くるまとめ

車記事のまとめサイトです

ヤマハ

ヤマハ、「SEROW250」を発売 排出ガス規制に適合

1: きつねうどん ★
 【 ヤマハ発動機は、2017年に生産を終了した“マウンテントレール”「SEROW250」を、排出ガス規制に適合させ8月31日より発売します。

 「SEROW250」は、「第3次排出ガス規制※」に適合させながらも、自然を楽しむ優れたトレッキング性と扱いやすい走行性といった従来からの特徴を継承した。  】  続きは記事ソース 

no title
https://news.webike.net/2018/07/25/137607/
引用元: ・http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1532541408/
続きを読む

ヤマハ発、スクーター「NMAX」から高速走行可能な「NMAX155」発売

1: 自治郎 ★
 【 ヤマハのスクーター「NMAX(エヌマックス)」は、2015年2月にインドネシアで155ccタイプが発売され、国内では、2016年3月に125ccタイプの「NMAX125」が導入された。「NMAX155」は、「NMAX125」の良さはそのままに、高速道路も走行可能な155cm3エンジンを搭載したモデル。

 エンジンには、高効率燃焼に貢献する可変バルブシステムVVAを採用した水冷4 ストロークSOHC・4バルブ155cm3『BLUE CORE』エンジンを搭載。コンパクトな車体ながらもゆとりあるふっとスペースにより、余裕のある乗車ポジションを提供する。  】  続きは記事ソース 

K0000845224
http://www.zaikei.co.jp/article/20170307/356430.html
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1488890001/
続きを読む

ヤマハ「VMAX」が生産終了

1: ミッドナイトエクスプレス(catv?)@\(^o^)/ [DE]
 【 ヤマハが「VMAX」の生産を今年8月で終了することを発表した。

 2017年の生産予定台数は120台ということで、早期完売の気配から巷では騒然となっているようだが、正直とても寂しい思いがする。同じ心情のファンも多いことだろう。  】  続きは記事ソース 

9541951594
https://news.webike.net/2017/02/24/87277/ 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1487979437/
続きを読む

日本最高峰のバイクは「YZF-R1」

1: ストマッククロー(北海道)@\(^o^)/ [ニダ]
 【 ヤマハ発動機の欧州現地法人Yamaha Motor Europe N.V.は、イタリアのジェルノ・ディ・レズモにあるMovistar Yamaha MotoGPの本拠地で、2017シーズン ヤマハオフィシャルレーシングチーム体制発表会を開催した。  】  続きは記事ソース 

j899yh3xt7uue8uehyyn-1
http://jp.autoblog.com/2017/02/08/yamaha-motor-europe-n-v-2017/
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1486625987/
続きを読む

ヤマハ、高速も走れる前2輪バイク「TRICITY(トリシティ)155 ABS」を発売

1: 海江田三郎 ★
 【 ヤマハ発動機は、フロント2輪バイクの新型「TRICITY(トリシティ)155 ABS」を2017年1月20日に発売する。排気量を高めたエンジンを搭載し、高速道路も走行できるようにして活用範囲を広げている。45万3600円(税込)。

 同社が「LMW」(Leaning Multi Wheel、傾斜して旋回する3輪以上の車両)と呼ぶ3輪車の第2弾。125ccエンジンの第1弾と比べ、155ccの水冷単気筒4ストロークエンジンを搭載。 】  続きは記事ソース 

no title
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1611/25/news086.html 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1480076870/
続きを読む

ヤマハが新型TMAX発表 電制スロットルで滑らかなレスポンスとスポーティーなパワー両立

1: マシンガンチョップ(静岡県)@\(^o^)/ [PH]
 【 ヤマハ発動機は、大型スクーター『TMAX』をモデルチェンジし、2017年モデルとして2017年3月頃から欧州に導入すると発表した。

 新型TMAXは、同社スクーターでは初となる電子制御スロットル「YCC-T」を採用。滑らかなレスポンスとスポーティなパワーを両立するとともに、濡れた路面や未舗装路でのスムーズな発進をサポートする。

 また、車体は現行比で9kg軽量化。新設計アルミフレームを採用したほか、2次駆動用のVベルトは軽量25mm幅の高強度タイプとし、あわせてプーリーも新作。軽量タイヤ、バネ下重量低減を図る新作4.50幅リアホイール、樹脂製リアフレームなどの相乗効果で大幅な軽量化を実現した。  】  続きは記事ソース 

2016-Yamaha-T-MAX-ABS-EU-Sonic-Grey-Studio-001
http://response.jp/article/2016/11/08/285037.html 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1478611100/
続きを読む
月別アーカイブ