くるまとめ

車記事のまとめサイトです

その他

60年前のドイツ製クラシックカーが電気自動車に 『メッサーシュミットKR200』

1: みつを ★
 【 60年前にドイツで製造された二人乗りのクラシックカーを、宮城県岩沼市のバス会社が電気自動車に改造してお披露目しました。

 電気自動車に改造されたのは、60年前にドイツで製造された『メッサーシュミットKR200』という二人乗りの小型のクラシックカーです。  】  続きは記事ソース 

no title
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170906/k10011129201000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1504691434/
続きを読む

アストンマーティン初のSUV、日本導入へ…2019年後半以降

1: ノチラ ★
 【 英国のスポーツカーメーカー、アストンマーティンは8月29日、ブランド初のSUVを2019年の後半以降、日本市場に導入する計画を発表した。

 アストンマーティン初のSUVは2015年春、ジュネーブモーターショー2015に出品された『DBXコンセプト』の市販版となる。DBXコンセプトはアストンマーティンが近い将来、高級GTカーセグメント参入の可能性を探る目的で開発。世界中のより多くの顧客に、アストンマーティンブランドをアピールするための1台が、DBXコンセプト。  】  続きは記事ソース 

aston-martin-dbx-con-11_800x0w
https://response.jp/article/2017/08/31/299195.html
引用元: ・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1504183169/
続きを読む

キャデラック新型SUV、日本も販売…テコ入れ 668万円~

1: コモドドラゴン ★
 米ゼネラル・モーターズ(GM)の日本法人は13日、高級ブランド「キャデラック」の新型SUV(スポーツ用多目的車)「XT5 クロスオーバー」を発売した。

 世界中で人気のSUVの投入によって、苦戦する日本市場のテコ入れを図る。

982c3aedfaeadf692c59de651a11427dbd4f16c1_xlarge
http://yomiuri.co.jp/economy/20170713-OYT1T50098.html 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499985933/
続きを読む

NASA、火星探査車を公開!かっけぇええええええ

1: 名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ [US]
 【 NASA(アメリカ航空宇宙局)は6月5日、米国フロリダ州のケネディ宇宙センター・ビジター施設での一般向けイベント「火星の夏」において、マーズローバー(火星探査車)の新しいコンセプトモデルを披露した。

 このコンセプトモデルは、NASAの技術者のアドバイスのもと、フロリダ州に本拠を置くカスタムカーメーカーのパーカー・ブラザーズ・コンセプト社が製作した。 】  続きは記事ソース 

no title
https://resemom.jp/article/2017/06/12/38601.html 
引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1497265814/
続きを読む

ロールスロイスが世界最高額の新型自動車を発表 1台なんと約14億円

1: あずささん ★
 【 2017年5月27日にイタリアで開催されたクラシックカーの祭典「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」で、ロールスロイスが発表したその新型車の名前は『Sweptail(スウェプテイル)』である。

 冒頭でもお伝えした通り、この自動車の最大の特徴は高価な点だ。衝撃のお値段は、な、なんと……1000万ポンド(約14億円)! この価格はロールスロイス史上のみならず、世界的にみても最高級の新車価格だというから驚くしかない。  】  続きは記事ソース 

com%2Ffiles%2F2017%2F05%2Frolls-royce-sweptail-complete-one-4
http://rocketnews24.com/2017/06/06/910203/ 
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1496787185/
続きを読む

「和製フェラーリ」の試作車、京大発EVベンチャーGLMが公開-航続距離400キロ、価格4000万円

1: ばーど ★
 【 電気自動車(EV)を開発するベンチャー企業、GLM(本社京都市、資本金32億2914万円、小間裕康社長)は18日、2019年の量産開始を目指して開発しているEVのスーパーカー「GLMG4」の試作車を国内で初公開した。

 東京都内で発表会を開いた小間社長は「EV版の『フェラーリ』だ」とアピールした。  】  続きは記事ソース 

01-24-1024x576
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017041800658&g=eco
http://jp.techcrunch.com/2017/04/18/glm-g4/
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1492501173/
続きを読む