くるまとめ

車記事のまとめサイトです

その他

アストンマーティン初のSUV、日本導入へ…2019年後半以降

1: ノチラ ★
 【 英国のスポーツカーメーカー、アストンマーティンは8月29日、ブランド初のSUVを2019年の後半以降、日本市場に導入する計画を発表した。

 アストンマーティン初のSUVは2015年春、ジュネーブモーターショー2015に出品された『DBXコンセプト』の市販版となる。DBXコンセプトはアストンマーティンが近い将来、高級GTカーセグメント参入の可能性を探る目的で開発。世界中のより多くの顧客に、アストンマーティンブランドをアピールするための1台が、DBXコンセプト。  】  続きは記事ソース 

aston-martin-dbx-con-11_800x0w
https://response.jp/article/2017/08/31/299195.html
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1504183169/
続きを読む

キャデラック新型SUV、日本も販売…テコ入れ 668万円~

1: コモドドラゴン ★
 米ゼネラル・モーターズ(GM)の日本法人は13日、高級ブランド「キャデラック」の新型SUV(スポーツ用多目的車)「XT5 クロスオーバー」を発売した。

 世界中で人気のSUVの投入によって、苦戦する日本市場のテコ入れを図る。

982c3aedfaeadf692c59de651a11427dbd4f16c1_xlarge
http://yomiuri.co.jp/economy/20170713-OYT1T50098.html 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499985933/
続きを読む

NASA、火星探査車を公開!かっけぇええええええ

1: 名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ [US]
 【 NASA(アメリカ航空宇宙局)は6月5日、米国フロリダ州のケネディ宇宙センター・ビジター施設での一般向けイベント「火星の夏」において、マーズローバー(火星探査車)の新しいコンセプトモデルを披露した。

 このコンセプトモデルは、NASAの技術者のアドバイスのもと、フロリダ州に本拠を置くカスタムカーメーカーのパーカー・ブラザーズ・コンセプト社が製作した。 】  続きは記事ソース 

no title
https://resemom.jp/article/2017/06/12/38601.html 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1497265814/
続きを読む

ロールスロイスが世界最高額の新型自動車を発表 1台なんと約14億円

1: あずささん ★
 【 2017年5月27日にイタリアで開催されたクラシックカーの祭典「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」で、ロールスロイスが発表したその新型車の名前は『Sweptail(スウェプテイル)』である。

 冒頭でもお伝えした通り、この自動車の最大の特徴は高価な点だ。衝撃のお値段は、な、なんと……1000万ポンド(約14億円)! この価格はロールスロイス史上のみならず、世界的にみても最高級の新車価格だというから驚くしかない。  】  続きは記事ソース 

com%2Ffiles%2F2017%2F05%2Frolls-royce-sweptail-complete-one-4
http://rocketnews24.com/2017/06/06/910203/ 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1496787185/
続きを読む

「和製フェラーリ」の試作車、京大発EVベンチャーGLMが公開-航続距離400キロ、価格4000万円

1: ばーど ★
 【 電気自動車(EV)を開発するベンチャー企業、GLM(本社京都市、資本金32億2914万円、小間裕康社長)は18日、2019年の量産開始を目指して開発しているEVのスーパーカー「GLMG4」の試作車を国内で初公開した。

 東京都内で発表会を開いた小間社長は「EV版の『フェラーリ』だ」とアピールした。  】  続きは記事ソース 

01-24-1024x576
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017041800658&g=eco
http://jp.techcrunch.com/2017/04/18/glm-g4/
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1492501173/
続きを読む

その名は「デンドロビウム」 1000馬力の電動スーパーカーの華麗な姿

1: まはる ★
 【 シンガポールのベンチャー企業「ヴァンダ・エレクトリックス」は3月7日、スイスのジュネーブ・モーターショーでスーパーカーの「デンドロビウム」を初公開した。motoringなどが報じた。

 デンドロビウムは、2人乗りの電気自動車で1000馬力のモーターを内蔵する。最高速度が時速320km以上。停止状態から時速97kmまで2.7秒で達するという。 】  続きは記事ソース 

4848
http://www.huffingtonpost.jp/2017/03/12/dendrobium_n_15324086.html 
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1491020074/
続きを読む