くるまとめ

車記事のまとめサイトです

ボルボ

ボルボ 主力車種の新型『V40』発表 フロントから厳つさが消えるも、お馴染みの流麗なデザインは継承

1: ツームストンパイルドライバー(catv?)@\(^o^)/
 東京都心、平日なのに若者でごったがえす原宿を拠点に、マイナーチェンジした「ボルボ V40」に乗った。2013年に日本で発売されたV40は、これまでにパワートレーンが変更されたり、当初硬いと評された足まわりがソフトになったりしたが、4年たった今年、初めてデザイン変更を伴うマイナーチェンジが行われた。

 ボディや骨格は変わらない。目に見える変更点はフロントマスクに集中していて、まずヘッドランプユニット内部の構造とデザインが変わった。新型にはフルLEDランプが採用されたほか、「XC90」で初めて用いられたボルボが「トールハンマー」と呼ぶ、横に寝かせた「T」のようなデザインが採用された。  続きは記事ソース 

no title
http://carview.yahoo.co.jp/article/testdrive/20160707-20102896-carview/
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1467887991/
続きを読む

ボルボカーズ、謎の新型車を初公開へ…小型車コンセプト

1: 筑前鐵太郎 ★
 スウェーデンの高級車メーカー、ボルボカーズ。同社が間もなく、謎の新型車を初公開する。

 これはボルボカーズが、グローバル公式Snapchatページで明らかにしたもの。近日発表する予定の新型車の予告イメージを配信した。  続きは記事ソース 

no title
http://response.jp/article/2016/05/14/275145.html 
引用元: ・hhttp://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1463212247/
続きを読む

ボルボ「自律走行車テスト」を中国・スウェーデンで実施

1: 紅あずま ★
 現実世界で自動運転の技術がどの程度機能するのかを確認するために、ボルボは、100人が乗車する広範なデータ・テストをスウェーデンと中国で実施すると発表した。テストで使用される車種は、ハイブリッドSUV「XC90」となる予定。

 ボルボは、2020年までに、同社製の自動車での交通事故や重傷をすべてなくしたいと考えている。エアバッグや自動ブレーキなどの既存技術では限界があるため、ボルボは自律走行技術も採用する意向だ。そこで同社は、現実世界でそのテクノロジーがどの程度機能するのかを確認するために、2017年にスウェーデンのゴセンバーグにおいて、“ロボット自動車”に100人を乗車させる広範なデータテストを実施する計画だ。さらに4月6日(現地時間)には、同様のテストを中国で行うと発表した。  続きは記事ソース 

03-161513_volvo_xc90_excellence_lounge_console-932x524
http://wired.jp/2016/04/08/volvo-chinese-customers/ 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1460266228/
続きを読む

「自動運転トラック」実証実験、ドイツ南部からオランダまでの国境横断に成功。欧州物流に革命的変化も

1: 曙光 ★
 先頭車の運転を後続車が自動的に認識して追う「スマート・トラック」の実証実験の車列が6日、オランダ・ロッテルダムに到着した。ダイムラー、ボルボなど大手メーカー6社によるプロジェクトで、欧州の物流に革命的変化をもたらすと期待されている。

 このシステムは、先頭車両が進路や速度を決め、無線でつながった後続車両が自動的にその動きを追う仕組みだ。6日に到着したのは6車列の計十数台で、ドイツ南部やスウェーデンなどの工場を出発。この種の実験で初めて国境を越えた。  続きは記事ソース 

07
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016040700515&g=int 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1460189900/
続きを読む

ボルボ・カー・ジャパンがゴルゴ13ことデューク東郷を「最高安全責任者」に任命

1: あずささん ★
 ボルボ・カー・ジャパン(代表取締役社長:木村隆之、本社:東京都港区)は、このたび-ボルボのさらなる安全を提供するため、ゴルゴ13(自称:デューク東郷)をボルボの「最高安全責任者」に
任命しました。

 ボルボ・カー・ジャパンの木村社長が独自のルートを用いてゴルゴ13と接触、安全に関-する特殊任務を依頼しました。依頼内容は画期的な先進安全装備、そして新しいチャイル-ド・セーフティの開発です。

 ボルボは1927年の創業以来、常に安全性を追求して製品開発を行ってまいりました。-現在、「2020年までに、新しいボルボ車での死亡者や重傷者をゼロにする」という安-全目標「VISION2020」を掲げ、「インテリセーフ」という安全哲学のもと、安-全技術の開発に取り組んでいます。ゴルゴ13への依頼時に隠しカメラにてその模様を撮影しましたので、ご覧ください。

pr20160113
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1459459699/
続きを読む

ボルボ、車の鍵をなくしスマホアプリでデジタル化へ 業界初

1: 海江田三郎 ★
 スウェーデン高級車メーカーのボルボ・カーは19日、2017年から車の鍵をなくすと発表した。同社によると、車の鍵をなくすのは業界初。顧客にはスマートフォン(スマホ)の専用アプリを提供し、デジタルキーとして使ってもらう。デジタル技術を応用し、カーシェアリングなど車関連サービスとも連携させる計画だ。

 近距離の無線通信技術「ブルートゥース」を使い、車の近くに来ればスマホの画面で施錠・解錠ができ、エンジンもかけられる。家族や友人らに車を貸す場合、その人に自分の車を利用するためのアプリをダウンロードしてもらえば鍵を直接渡す必要がなくなる。デジタルキーの利便性を生かし、他のサービスにも拡張する。本社のあるスウェーデン西部イエーテボリでは今春から、カーシェア会社と共同で実証を開始。限定した利用者の間で、スマホで空車状況を確認して車を利用してもらう。17年には正式なサービスとして始める。

 またレンタカー会社とも組み、アプリでボルボの車を予約・決済できるようにする予定。店頭での鍵の受け渡しが不要になるため、レンタカーサービスのあり方も変わりそうだ。

no title
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK20H08_Q6A220C1000000/ 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1455926552/
続きを読む
月別アーカイブ