くるまとめ

車記事のまとめサイトです

シボレー

北米カーオブザイヤー乗用車部門「シボレー・コルベット・スティングレー」

1: マスク着用のお願い ★
 【 米国とカナダの自動車ジャーナリストが選ぶ2020年の北米最優秀車賞が13日、米デトロイトで発表され、乗用車部門で米ゼネラル・モーターズ(GM)のスポーツカー「シボレー・コルベット・スティングレー」が受賞した。 】  続きは記事ソース 

img_24efcb2b697fa5f0e0a24f7601f0f3ad313450
https://www.jiji.com/sp/article?k=2020011400292&g=int 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1578965865/
続きを読む

新型コルベット、なぜミドシップになったのか? 真のライバルとは

1: フォボス(庭) [SE]
 【 東京オートサロン2020にて、新型コルベットが日本初公開。
特徴は、なんといっても、エンジンがリアミドシップ化されたこと。なぜ伝統を捨てたのか? 真のライバルはどのクルマか? 】  続きは記事ソース 

no title
https://www.autocar.jp/news/2019/12/28/456361/‬ 
引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1577623335/
続きを読む

シャドーグレーメタリックのカラーが決め手 特別な「シボレー カマロ」が20台限定で登場

1: 自治郎 ★
 【 ゼネラルモーターズ・ジャパンは2019年8月8日、スポーツクーペ「シボレー・カマロ」に20台の限定車「カマロSTYLING SPORT EDITION(スタイリングスポーツエディション)」を設定。 】  続きは記事ソース 

no title
https://www.webcg.net/articles/-/41336
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1565439290/
続きを読む

シボレーカマロZL1最恐モデル1000psの「カマロ ザ エクソシスト」NYオートショーに登場

1: ファイナルカット(茸)@\(^o^)/ [EU]
 【 米国チューナー、ヘネシーパフォーマンスは、シボレー「カマロZL1」の最恐モデルとなる、「カマロ ザ エクソシスト」をニューヨークオートショーで初公開すると発表した。

 「悪魔祓い」と名付けられたそのマッスルカーは、アップグレードされたカムシャフト、ロングチューブステンレススチールヘッダーを持ち、高い流動性スーパーチャージャー&インタークーラーシステムにより、ハイパフォーマンスを生み出す。  】  続きは記事ソース 

no title
http://response.jp/article/2017/04/11/293371.html
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1491920138/
続きを読む

シボレー「コルベット グランスポーツ」を800馬力に引き上げるチューニング・パッケージが登場!

1: きつねうどん ★
 【 最高出力650hpを誇る シボレー「コルベットZ06」は凄いマシンだ。しかし、カリフォルニア州のチューナーSpecialty Vehicle Engineering(SVE)は、さらに一歩先を目指したようだ。いや、実際には"150歩"先をいっていると言った方が正しいだろう。

 同社は、コルベット・シリーズの中間に位置する「 コルベット グランスポーツ」をベースに、最高出力800hpまで引き上げたチューニング・パッケージ「2017 Yenko/SC Corvette」を発表した。SVEはコルベット グランスポーツのLT1エンジンに多くの改良を加え、Yenko/SCに搭載した。 】  続きは記事ソース 

no title
http://jp.autoblog.com/2017/01/22/yenko-chevy-corvette-grand-sport-800-hp/
引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1485266532/
続きを読む

シボレー新型クロスオーバーSUV『スパーク アクティブ』を投入へ

1: オリンピック予選スラム(東京都)@\(^o^)/ [ニダ]
 【 年末商戦の幕開けとなるブラック・フライデー(11月の第4木曜日)にはクロスオーバー車が大型テレビのように売れていくことを考えると、各メーカーがすべてのセグメントでクロスオーバー車を売ろうとするのも納得だ。 

 シボレーは、この2017年型「スパーク アクティブ」を投入し、クロスオーバーのラインアップを最も小型のセグメントにまで拡げようとしている。このスパーク アクティブは、 フォルクスワーゲン(VW)の「ビートル デューン」やアウディの「 A4 オールロード クワトロ」と同様の手法で仕立てられたクロスオーバー車だ。  】  続きは記事ソース 

no title
http://jp.autoblog.com/2016/11/16/2017-chevrolet-spark-activ-crossover/ 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1479480375/
続きを読む
月別アーカイブ