くるまとめ

車記事のまとめサイトです

カワサキ

ライダーとバイクが会話できる仕組みに ・・・ 川崎重工、「AI 二輪車」開発を開始

1: タケ ★
 【 川崎重工業は25日、人工知能(AI)を使った二輪車の開発を始めたと発表した。ソフトバンク子会社が手がけるAIを活用し、二輪車に音声で人の感情を認識できるようにする。ライダーと二輪車が会話できるような仕組みを実現し、走る楽しみと運転支援の両立を目指す。数年内の実用化を目標に据える。

 ソフトバンクの子会社cocoro SBの提供するAIを使い、クラウド上に川崎重工業独自の車体や走行に関する知見などを蓄積する。車体から音声が出て、「おはよう」などとライダーと会話したり、運転時にライダーが走行情報を取得したりする。  】  続きは記事ソース 

000000250
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ25HOU_V20C16A8TI5000/
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1472206355/
続きを読む

カワサキ『ZRX1200 DAEG』 生産終了へ ファイナルエディションを発表

1: テキサスクローバーホールド(空)@\(^o^)/
 カワサキモータースジャパンは、ビッグネイキッド『ZRX1200 DAEG』の最終仕様となる 「ファイナルエディション」を9月15日より発売する。

 ZRX1200 DAEGは、トラディショナルなスタイルと味わい深いライディングフィールが特徴の大型ネイキッドモデル。今もなお、根強い人気を誇るモデルだが、生産中止となる模様だ。  続きは記事ソース 

no title
http://response.jp/article/2016/08/02/279468.html 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1470141995/
続きを読む

カワサキ W800、生産終了へ…ファイナルエディション発売

1: きつねうどん ★
 カワサキモータースジャパンは、トラディショナルスタイルの大型バイク『W800』の最終仕様「ファイナルエディション」を7月15日より発売する。

 W800は、トラディショナルな美しさとロングストロークのバーチカルツインエンジンによる味わい深いライディングフィールが魅力。ファイナルエディションでは、1973年に登場した『650RS W3』を彷彿とさせるカラー&グラフィックに専用のエンブレムを採用。  続きは記事ソース 

no title
http://s.response.jp/article/2016/06/18/277095.html
引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1466220004/
続きを読む

カワサキ、国内二輪販売網を再編 専売店を6店舗から120店舗ヘ拡大

1: 海江田三郎 ★
 カワサキモータースジャパンは6月16日、2017年度よりモーターサイクルの国内販売網を再編すると発表した。

 カワサキモータースジャパンは、他社と一線を画した生涯顧客の獲得拡大を目指すブランド戦略を推進するため、2017年度から2019年度にかけて国内販売モデルのすべてを取り扱う「カワサキ専門店」と、排気量400ccまでを取り扱う「カワサキ正規取扱店」の2系統の国内販売網を構築する。  続きは記事ソース 

Kawasaki_ZX-RR_2007TMS
http://response.jp/article/2016/06/16/277001.html 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1466084338/
続きを読む

カワサキか…二輪車向けスーパーチャージャーエンジンを開発中。加速と燃費の両立。

1: キン肉バスター(愛知県)@\(^o^)/
 川崎重工業は数年内に、過給器の一種「スーパーチャージャー」を採用した2輪車用新型エンジン(写真)の実用化を目指す。このほど加速と燃費の良さを両立したコンセプトモデルを開発した。今後、実際の搭載車種や排気量を決めて具体的な設計を始める。富田健司常務取締役は「実現する日は遠くない未来」と説明した。

 同社はスーパーチャージャーを採用し、加速感を徹底的に追求した公道走行モデル「ニンジャH2」と「同H2R」を2014年に発表。一時は受注をストップするほどの人気となった。もともと同社では次世代環境技術としてスーパーチャージャーを研究していた。次の燃費性能を備えたバランス型エンジンで、走りを犠牲にしない環境技術を実用化する。

no title
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0420151104beac.html 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1446635500/
続きを読む

「カワサキ」四輪 米で快走 最新モデル販売好調

1: 丸井みどりの山手線 ★
 「カワサキ」ブランドのバイクを世界展開する川崎重工業(神戸市中央区)が、実は米国限定で四輪車を作っているのをご存じだろうか。主力は、広大な農地の見回りや狩猟などレジャー向けの「ミュール」。設計・開発を担う明石工場(明石市)で誕生した多用途車は、米国の景気回復を追い風に販売面でも“快走”している。

 幅広のオフロード用タイヤに、見るからに頑丈なボディー。窓ガラスなどはなく、ひっくり返りそうな上り坂も難なく乗り越える。多用途車「ミュール」は、川重が1988年から米国で販売を開始。開発のきっかけは80年、西海岸サンディエゴの現地販売店の社員が出したアイデアだった。イメージは、通常の四輪駆動車では走破できないような岩場や沼地などを駆け回る車。地平線を見渡せる農地が広がる現地のニーズから着想した。

 タイヤと車体をつなぐサスペンションは上下に22センチ動いて岩場に対応し、エンジンや車体の耐久性も高めた。現地生産して初めて販売すると、人気に目を付け他社も追随。新しい市場を切り開いた。

2014-Kawasaki-Mule-XC
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150905-00000004-kobenext-l28
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1441473163/
続きを読む
月別アーカイブ