
 【 ドイツの高級車メーカー、BMWが10月13日、欧州で発表した新型『5シリーズ セダン』。同車に欧州で2017年3月、トップグレードとして、「M550i xDrive」が追加される。

 M550i xDrive は、駆動方式が4WDの「xDrive」。直噴4.4リットルV型8気筒ガソリンターボエンジンを搭載する。最大出力は462hp/5500rpm、最大トルクは66.3kgm/1800rpm。66.3kgmの強大なトルクは、1800rpmの低回転域から引き出される。  】  続きは記事ソース 

no title
http://s.response.jp/article/2016/10/24/284157.html 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1477654825/
続きを読む

BMW、ヘルメット無しで乗れる絶対に倒れないバイクを初公開

1: 海江田三郎 ★
 【 BMW Group各社は創業100周年を祝い、同グループの次の100年を見据えたコンセプトモデルを今年に入り次々と発表してきた。その締めくくりとなるのがBMW Motorrad。同社は米国ロサンゼルスの「Iconic Impulses. The BMW Group Future Experience」で、バイクの未来を示すコンセプトモデル「VISION NEXT 100」を公開した。

 通常、コンセプトモデルは、5~10年先の社会を想定してデザインされるという。だが「VISION NEXT 100」では、数十年後の未来がターゲットとなった。BMW Motorradは、今よりもデジタル化が進み、あらゆるものが繋がった世界で求められるバイクは、“デジタル時代に、アナログ体験”が可能なものだとして「VISION NEXT 100」を設計。BMW Motorradのデザイン部門トップであるEdgar Heinrich氏はこのコンセプトモデルを、ありふれた日常からの「大脱出(Great Excape)」であると表現している。  】  続きは記事ソース 

no title
http://internetcom.jp/201650/bmw-motorrad-reveals-concapt-model-vision-next-100 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1476267188/
続きを読む

BMW、「3シリーズ」のエントリーモデルを発売へ 価格は409万から

1: 海江田三郎 ★
 【 ビー・エム・ダブリューは、3シリーズの新たなエントリーモデルとして、 新世代のBMWツインパワーターボエンジン搭載モデルとなる「318i セダン/ツーリング」をラインナップに追加し、10月1日(土)より販売を開始する。価格(消費税込)は409万円~ 511万円。

 1975年に初代モデルが登場した3シリーズは、後輪駆動方式や、ドライバーとクルマとが一体となる約50対50の理想的な前後重量配分などにより、BMWならではの「駆けぬける歓び」を凝縮したモデルとして長年プレミアムスポーツセダンのセグメントにおいて世界的なベンチマークとされてきた。

 第6世代目となる現行3シリーズは、高効率4気筒および6気筒ガソリンエンジンモデルに加え、
クリーンディーゼルモデル、プラグインハイブリッドモデルと、「駆けぬける歓び」と高い環境性能をより高次元で提供する革新的なパワートレインを提案。  】  続きは記事ソース 

no title
http://autoc-one.jp/news/2913800/ 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1475129335/
続きを読む

次期型BMW「i8」は3基のモーターを搭載する全輪駆動の電気自動車に

1: ハーフネルソンスープレックス(catv?)@\(^o^)/
 【 BMWは、プラグイン・ハイブリッド・スポーツカー「i8」をベースに完全な電気自動車(EV)バージョンのプロトタイプを製作中と伝えられている。

 これは次期型i8の開発に向けたプロセスの一環だが、自動車メディア『Automobile Magazine』の記事で、その詳細が明らかになった。中でも最も興味深いのは、ラ  】  

続きは記事ソース    

lictlrqotcrfdp0k4ngs
http://jp.autoblog.com/2016/08/16/next-bmw-i8-750-hp-three-motor-300-mile-ev/
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1471407315/
続きを読む